Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

はじめてのWordPress(その2)独自ドメインを取得

      2015/10/02

wordpress自分のブログを作成するにあたり、まずはブログの住所ともいえるドメインを取得しましょう。ドメインとはホームページアドレスのhttp://www以降の部分となります。このブログの正式アドレスは

http://nowkoko.com/

となり、赤文字の(nowkoko.com)というドメインを自分で取得しました。なお、アドレスは短い方がいいと思ったので、wwwなしとしました。


独自ドメインの取得方法

①取得するドメインを決める

まずはムームードメインお名前.comにアクセスして自分が欲しいドメインが空いているか、登録できるか検索してみましょう。もしブログ名が決まっていて、ブログ名をずっと変えない場合、ブログの名前に適したドメインを取得しましょう。

※契約するサーバーによっては申込時にドメインを無料で取得できる場合があります。ロリポップ!の場合、「◯◯◯.com」のドメインは取得できませんが、「◯◯◯.main.jp」等、ロリポップ側で用意したドメインを取得することができます。.comや.jpにこだわらない方は独自ドメインは取得せず、サーバーのみの契約で問題ありません。

 ②ドメインを取得する業者を選ぶ

全てのドメインはICANN(アイキャン)という組織により世界的に管理されています。ドメインを取得するにはこのICANNに直接申し込むのではなく、ICANNにより認定されたドメイン名を登録するレジストラまたは、その代理店業者に申し込む必要があります。私の場合、以下の3つのポイントで業者を選びました。

1.費用が安い

2.信頼できる業者であること

3.HPが初心者向けで、わかりやすい

結果、数十、数百?ある業者から絞り込んで最終的に残った業者は以下となりました。決めたドメインで検索すると料金なども表示されるので比較する際の参考にしてみてください。

ムームードメイン
値段が最安、HPもわかりやすいのでここに決定!

エックスドメイン
友人から勧められた業者。サーバーも安くて速い。

お名前.com
国内最大手。AKBのCMでも有名。

大塚商会
電話での問い合わせも可能。初心者にやさしい。

③業者へドメイン登録申請。必ずWHOIS公開情報も設定

業者が決まったらあとは流れに沿って、名前や住所やカード情報を入力するだけですが、登録時にWHOIS公開情報も設定するようにしましょう。

このWHOIS公開情報とはドメイン登録者の名前や住所、電話番号などの個人情報のことで、Whois検索などのサイトでドメインを入力すると、そのドメイン登録者の個人情報が公開されてしまいます。自分の個人情報を開示しないために業者のデータを代理で公開してもらい、自分の個人情報を公開しないようにしましょう。

mumu

ムームードメインの設定画面では上記のドメイン設定の箇所で「弊社の情報を代理公開する」を選択することにより自分の情報が公開されず、ムームードメインを運営しているGMOペパボ会社の情報が表示されます。

これで自分のドメインを取得することができましたね!

次にサーバーを契約することにより、いよいよWordPressで自分のブログを作成することができます。

 - Web・IT