Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

広島vs阪神戦は12回引き分け!横浜12連敗でストップ、セリーグは全球団貯金なし

      2015/08/26

横浜12連敗

横浜ベイスターズは6月23日(火)、東京ドームで首位巨人と戦い7-2で勝利し連敗を12で止めました。そして、阪神対広島は6時間近い熱戦の末12回引き分け。広島はこの試合なんと20残塁と日本記録にあと1つの拙攻で先発黒田の粘りの投球に報いることはできませんでした。

巨人は35勝35敗、阪神は33勝33敗と首位のチームも貯金0で、セリーグは全チーム貯金がないという異常な事態になりました。セリーグは交流戦で 44勝61敗とパリーグに15も負け越していて、その影響からこんなことに。
詳細:2015年プロ野球セ・パ交流戦終了。勝率1位はソフトバンク、セリーグ歴史的惨敗

24日(水)の巨人vs横浜戦で横浜が勝ち、阪神vs広島戦で広島が勝つと、セリーグは全チーム借金生活になります。

そして、首位巨人、阪神と最下位ヤクルト、広島の差はなんとわずかの2.5ゲーム差と大混戦に。

 


横浜ベイスターズ3週間ぶりの勝利!

日にち  対戦相手  スコア  先発投手
6月3日 ソフトバンク  2-4  三浦
6月4日 ソフトバンク  0-8  モスコーソ
6月5日 西武  3-3(引き分け)  山口
6月6日 西武  1-5  井納
6月7日 西武  3-9  三嶋
6月9日 楽天  2-3  久保
6月10日 楽天  4-5  三浦
6月11日 楽天  5-7  モスコーソ
6月12日 日ハム  7-8  山口
6月13日 日ハム  2-3  井納
6月14日 日ハム  1-3  砂田
6月19日 広島  1-3  井納
6月20日 広島  4-8  山口
6月23日 巨人  7-2  久保

2回裏に巨人相川の2ランで先制されるものの、6回表2アウトから先発高木勇人が突然乱れ、筒香のフォアボール、ロペスのヒット、バルディリスのフォアボールで満塁とすると、倉本の2点タイムリーヒット、続く荒波がフォアボール、そして下園の2点タイムリーで一挙4点を取り逆転。

9回には筒香の1ヶ月ぶりのホームランなどで3点を追加し試合を決めました。勝利投手は5回2失点と粘った先発の久保。高木勇はここのところ勝てず6勝5敗となりました。

横浜ベイスターズは6月2日(火)にソフトバンクに6-5で勝って以来、3週間ぶりの勝利となりました。また筒香は5月22日以来、約1ヶ月ぶりのホームランで勝利に貢献。怪我などがあって途中、戦線離脱したものの、完全復帰へ向けての大きな一発となりました。

筒香、梶谷が打ち、最後は山崎が締めて巨人に勝利。横浜にとっては最高のシナリオでの連敗ストップとなりました。

6月23日(火)終了時点のセリーグ順位表

 試合数 勝ち 負け 得点 失点 HR
巨人 70 35 35 227 213 38
阪神 67 33 33 208 285 33 0
横浜 69 33 35 254 279 53 1
中日 70 32 37 233 244 35 1.5
ヤクルト 68 31 36 236 240 43 0
広島 66 30 35 263 232 52 0

首位が巨人と阪神、最下位がヤクルトと広島となっているものの、首位と最下位の差がわずか2.5ゲーム差と大混戦に。

 

6月23日(火)終了時点のパリーグ順位表

 試合数 勝ち 負け 得点 失点 HR
ソフトバンク 67 40 24 306 229 69
日ハム 68 38 29 289 271 49 3.5
西武 68 36 28 285 259 67 0.5
楽天 67 33 32 225 246 41 3.5
ロッテ 66 32 34 278 294 50 1.5
オリックス 70 27 42 250 262 46 6.5

パリーグはソフトバンクが西武に3-2で勝利し、5連勝で40勝一番乗りで一歩抜け出しました。好調オリックスは西の好投で楽天に3-0で勝ち、ロッテは日ハムに10安打6点を取り6-3で勝利しました。

 - スポーツ, 野球