元少年Aの公式ホームページが特定!「存在の耐えられない透明さ」

少年A公式ホームページ

平成9年に神戸で発生↓日本中を震撼させた連続児童殺傷事件。

当時14歳だった加害者の少年Aは2004年に少年院を出所しています。

そんな元少年Aが自らのホームページを立ち上げこれからは情報発信をしていくと表明。

何がしたいのかは?ですが、身元がバレないことをいいことに、世間が騒いでいる様子を楽しんでいるようです。

元少年A公式ホームページ「存在の耐えられない透明さ」

少年Aの公式ホームページのタイトルは「存在の耐えられない透明さ」

すでに、HPは削除されていますが、少年Aのプロフィールや絶歌を出版したことについて記載し、ギャラリーでは趣味で制作したグラフィック画像やイラスト、自分を撮影した写真を加工したセルフポート、ナメクジを大量に使った画像を公開していました。

このギャラリーに掲載されているイラストなどを見ると、普通の人が制作したものとは思えず、未だに精神的に大きな欠陥があることが明らか。

遺族の反対を押し切って本を出版したり、HPを公開したりと元少年Aは働いても社会に受け入れられず、また精神異常な状態に陥っているようです。

元少年A公式ホームページ(トップページ)

※公式ページはすでに閉鎖済み、主な内容は以下の通り。

少年A公式ホームページ

元少年A/プロフィール

1982年 神戸市生まれ。

1997年 神戸連続児童殺傷事件(酒鬼薔薇事件)を起こし、医療少年院に収容される。

2004年 6年5ヶ月の収容生活を終え社会復帰。

 

身長165.6cm 体重54.3kg

視力 右0.03 左0.05

血液型 A型

大動脈心臓部に雑音あり

性格類型 INFJ型

誇大妄想癖あり

元少年A公式ホームーページ ギャラリー

ここでは元少年Aが作成した意味不明で理解できないイラストや画像が30個ほど掲載されています。その一部を紹介します。

少年A作成のイラスト

少年a 少年A 少年a

少年a最後は絶歌に出てくる神戸の入角ノ池(いれずみのいけ)のほとりにある大きな樹のイラスト。少年Aは「アエダヴァーム(生命の樹)」と名付けました。

少年Aのセルフポート

少年a 少年A 少年a

写真から少年Aはかなり体を鍛えていることがわかります。それと同時に心に深い闇を抱えていることも。

ナメクジのメイキング画像

なめくじ

少年Aナメクジ近所のナメクジがよく獲れるスポットで実際にナメクジを集め、トータルで100匹ほどを飼育しながら作成したとのこと。理解に苦しみます。。

元少年A公式ホームーページ、レビュー

レビューページでは少年Aが見た映画や書籍のレビューが記されています。以下の映画、書籍のレビューを掲載しています。

【映画】
『観察 永遠に君をみつめて』 監督・横井健司

【書籍】

『肉触』佐藤智加/著 河出書房新社

『ひげよ、さらば』上野/理論社

『M/Tと森のフシギの物語』大江健三郎/岩波書店

NIGHT HEAD』飯田譲治/角川文庫

『霧の中』佐川一政/話の特集

『サンテ』佐川一政/角川書店

『業火』 佐川一政/作品社

<関連記事>

【書評】少年A(酒鬼薔薇聖斗)の手記「絶歌」を読んで
元少年A手記「絶歌」出版に関しての芸能界での反応。松本人志「僕は読まない」
元少年A(酒鬼薔薇聖斗)手記「絶歌」の内容と要約 〜10分でわかる〜