Live for Today

「今を生きる!」渋谷在住30代男がスポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

年金の督促を無視したら「特別催告状」が届いたので、年金機構に電話してみた

   

特別催告状

恥ずかしながら、国民年金を1年近く払っておらず、たまにかかってくる電話も無視をしていたところ、ついに年金機構から「特別催告状」が送られてきました。。


年金の「特別催告状」が届く

国民年金の保険料の納付は義務であることは分かっているものの、毎月15,590円という金額と、将来破綻して貰えないかもしれないのに払うのはバカバカしいと思っていてずっと放置していました。

すると、いつの日からか毎週1回、見慣れない番号から携帯に電話が。。発信番号はいつも「0120-925-997」。留守電にメッセージは残されていないので、なんでも教えてくれるGoogle先生で調べてみると、年金機構から委託されている会社からの電話でした。

その電話も無視していると、「至急開封」、「大事なお知らせです」といった文言が記載されている物々しい手紙が届きました。これが「特別催告状」です。

年金を支払っていない後ろめたさと恥ずかしさから、この特別催告状すら無視をしようかと思いましたが、「期限までに保険料が納付されない場合は、強制徴収を開始することがあります」との文面にビビり、記載されていた年金事務所の電話番号に電話してみました。

年金機構の担当者はの対応は丁寧で親切だった

まず、催告状が届いたのでそのことで電話した旨を告げると、「わざわざお電話いただきましてありがとうございます」という丁寧な挨拶に始まり、本人確認をした後、現在の仕事や収入の状況を聞かれ、次にこれまでの年金納付状況を確認してもらい、年金免除について説明を受け、手続きをするための案内と書類を送るので、対応をお願いしますとのことで終話しました。

怒られたり、冷たい対応をされるかと思っていたものの、慣れているのか、消えた年金や情報漏洩などの不祥事があったためかは分かりませんが、企業がお客様に話すかのような丁寧で親切な対応でした。

近日中に書類が届くとのことで、しっかりと手続きをして免除申請をしようと思います。

年金の督促状を無視するとどうなるのか?

年金を支払っていない場合、以下の段階を踏んで最終的には差し押さえとなります。

1.電話での督促
2.特別催告状
3.最終催告状
4.督促状
5.差押予告
6.差し押さえ実行

私の場合、「2.特別催告状」の段階で対応したので、差し押さえにはならずに済みそうですが、早めに対応することが重要です。無視し続けると、最悪、預貯金や家などの資産が差し押さえられ、日常生活が送れなくなってしまうなんてことも。

収入が少なく、年金を支払うことができない人の救済措置として、簡単な手続きで納付金額を半額免除、3/4免除、全額免除などをするlことができるので、自分のためにしっかりと手続きを行いましょう。

 

 - 話題のニュース