Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

新国立競技場デザインはA案の支持が6割!22日に決定!

      2015/12/20

新国立競技場

元総理でオリンピック組織委員会会長の森さんが「B案の方がいい。A案は大会をやっているという明るさがない。」と言い放った新国立競技場のデザイン案。

一般の人はどう思っているのか?日経新聞のアンケートによると森元首相とは反対でA案の支持が6割とB案を上回りました。


どっちがいい?新国立競技場のA案とB案

新国立競技場

左の写真が大成建設と建築家隈研吾さんが作成したA案、右の写真が竹中工務店・清水建設・大林組と建築家伊東豊雄さんが作成したB案。

日経新聞やYahoo!の一般アンケートによるとどちらもA案の支持が6割と、B案を上回っています。どちらも予算は1,500億円弱。審査は日本スポーツ振興センター(JSC)の審査委員会によりデザインの他、機能性やアスリートの意見を参考に22日に正式決定する予定です。

森元総理はB案の方がいいと言うものの、古市憲寿さんはB案はスピリチュアルすぎとツイート

新国立競技場の建設は散々ゴタゴタがあったので、審査をする立場にある人も世論を気にせずにはいられないのでは?さらに、森首相がB案支持でB案は見た目の個性が強いので、デザインで全てを決めるわけではないとはいえ、A案になりそうな予感。

それにしても、口を開けばオリンピック組織委員会会長という立場をわきまえずに好き勝手に話す森さん。そもそも新国立競技場の建設やロゴ問題など、この人にも責任があったにもかかわらず、イザという時には知らんぷりで雲隠れし、必要ないところで失言をするなど、もはや2020年のオリンピックに向けては老害と障害そのもの。

競技場の案が決まったら、次は森さんには全ての職を辞してもらい、来年からはしっかり準備を進めて欲しいですね。

 

 - スポーツ, 話題のニュース