成功者になるための30の法則。生活習慣、考え方を成功者に学ぼう!

成功

成功者になるための30の法則。生活習慣、考え方を成功者に学ぼう!

ナポレオン・ヒル「思考は現実化する」、スティーブン・コヴィー「7つの習慣」、D・カーネギー「道は開ける」、ジェームス・スキナー「成功の9ステップ」などの成功するための自己啓発本にはまった時期がありました。

さらにアメリカでIT長者となったアップルのスティーブ・ジョブズ、Facebookマーク・ザッカーバーグ、テスラ・モーターズイーロン・マスクらを取り上げた本を読むと、自己啓発本に書いてある事や成功者の習慣、考え方が驚くほど似通っていることに気づきます。

そこで、ここではこれらの本から得た、成功者に共通する生活習慣と考え方をご紹介します。

成功するための生活習慣

・早寝早起き(休日も)
・睡眠時間は6時間以上
・朝は余裕をもってゆったり過ごす
・朝食はしっかり食べる
・毎日ヨガや運動をする
・本を読む
・酒はたしなむ程度
・タバコは吸わない
・ギャンブルはしない
・ヘルシーでバランスのとれた食事をとる
・ジャンクフードは食べない
・時間厳守
・オンオフをはっきりさせる
・清潔感のある格好をする
・だらだらした時間を過ごさない

どれも個別にみると難しいことではありませんが、これら全てを習慣として毎日続けることができる人はなかなかいないのでは?と思います。

朝早く起きるだけでも大変ですよね。

出社前ギリギリまで寝ていて、会社への途中で朝食を買って、自分のデスクで買ったものを口に詰め込んで・・という生活はNGです。

「心に余裕を持つ」「心身共に健康でベストな状態を保つ」というのが大事なようです。

成功するための考え方(マインドセット)

・自分の直感に従う
・他人と自分を比較しない
・基本ポジティブ
・言い訳はしない
・思ったら即行動
・決断が早い
・知的好奇心が旺盛
・失敗を経験と捉え失敗から学ぶ
・自分で決定し、責任もとる
・目標達成に向けて情熱を持ち続ける
・自己投資にお金を惜しまない
・自分は必ず成功すると思い続ける
・先送りしない
・「いまここ」に全力を尽くす
・成功するまで続ける

よく自己啓発本にでてくる言葉がズラリと並びました。

いまこの瞬間を大切に・真剣に生きるということは日本で大ベストセラーとなった「嫌われる勇気」にも登場してくるフレーズです。

ソフトバンクの孫正義社長の人生を記した書籍「あんぽん」では、孫さんがアメリカの大学に留学していた時、起きている時間はトイレにいる時も学校に向かう時も常に勉強していたというシーンが印象に残っています。

「そこまでやるのか!」と。

常に強い情熱を持って行動を継続できる人が成功者になれるのだと思います。

「成功者」という定義は人それぞれですが、目標や生きがいを見つけてそれに向かって努力している人は格好いいですよね。

自分が描いている成功者になるべく、上記のことを参考にしていただければと思います。