Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

サーバーをロリポップからエックスサーバーへ変更!初心者でもできた〜!

   

エックスサーバー

このブログを初めて約5ヶ月。サーバーはロリポップにて契約していましたが、ページが重くなったり障害が発生したりすることがあったものの安いので満足していましたが、アクセスが一時的に集中すると突然アクセス制限がかかり機会損失となるケースが増えたため、エックスサーバーに引っ越しました。

エックスサーバーに引っ越して以来、障害はゼロ、ページは常にサクサクで大満足!こんなに違うものかと驚いています。この記事ではサーバーの引っ越し方法などについて忘備録として記載します。


ロリポップのメリットとデメリット、引っ越すことになった経緯など

ロリポップ!のメリットはなんといってもその安さ。私の場合、ライトプランで契約していて初期費用も含めた年間のコストが5,000円ほどでした。レンタルサーバー会社では最も安いレベルで、マニュアルも充実し初心者の方の支持は圧倒的のようです。

しかし・・

障害やサイトが重くなることが多く、まぁ安いからいいかと思っていたものの、ある日ページが全く表示されないことが。。ロリポップの管理画面にログインし障害情報を見ても障害に関する表記がなく「wordpressの設定に問題があるのか?」と必死に調査しても分からず。結局1時間ほどで画面は正常になりました。

でも原因が分からず、念のためロリポップに問い合わせたところ、実はロリポップ側のサーバーに原因があったことが判明。管理画面の障害情報には何も説明がなく「これって隠蔽では?」と思ったのがキッカケでこの会社どうなっているの?と不信に思うように。

そしてさらに、ブログの同時アクセスが多くなってくると、画面が重くなったり表示できなくなる以外にアクセス制限がかかかることが頻発。その場合、制限がかかった数時間後にこんなメールが飛んできます↓

ロリポップ

私の経験によると、同時アクセスが70を超えるとサイトがかなり重くなり、200を超えるとアクセス制限がかかるようです。アクセス制限がかかると、同時アクセスは30〜45くらいにしっかり制限され、ほとんどのアクセスは弾かれてサイトを見ることができません。chromeだと画面上のタブがずっとグルグル回っている状態になります。

結局、ある日、また制限がかかり2日近く解除されなかったので、頭に来てサーバーを引っ越しすることに。

ロリポップに向いている人
・趣味や勉強のためにサイトを運営する人
・できるだけコストを安くしたい人

ロリポップは止めた方がいい人
・サイトをしっかりマネタイズしたい人
・大量のアクセスを集めるサイトを目指す人

です。サーバーの引っ越しは初心者にとっては結構面倒なので、最初からサーバーの契約はしっかり考慮するほうがよいでしょう。

サーバー会社を検討した結果、「エックスサーバー」にて契約することに

サーバーの引っ越しの前にロリポップのプラン変更を検討し調査すると、上位のプランに変更しても重いなどの悪評が多く却下。そして別のサーバー会社を調べるとエックスサーバーの評判がサイト運営者やブロガーから圧倒的だったのでエックスサーバーに引っ越すことに。

エックスサーバーのメリット
・サーバーが安定!サイトも軽くサクサクで、サーバー稼働率99.99%以上
・電話サポートあり
・自動バックアップ機能を標準装備
とこの3点でサイトが軽いだけでなく、私にとっては電話でのサポートといつでも復元可能な自動バックアップも対応していることがポイントになりました。

一方デメリットとしはコストが高くなること。X10という標準プランの場合、初期費用込みで1年目は15,000円ほどかかり、ロリポップの3倍ほど。でもサイトが重い、繋がらないでイライラすることなく、アクセスも逃さないので費用対効果を考えるとエックスサーバーの方が優れています。

ロリポップからエックスサーバーに引っ越した感想としては、ここまで違うかというくらいサイトが軽くサクサク、ワードプレスの管理画面の動きも同様で大満足です。引っ越しの時には早速電話サポートにもお世話になりました。ブログやサイトで多くのアクセスを集めたいと思っている方はエックスサーバーはオススメです。
 
【エックスサーバーHP】

ロリポップからエックスサーバーへの引っ越し方法

サーバーをエックスサーバーにすると決めたのはいいものの、Web初心者の自分にとっての難関はサーバーの引っ越し作業。

私の場合、最初は他のブログ記事を参考に作業を行ったものの、うまくいかずエックスサーバーのサポートに電話したところ、エックスサーバーのマニュアルを基準にして、さらに補足としてブログ記事を参考にして作業を行ったところうまく行きました。サーバーの引っ越しは主に以下の手順となります。

<サーバーの引っ越し手順>
1.エックスサーバーと契約
2.ロリポップのデータベースをエクスポート
3.ロリポップのファイルをダウンロード
4.エックスサーバーでドメイン設定
5.エックスサーバーにWordPressをインストール
6.エックスサーバーに2データベースをインポート
7.エックスサーバーに3のファイルをインストール
8.動作確認
9.ネームサーバー(DSN)の切り替え

こう書くと難しく見えますが、エックスサーバーと契約して、ロリポップのデーターを一旦自分のPCにダウンロードし、そのデータをエックスサーバーに入れ替えれば終了です。

初心者にとってハードルが高いのが3のファイルのダウンロードと7のそのファイルをエックスサーバーにインストールする作業。ファイルのダウンロードとインポートを行うためにはFTPソフトを使うことになりますが、FFFTPを使ってダウンロードしようとしたところ、10時間たっても全てのファイルをダウンロードできず。

これはおかしいな?と思い、FileZillaというFTPソフトで行ったところわずか1時間で終了、エックスサーバーへのインポートもうまくできました。

ロリポップからエックスサーバーへの引っ越しは以下のサイトがとても参考になります。
WordPressの移転について(Xサーバーマニュアル)
ロリポップからエックスサーバーに移転する方法
ロリポップからエックスサーバーへサーバーお引っ越し【WordPress】
FFFTPのアップロード速度を4倍にアップするビックリするほど簡単な設定
FTPソフト(ファイルジラ(FileZilla))の使い方と設定方法
FileZillaにてファイル転送を高速にする方法
Macのhostsファイルをテキストエディタで編集する方法
・サーバーの引っ越しが終わったか確認するには→SEOチェキ
 
【エックスサーバーHP】

サーバーの引っ越し作業を終えると自分の自信に!

初心者の自分にとってサーバーの引っ越しはハードルが高く尻込みしていたものの、ロリポップのアクセス制限がキッカケで実施することに。引っ越しにあたり、サーバー会社、引っ越しの方法など調べまくった結果、サーバー周りの知識やWordPressの構造など基本的なことがだいぶ理解できるようになりました。

サーバーの引っ越しを成功させるだけでなく、こんな副次的な効果が。ググってみると引っ越しに1週間くらいかかった人や諦めてクラウドサービスに任せた人などいますが、私の場合初日に失敗して2日目に成功、3日目に移管作業が終了しました。

自分のブログやサイトで多くのアクセスを獲得してマネタイズしたり、影響力を持ちたい人は引っ越しによりサーバーの引っ越しをされることを強くオススメします!

 - Web・IT