Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

米でも話題のヌンチャク打法。パフォーマンスはNGでしょ。

      2015/10/02

ヌンチャク打法

ダルビッシュがつぶやいたことから、アメリカでもちょっとした話題になった埼玉県滑川総合高校の馬場優治選手のバッテング時のパフォーマンス。

これは完全に打つ前の「パフォーマンス」で、高野連がNGを出したのはもっともです。


これが噂の馬場優治選手「ヌンチャク打法」

動画を見るとキャッチャーも何だこいつ?みたいな顔して最終的には笑っていますね。

かつてプロ野球でプレーしていた種田仁(横浜)や八重樫幸雄(ヤクルト)、田中一徳(横浜)、大道典良(巨人)のように個性的なバッテングフォームでファンから愛された選手がいましたが、このバッターの場合はバッテングフォームではなく、ただのパフォーマンス。

アメリカでこんなことやったら、確実に相手ピッチャーからビンボールを食らうでしょうね。

キャッチャーにバットが当たる危険性もあり、試合進行が遅くなったり、他の目立ちたがり屋の選手が真似をするかもしれないので、見ている分には面白いものの注意をした高野連の判断は妥当だと思います。

高野連に注意される前に普通は監督やコーチが止めろと言うものだと思うんですがね。。

最近はどのピッチャーも同じような投球フォーム、バッターも似たり寄ったりのバッテイングフォームで個性的で強烈な選手が少なくなっていると思います。

それも小・中・高での画一的な指導の弊害で、野茂のトルネード投法のように自分の考えを貫いて成り上がった選手が少なくなっているのが残念です。

イチローも以前は振り子打法だったのが今や足を振らずに普通のフォームになり、中田翔も大阪桐蔭時代はガニマタ風のバッテイングフォームだったのが、今はだいぶ大人しくなりましたね。

小さくまとまるフォームではなく、アメリカのように個性的で自分の形にあったフォームでプレイする選手が増えると、もっと野球を楽しく見ることができるはず。間もなく甲子園が始まりますが、そのように型にはまっていない選手を見つけるのも一つの楽しみになりそうです。

 - スポーツ, 動画, 野球