Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

【RUN】暑さと陽射しに負けそうになるものの13kmを完走

      2015/08/26

ランニングいつもは5時に起きるのに、この日目が覚めたのは7時。。目覚まし時計もいつの間にか消してしまっていたようで、いや〜な目覚めとなりました。

朝の清々しさを感じることなく、準備やストレッチをして走り始めるものの。。。


8月23日(日)のランニング記録

この日走り始めたのは8時30分過ぎでいつもより3時間遅れでスタート。

走り始めは曇りで風も吹いていたので走りやすかったものの、10分もすると雲の間から太陽が顔を出し、強烈な陽射しに襲われました。

木陰や建物などの日陰だといくぶん楽なものの、陽射しを浴びながら走るのがこれほどキツイとは。。普段の朝5時台、6時台の陽射しとは異なる強さに体力が消耗するのがわかりました。

だからといってリタイアする訳にはいかないので、ペースを抑え予定通りの13kmをしっかり走りきりました。

ランニング記録

走行距離 13.2km
走行時間 1時間33分
平均時速 8.5km
消費カロリー 882kcal

平均時速は8.5kmと19日より0.3km遅くなってしまいました。太陽の強烈さが分かったのを収穫としよう。

世界一過酷なマラソン。それは「サハラマラソン」

サハラマラソンは南モロッコのサハラ砂漠で開催される約230kmのウルトラマラソンで、7日間で最高気温50度にもなる砂漠の中を食料・衣料など10kgを超えるバックを背負って走る「世界一過酷なマラソン」と呼ばれているレース。

広大な砂漠の中をロードブック(コースマップ)とコンパスを頼りにゴールを目指します。途中で行方不明者が出た場合、ヘリコプターで捜索されるとのこと。。

2015年4月に開催されたサハラマラソンは日本からは男性28名、女性6名が参加し、全体の完走者は1,237名、途中棄権は92名(完走率93%)、日本からの出場者は完走32名(男女各1名が途中リタイア)、完走率94%だったとのこと。過酷な割には完走率が高いのが不思議。

こんな過酷なマラソンを完走する人がたくさんいるのに、ちょっと暑い中走っただけでヒーヒー言ってはいけないと反省。

フルマラソン完走の目標を達成した次はこのサハラマラソンに挑戦してみようかな。サハラマラソンを走りたい方は国境なきランナーズHPをご参照ください!

 - スポーツ, ランニング