Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

成功には「能力×情熱×考え方」の掛け算で近づける。by岡田武史

   

なでしこ

日本経済新聞は経済紙・ビジネス紙として知られているが、著名人によるコラムも充実しており、Webで毎日のように目を通している。

その中でも岡田武史元サッカー日本代表監督が連載している「守・破・離への道」や、元メジャーリーガーの田口壮さんの「ポストゲームショー」は非常に読み応えがあり、アップされるのが楽しみなコラムだ。今日はそんな中から岡田さんの名言を紹介したい。


FC今治のオーナーとして10年後にJ1で優勝争いを目指している岡田武史氏

成功には〈能力×情熱×考え方〉の掛け算で近づける。能力は簡単に変わらない。でも、情熱や考え方はすぐに変えられる。特に考え方が大切だ。

FC今治は現在、四国サッカーリーグに所属するクラブチームで、これからJFL、J3、J2、J1へ昇格し、10年後にJ1で優勝争いを目指しているチーム。2015年に岡田さんがチームのオーナーとして経営を行っている。

上の言葉はJFL昇格を懸けて戦う全国地域リーグ決勝大会を前にして、選手に伝えた言葉。これまで選手として、監督として成功を収めてきて今もなお多くの選手や指導者から尊敬されている岡田さんの言うことだけに、説得力がある。

そして、岡田さんは続けて以下のように檄を飛ばす。

JFLに上がれば人生が変わる。この1カ月で人生を変えたいと願うのなら、毎朝起きたら「俺はJFLに行く」と大きな声を出して自分に誓え。その後、1日の行動のすべてを初戦に勝つためのものとしろ。1分、1秒も無駄にしないと誓え。それができないなら残りの給料は払うから練習に来なくていい。

このコラムを読みながら、自分が目の前で岡田さんに言われているようで読み入ってしまった。成功するためには1分、1秒も無駄にしてはいけない、そしてそれを継続して続けなければいけない。

逆に言うと、日本代表レベルで活躍している選手というのは、これらのことを意識せずとも当たり前のように習慣として行っている人達なんだろう。

岡田さんからこのように気合を入れてもらったFC今治の選手達はその場では理解したものの、数日後の練習試合で甘さを見せてしまい、岡田さんから大目玉を食らうことになってしまう。そのあたりの詳細は日経新聞のコラムにてぜひ読んでほしい。

チームは残念ながら全国地域リーグ決勝大会で決勝ラウンドには進めず、今季JFLへの昇格はならなかったものの、岡田イズムが浸透すれば10年後のJ1での優勝も夢ではないと思う。そう思わせ、期待させる岡田さんとFC今治にこれからも注目したい。

 - スポーツ, 名言