Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

横浜ベイスターズ筒香嘉智「いまもまだ夢の途中」

      2015/08/26

筒香

5月に飛ぶ鳥を落とす勢いで勝ちまくり、その後一転6月に急失速したものの、ここのところ何とかチーム状態が上向きつつある横浜ベイスターズ。

そんなベイスターズを牽引するファン待望の若き和製大砲が誕生しました。彼が打てばチームは勝つ。そんな存在の大きな選手に育ってくれました。


これからの横浜ベイスターズを背負って立つ男「筒香嘉智」

筒香嘉智。1991年11月26日生まれの23歳、和歌山県橋本市出身、身長185cm体重95kg。中学校時代から圧倒的な長打力で名を馳せ横浜高校に進学。名門校で1年生から4番に座り甲子園にも出場、高校通算55本のホームランを打ち、ドラフトで横浜ベイスターズに1位指名でされプロの世界へ。

将来の4番候補として期待されて入ったもののプロ入り2年間は二軍生活が続く。二軍では2年連続HR王となり、2011年に一軍の試合出場の機会に恵まれたものの、その後伸び悩みなかなか成績を残すことができず。2014年ようやく実力を発揮し、打率3割、HR22本、打点77と過去最高の成績を残す。

そして、2015年、キャプテンに就任し満を持してペナントレースに臨み、一時はセ・リーグの三冠王のペースで打ちまくる。怪我で一時戦線離脱するものの6月に入りバッテイングも上向き、今年のオールスターではセ・リーグNo.1となる44万票を獲得し、オールスターへの出場を決める。

甲子園出場、高校日本代表、ドラフト1位でプロへというプロ野球を目指す少年誰しもが夢見るような経歴の持ち主です。今年は彼がバッターボックスに立つとオーラのようなものが見え、相手にも大きな脅威となっているのが良くわかります。

7月1日時点のこれまでの成績は打率320、HR12本、打点48と素晴らしい成績を残しています。今年は最低でも打率3割、HR30本、打点100を達成しチームの優勝に貢献してもらいたいものです。

ある野球少年の夢

小さい頃からずっと好きだった野球は、いつしか少年の夢となり、­目標となり、少年を成長させた。 高校で甲子園に出場し、プロ野球の世界で活躍してもなお今は夢の途中。多くのファンを引きつける筒香少年の夢と今を見ることができる横浜ベイスターズ作成のムービーです。

 - 動画, 野球