Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

ラグビーW杯決勝はNZオールブラックスとオーストラリアが3度目の優勝をかけ激突!

      2015/10/31

エリスカップ

ラグビーワールドカップ2015イングランド大会は残すところ決勝戦の1試合のみとなりました。約1ヶ月半に渡って開催された熱戦も間もなく終わりを迎えることになります。

3位決定戦は南アフリカがアルゼンチンに勝利、そして最後の決勝戦は日本時間の11月1日(日)午前1時からニュージーランドvsオーストラリアにて行われます。


ラグビーワールドカップ決勝戦の日程

ラグビーワールドカップ2015 決勝戦 ニュージーランドvsオーストラリア

試合日 試合開始(日本時間) 組み合わせ&結果
11月1日(日) 01:00 NZ vs オーストラリア

試合開始が日本時間で日曜日の午前1時(土曜日の深夜)からです。テレビ中継は日本テレビで午前0時45分から生中継、jsportsでは午前0時30分から放送があります。

日曜日は休みなので夜更かししても問題なしですね。ラグビー世界一を決める最高レベルの試合を楽しみましょう!

ラグビーワールドカップ決勝戦ニュージーランドvsオーストラリアの見どころなど

ラグビーW杯決勝トーナメント

ラグビーワールドカップの決勝戦は大方の予想通り、NZ代表オールブラックス対オーストラリア代表ワラビーズの戦いとなりました。世界ランキング1位と2位のチームの激突でまさに世界NO.1を決める試合となります。まず両チームの今大会の試合を振り返りましょう。

ニュージラーランド代表オールブラックスの今大会の成績

試合日 対戦相手とスコア
9月21日(月) NZ 26-16 アルゼンチン
9月25日(金) NZ 58-14 ナミビア
10月3日(土) NZ 43-10 ジョージア
10月10日(土) NZ 47-9 トンガ
10月18日(日) NZ  62-13  フランス
10月25日(日) NZ 20-18 南アフリカ

ニュージーランドは予選プールCから準々決勝までは危なげない試合が続き、世界ランキング1位の力を見せつけてきました。特に接戦が予想された決勝T準々決勝フランス戦では攻撃陣が爆発し、決勝Tでは史上最高得点、最大得失点差をつけての圧勝。

準決勝での南アフリカ戦も僅か2点差の勝利となったものの、得点を取られたのはペナルティーのみでトライを許さず、ニュージーランドの堅守ぶりが際立ちました。一方攻撃は前後半それぞれ1トライを取り、ここぞ!という時のFW、BK一体となった攻撃陣は強力です。

チームは怪我人もおらず、状態は最高で、最後まで集中力を切らさず、つまらない反則などをしなければ3度目のエリスカップ(優勝記念カップ)を手にいれることができそうです。

・NZ代表オールブラックスの注目選手はこちら

オーストラリア代表ワラビーズの今大会の成績

試合日 対戦相手とスコア
9月24日(木) オーストラリア 28-13 フィジー
9月27日(日) オーストラリア 65-3 ウルグアイ
10月4日(日) オーストラリア 33-13 イングランド
10月11日(日) オーストラリア 15-6 ウェールズ
10月19日(月) オーストラリア  35-34 スコットランド
10月26日(月) オーストラリア  29-15 アルゼンチン

オーストラリアは「死の組」と呼ばれたイングランド、ウェールズが入ったプールAを4連勝、1位で突破してきました。イングランド戦、ウェールズ戦では激しいタックルで相手を完璧に抑え込み、予選の試合を見る限りでは最もチーム状態がよくて優勝に近いかと思われたものの、怪我人などの影響もあり決勝T準々決勝ではスコットランド相手にまさかの大苦戦。なんとか試合終了前のペナルティーゴールで逆転しました。

準決勝のアルゼンチン戦ではイズラエル・フォラウ、デービッド・ポーコックの主力2人が戻り、アルゼンチンの強力な攻撃陣にトライを許さず本来の試合運びで決勝戦へ駒を進めました。

懸念点としてはスコットランド、アルゼンチン戦で苦戦したスクラム。スクラムが押されたり崩されることが多く、プッシュに耐え切れずスクラムを崩してしまうコラプシングという反則からペナルティーを何度も許しており、決勝戦までに修正できるかがポイント。スクラムで互角に戦えればオーストラリアにも勝機はあります。

・オーストラリア代表ワラビーズの注目選手はこちら

ニュージーランドとオーストラリアのこれまでの対戦成績

ニュージーランドとオーストラリアは隣同士の国で長年世界のラグビー界を引っ張ってきたライバル同士です。これまでの対戦成績は154試合でニュージーランドの105勝42敗7分、勝率は68%とニュージーランドがオーストラリアに大きく勝ち越しています。

直近10試合の直接対決はニュージーランドの9勝1敗と、ニュージーランドが圧倒しており、今回の決勝でもニュージーランドの優位は動きません。

オーストラリアの1勝は今年の8月8日にシドニーで行われた試合で、この時は27-19でニュージーランドを倒しています。しかし、1週間後の8月15日のNZオークランドでの試合ではニュージーランドが41-13と圧倒。今回の決戦の場所はイギリス、舞台はワールドカップの決勝という最高の舞台で真価が問われます。

 

ラグビーの神様はどちらに微笑むか?ニュージーランドvsオーストラリア決勝戦の予想

NZvsAU

攻撃力、セットプレーはNZが上、守備力は互角で試合の勝負を決めるのはスクラムと反則の2点で、最後は気持ちの勝負になると予想します。

スクラムに不安のあるオーストラリアがNZに押し込まれるようだとオーストラリアは非常に厳しい戦いになります。オーストラリアは試合までにどうスクラムを修正するかがポイント。これまでオーストラリアのFWは大きく強かったものの、今大会はスクラムに限ってはストレスのかかる大会となっています。

また両チームは守備が鉄壁で、多くのトライは望めないので、狙える位置からはペナルティーを狙う競った展開になり、いかに自陣内で反則を犯さずペナルティーの機会を与えないかが重要になります。NZは南ア戦でペナルティーが多く、シンビン(一時退場)を出すなど、守備での規律が求められます。

最後は気持ち&気合。NZはマコウ、カーター、メアラム、ノヌーのキャップ数100を超える4人の他、カイノ、スミスなど前回のW杯優勝からのオールブラックスの黄金期を築いてきた30代の主力メンバーがこの試合で代表ユニフォームを脱ぐことが確実で、なんとしても「最後に優勝&連覇を!」という気持ちが強いはず。

さらに、大舞台に動じない百戦錬磨の選手達の心技体は最高潮に達しているのでNZの優位は動かず、オーストラリアにミスなどが出れば20点以上の大差がつくことも考えられます。

一方、オーストラリアはポーコック、フーパー、フォーリー、フォラウなど主力選手はまだ20代でNZと比べるとフレッシュな選手達です。オーストラリアとしては失うものはないので、若さと勢いでなんとか接戦に持ち込みたいです。前半の15分の立ち上がりで相手の攻撃を抑えて、接戦に持ち込み後半勝負といきたいところ。

これでNZが勝利すると史上初のW杯連覇、そして優勝回数がこれまでNZ、豪、南アの2回から3回へと一歩抜け出し、名実共に世界最強の名を手にすることになります。決勝戦は世界で最も有名なラガーマンである、リッチー・マコウとダン・カーターをはじめとするNZの選手達が有終の美を飾り、ラグビーの一つの時代が終え、新たな時代の始まりになると予想します。

 - スポーツ, ラグビー