Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

40歳以上のプロ野球選手の来年の去就は?引退多く一気に若返りへ

   

プロ野球選手40歳

ペナントレースも終盤に差し掛かり、クライマックスと日本シリーズへの期待が高まると共に気になるのが来年の監督・選手の人事。

特に40歳以上の選手は22人おり、ここに来て続々と引退を発表しています。


40歳以上のプロ野球選手の今後について。引退or現役?

名前 チーム 年齢 去就
山本昌 中日 50歳 引退
谷繁元信 中日 45歳 引退、監督専任へ
和田一浩 中日 43歳 引退
小笠原道大 中日 42歳 引退、2軍監督へ
岩瀬仁紀 中日 41歳 現役続行予定
川上憲伸 中日 40歳 来季構想外で退団へ
三浦大輔 横浜 42歳 現役続行か?
高橋尚成 横浜 40歳 引退
岡島秀樹 横浜 40歳 不明
高橋由伸 巨人 40歳 現役続行か?
井端弘和 巨人 40歳 現役続行か?
黒田博樹 広島 40歳 現役続行か?
倉義和 広島 40歳 不明
斎藤隆 楽天 45歳 引退
ケニー・レイ 楽天 41歳 不明
松井稼頭央 楽天 40歳 現役続行か?
井口資仁 ロッテ 41歳 現役続行か?
福浦和也 ロッテ 40歳 不明
中嶋聡 日ハム 46歳 引退
西口文也 西武 43歳 引退
谷佳知 オリックス 42歳 引退
松中信彦 ソフトバンク 41歳 退団。現役続行を希望

今のところ40歳の以上の選手22名のうち引退を表明しているのは9名の選手。中日の和田とか来年体調が万全であれば打率280、HR20本くらいは打ちそうですけどね。今年2,000本安打を達成したことが大きな区切りとなったのでしょう。

三浦大輔、高橋由伸、井端弘和、黒田博樹、松井稼頭央、井口資仁は今年も現役でバリバリ活躍しており、来年の契約はほぼ間違いなしだと思います。

川上憲伸、岡島秀樹、福浦和也は今年の成績からすると厳しいか。松中もまだ打撃は通用すると思うけど守備と走塁に難があって契約する球団があるか注目です。

今季で43歳以上の超ベテランが全員引退を発表したので、現役最年長は横浜の三浦大輔となる見込み。横浜ファンとしては現役最年長の番長に来年は少なくとも2桁は勝利してオヤジの意地を見せてもらいたいものです。今年は6勝5敗で防御率は3.98、いい時と悪い時がハッキリしていたシーズンでした。

楽天の松井も今年はほぼ全試合出場で打率257、HR10本と本人からすると物足りないだろうけど、楽天の中ではまずまずの成績。来年も元気な姿を見せてくれそうです。

別格なのが今年メジャーから広島に復帰した黒田。ほぼローテーションを守り、防御率はなんと2.68、投球回数161回、10勝8敗でオールスターにも選ばれました。150kmのストレートとキレのいい変化球はまだまだトップクラスであと数年は投手として活躍できる力を持っています。

来年から一気にプロ野球界は若返りが進みそうです。大谷、藤浪、山田哲人、森、則本、山﨑康晃と20代前半のイケイケな若手が力を発揮してペナントレースを盛り上げてくれています。ドラフトで入るオコエ君とかも期待大。プロ野球はベテランから若手への世代交代がうまく進んでいるようで、これからも楽しみですね。

 - スポーツ, 野球