揺れにくいボトルポーチ「YURENIKUI」で快適ランニング!

yurenikui

本格的に暑くなり、ランニング中も水分補給が必須になりました。

ランニング中、以前は公園のトイレなどで水を飲んでいましたが、途中で歩くのが嫌でボトルポーチをネットで調べたり、スポーツ店で試着したりした結果行き着いたのがこの変わった名前の「YURENIKUI(ユレニクイ)」

その名の通り、ランニングボトルを入れて走っても揺れてる感を感じません。

実際に使用してみて、非常に満足度の高いYURENIKUIをご紹介します。

YURENIKUIはランナー目線で開発されたランニングのお供にぴったりのボトルポーチ

全体はこんな感じです。色やタイプは複数種類あり、ベーシックタイプのトリコロール色を選びました。

骨組みがしっかりしていて、ふにゃっとなることはありません。腰に巻きつけ、ベルトでキュッと締めると体にフィットします。

yurenikui

前面ポケット部分です。スマホや軽食、コンパクトカメラなどを収納することができます。結構膨らんでいるので、ランニングポーチの中では収納量も大きいほうだと思います。

yurenikui

 

私のスマホはiphone6plusというスマホでは最も大きいサイズを使っています。スマホケースをつけないとこのように、すっぽり入るものの、ケースをつけるとバツンパツンになってしまいます。

iphone6plusをご利用の方はポケットが大きいタイプを使用するといいでしょう。

yurenikui

 

背面のドリンクホルダー部分です。ドリンクホルダーを紐で締め付け固定することもできます。

yurenikui

 

ランニングボトルをドリンクホルダーに入れるとこんな感じになります。YURENIKUIの特徴として、ボトルを取りやすいように斜めになっています。このadidasのランニングボトルはYURENIKUIのホルダーにフィットするので、紐で縛る必要はありません。

0715yurenikui4

 

ちなみにランニングボトルはこれです。YURENIKUIとの相性抜群です。容量は600ml近くあり、キャップもないので、走っている時の水分補給も楽です。

0715yurenikui3

 

走った後はだいぶ汗を吸っているので、外に干して乾かします。防臭素材を使っているようで、匂いも感じません。たまにシャワーでザーッと流して日陰干しすればOKです。

0715yurenikui6

 

このYUREKUIは値段が約5,000円とランニングポーチにしては高めですが、体へのフィット感と揺れを感じないこと、そしてデザインのかっこよさが気に入ってとても満足しています。

走る時はスマホと小銭と家の鍵、夏はランニングボトルを入れて走っています。ランニングが好きになるとランニンググッズにもこだわりが出てくるんですよね。

評価が高いようで、最近はこのYURENIKUIを使っているランナーも多く見かけるようになりました。

左利きの人向け用のサウスポーもあり左手でもボトルの出し入れが楽にできます。ランニングのお供にオススメのランニングポーチでした。