Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

「トリプルスリー」と「爆買い」が2015年度の流行語大賞!

   

流行語大賞

今年最もヒットした流行語大賞が候補の50ワードから選ばれ、「トリプルスリー」と「爆買い」が年間大賞を受賞しました。

「トリプルスリー」はプロ野球でのHR30本以上、打率3割以上、盗塁30以上の全てを達成すること、「爆買い」は外国の観光客が日本で大量に物を買うことを意味します。


2015年流行語大賞の年間大賞とトップテン

年間大賞「トリプルスリー」

ヤクルトの山田哲人とソフトバンクの柳田悠岐が見事トリプルスリーを達成。2人そろって達成は65年ぶり。

トリプルスリーはHR30本以上を打つ長打力と、盗塁30以上の足の速さが求められ、超人的な身体能力を持ち合わせているプロ野球選手の中でもこれまでの歴史で達成したのはわずか10人のみ。

もし来年も達成すると史上初の2年連続となります。2人ともまだ若く、可能性は十分。来年は山田と柳田の記録にも注目です。

年間大賞「爆買い」

最近思うのはとにかく東京には外国の方が増えたということ。家の近くだと渋谷のドン・キホーテなんて外国人の方が多いのではと思うほど。

外国の方は買い物カゴの中にチョコレートとか化粧品を大量に入れているので、見た目が日本人と変わらないアジア系の人でも外国人だとすぐ分かります。

中国や東南アジアは急成長に伴い、中・高所得の人が増えているのでこれからもこの勢いは続きそうです。

トップテン

おしくも年間大賞を受賞できなかったのは以下の10ワード。

・アベ政治を許さない
・安心して下さい、穿いてますよ。
・一億総活躍社会
・エンブレム
・五郎丸(ポーズ)
・SEALDs
・ドローン
・まいにち、修造!

「アベ政治を許さない」って一部の左系の人がデモで使用した言葉で一般的には全然流行っていないと思うんですが、何か政治的な臭いが感じます。流行語大賞は数人の有識者で決めるのでその人達の政治的信条が反映されたのかも。

エンブレム問題はホントに今年騒がれましたね。夏のワイドショーはずっとこのエンブレムについて放送されていた記憶があります。

グーグルの検索流行語1位は「マイナンバー」

またGoogleにて今年の1月から11月に最も検索された単語のランキングが発表され、1位はマイナンバーとなりました。

1位 マイナンバー
2位 ラッスンゴレライ
3位 エンブレム
4位 ドローン
5位 北陸新幹線
6位 あったかいんだから
7位 大阪都構想
8位 火花
9位 おにぎらず
10位 モラハラ

流行語大賞よりもこちらのGoogleの検索ワードの方がより人の興味や人気を表していると思います。マイナンバーが1位になったということは、政府の啓蒙や説明が足りなかったという証拠でしょうね。

12月に入り、今年を振り返るランキングなどが発表されるようになりました。早くも今年は残りあと1ヶ月。来年はどんな年になるんだろうと期待をしつつ、2015年最後の月をもう一踏ん張りで頑張って締めくくりたいですね。

 - 話題のニュース