仮想通貨は最大手の「bitFlyer(ビットフライヤー)」がオススメ!使い方を解説

bitFlyer

仮想通貨は最大手の「bitFlyer(ビットフライヤー)」がオススメ!使い方を解説

2017年にビットコインなどの仮想通貨の価格が急上昇し、今や一攫千金を狙って普通のサラリーマンや主婦も仮想通貨に資金を投じるようになりました。

ところが2018年に入ると、ほとんどの通貨が急落、ビットコインは2017年12月につけた1BTC240万円から半額以下にまで下がり、多くの方が「楽して稼ぐことはできない。。」と肩を落としています。

しかし仮想通貨ブームに乗り遅れた人が新たに参入、価格が下がったところで仮想通貨を購入しマーケットを下支えしています。

これから仮想通貨の取引をする場合、仮想通貨取引所で口座を開設する必要がありますが、難しいのが数十もある仮想通貨取引所からどこを選べば良いかという点。

そこで、ここで実際に複数の仮想通貨取引所で口座を作って取引した経験を基に、仮想通貨取引所「bitFlyer」のサービスについてまとめてみました。

ぜひ参考にしてください。

仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」について

bitFlyerは「口座数」「資本金(41億円)」「取引量」全てにおいて日本一、つまり国内最大手の仮想通貨取引所です。

2014年にゴールドマン・サックスなどで実績を積んだ加納裕三社長が創業、美人CFOとしても有名な金光碧(かねみつみどり)さんもゴールドマン・サックス出身で、取締役には投資銀行や商社出身者が名を連ねています。

現在は日本だけでなく、アメリカ、ヨーロッパでも仮想通貨取引所を運営、仮想通貨、ブロックチェーン業界で世界のリーディングカンパニーを目指している会社です。
成海璃子さんが主演しているCMも大量にテレビで流れているので「ビットフライヤ〜」のCMをご覧になったこともあるはずです。

ビットコインはbitFlyer CM

bitFlyerは「金融庁登録済み」の仮想通貨取引所

金融庁

仮想通貨取引所コインチェックが、580億円相当の仮想通貨ネムをハッキングにより奪われたことが連日報道されています。

犯人は盗んだネムを複数の口座に移し替えたり、事件とは全く関わりのない人に送りつけたりして、捜査当局を撹乱しようとしており、この事件は長引く見通しとなっています。

コインチェックの「セキュリティ対策が甘かった」ことが非難されていますが、同時に、仮想通貨交換業者として金融庁に登録しておらず、申請中であったことも明らかとなりました。

仮想通貨取引所を運営する場合は、審査を受けて金融庁へ登録しなければなりませんが、コインチェックは申請中の「みなし業者」だっったのです。

取引をする私達も仮想通貨の取引をする際には、その業者が金融庁に登録しているか否かということを確認する必要があります。

bitFlyerは2017年9月に金融庁に登録されており、資本金なども手厚いことから会社としての信用度は高く安心して取引をすることができます。bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer取り扱い仮想通貨

bitFlyerでは以下の仮想通貨を取引することが可能です。

・ビットコイン/円
・イーサリアム/円
・イーサリアムクラシック/円
・ライトコイン/円
・ビットコインキャッシュ/円
・モナコイン/円
・イーサリアム/ビットコイン
・ビットコインキャッシュ/ビットコイン

ビットコイン/円については現物だけでなく、FXや先物を利用することで、レバレッジを効かせて少ない資金でより大きな金額分を取引できます。

ただし、その分ハイリスクハイリターンとなるので、FXなどの取引経験がある中級者以上の方向けの商品です。

bitFlyer(ビットフライヤー)の手数料

仮想通貨

仮想通貨の取引手数料は「無料」です。しかし、売値と買値の差額が取引の際のコストとなるので、注意が必要です。

bitFlyerでは「取引所」と「販売所」があり、ビットコイン/円については両方で取引可能、その他の通貨については販売所のみでの取引となります。

取引所の場合、bitFlyerの顧客同士の取引となるため、数十円程度の差額(売値と買値の差をスプレッドという)で取引できますが、販売所の場合は、bitFlyerが値決めをして顧客へ提示しているため、マーケットの競争原理が働かず取引コストは高めになります。

ビットコイン/円の取引については、国内でも最安レベルで取引できますが、その他の通貨についてはZaifなどの方が安くなる傾向にあります。

ビットコインのみを取引する方、中長期のスパンで取引をする方はあまり問題ありませんが、例えばイーサリアムやモナコインを頻繁に取引する予定の方は手数料についてはZaifの方がオススメです。

その他、入金手数料は金融機関に応じて顧客負担、出金手数料は216円〜となります。bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スマホのアプリ「bitFlyerウォレット」でサクサク取引

bitfyerウォレット

仮想通貨は時間に関係なく価格が動くので、スマホで取引することの方が多くなるかもしれません。

bitFlyerの「bitFlyerウォレット」を使うことにより、レート確認、仮想通貨の取引、送金や受け取りだけでなく、店舗での決済にも利用することができます。

bitFlyerウォレットに対応している店はヤマダ電機など多くあるので、新しいもの好きの方は支払い手段としてビットコインで決済してみてください。

bitFlyerの取引画面

bitflyer

bitFlyerのログイン後のトップ画面です。資産状況が表でまとまっていて、一目で分かるので便利です。

bitflyer

これはビットコイン/円の販売所の取引画面です。

取引する数量を入力して、「コインを買う」or「コインを売る」をクリックすると実際に取引が成立します。シンプルで簡単、初心者でも迷うことはないでしょう。

bitFlyerの評判は?

ここまではbitFlyerのサービスを紹介してきましたが、実際に使っている人の評判をまとめてみました。

  • 最大手だから信用力が高い
  • ビットコインの取引コストが安い
  • 画面設計が使いやすいし、分かりやすい
  • (bitFlyerの提携企業のサービスを使うことで)ビットコインがもらえるのがお得
  • スマホのアプリが使いやすくて重宝している

などの高評価がある一方、

  • イーサリアム、ライトコインの手数料が高い
  • 入出金手数料を無料にして!
  • サーバーが重くなることがある

とった意見、要望も見受けられます。

とはいえ口座を開設するのと維持するににお金は不要、まずは口座を作ってみて、使用感を確かめて実際に入金、取引するのかを決めれば良いと思います。

口座はWeb上から登録して、数日後に書類が自宅に到着すると口座が開設されサービスを利用することができます。

何と言っても、bitFlyerは国内最大手の仮想通貨取引所です。ぜひ使い勝手を試してみてください。
bitFlyer公式HPbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所でbitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で