Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

大谷2世か!小六で投げては129km、打ってはHRの「関戸康介」君が凄い!

   

関戸康介

清宮君の中学時代を見たときと同じくらいの衝撃を受けました。この福岡ソフトバンクJrに所属する関戸君、小学生にもかかわらず投げては129kmの豪速球、打席に立つとHRとこれからが期待の選手です。


福岡ソフトバンクJr.関戸康介君

小学生とは思えない、力みのないきれいな投球フォーム。身長は168cmで、将来的には180cmは優に超えそうです。小学生レベルだとストレートで100kmを投げれはかなり速い方で、この関戸君は既に130km近いボールを投げます。

130kmとなると高校生でもなかなか投げるピッチャーはいません。ちなみに、昨年夏の甲子園でベスト4に進出した早実のエース松本選手の速球が120km後半だったので、既にスピードに関しては同じレベルということに。

ちなみに関戸君が所属している福岡ソフトバンクジュニアは九州各県500名の中から選ばれたエリートの18名が所属。その他の球団もジュニアチームを持っており、入団するのはどこも狭き門とのことです。

こちらはHRのシーン。小学生レベルだと体が大きくて球の速い選手が各市町村に1選手くらいいて、だいたいその選手がエースで4番でということが多いですが、関戸君はその中でも飛び抜けた選手。

ホントにスケールが大きくて大谷のように投打2刀流も夢ではないかもしれません。このまま怪我とかせず、指導者や先輩に潰されることなく、成長してもらいたいものです。ドラフトで指名されるのは6年後。その頃には何キロの速球を投げているのか?今から名前を覚えておいて損はない選手です。

 - スポーツ, 野球