Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

セリーグ全球団が借金へ!1位から5位が0.5ゲーム差の超混戦

      2015/08/26

セリーグ全球団借金

プロ野球に新たな歴史?が刻まれました。1位ヤクルトと2位阪神が負けて、なんとセ・リーグ全チームが借金生活という異常事態に。

これは今年の交流戦でセ・リーグがパ・リーグに44勝61敗と大きく負け越したためで、全チームが貯金なしの状態になったことはあったものの(詳細:広島vs阪神戦は12回引き分け!横浜12連敗でストップ、セリーグは全球団貯金なし)全てのチームが「借金」になったのはこれが初めてです。

巨人が以前には考えられないほど打てず弱くなり、横浜が一時の勢いがなくなり、そこへ前半戦弱かった広島とヤクルトが徐々に復活し、大混戦へ。

全てのチームが弱く、張本さんから「喝!」を入れられそうな状況ですが、各チーム特徴を前面に出していい試合を見せて欲しいです。


7月3日(金)終了時点のセリーグ順位表

 試合数 勝ち 負け 得点 失点 HR
ヤクルト 76 37 38 281 266 53
阪神 74 36 37 237 316 43 0
巨人 76 37 39 240 236 43 0.5
横浜 75 36 38 272 302 54 0
広島 73 35 37 296 251 58 0
中日 76 33 42 251 278 38 3.5

1位から5位までがなんと0.5ゲーム差という超混戦。明日4日(土)の試合は横浜vs阪神、中日vs巨人、広島vsヤクルトで、横浜、中日、広島が勝てば変わらず全チームが借金生活となります。

セ・リーグはパ・リーグとは異なりどのチームも小さくまとまっている印象です。それはスター選手がいない、人材がいないことに起因していると思います。

パ・リーグだと、中田翔や大谷、柳田、糸井、松井裕、おかわり中村、そして森など見ているだけで面白いスター選手が多いものの、セ・リーグだと今や黒田と筒香くらい。

パはドラフトの戦略に成功しているとも言えるんでしょうが、人を育てることに対しても優れているんでしょうね。スターはすぐには生まれることはなく、中長期的に生え抜きのスター選手を育てる努力をしないと、チームが弱くなり、ファンも離れてしまいます。

セのチームはもっと危機感を持って戦略を立てないと、人気の面でもパに追い抜かれてしまい完全にパの二軍化となってしまいます。。横浜筒香、梶谷、山崎、巨人坂本、太田、ヤクルト山田、阪神藤波、広島菊池、丸、田中あたりの中堅、若手がもう一皮むけてリーグを代表する選手になってくれるよう期待したいです。

 - スポーツ, 野球