Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

【感動&興奮】ラグビー日本代表ワールドカップの試合と戦いのまとめ

   

ラグビー日本代表

ラグビー日本代表が挑んだ第8回ラグビーワールドカップ。それまでのワールドカップで1勝21敗とボロ負け続きの日本代表は、初戦で優勝候補南アフリカを倒すという「ラグビー史上最大の番狂わせ」を演じ、世界に感動と衝撃を与えました。

そんな勇敢な桜の戦士達が戦ったワールドカップをまとめました。


ラグビー日本代表W杯メンバーの所属チーム、国籍、身長など

名前 ポジション 所属チーム 国籍 身長 体重 年齢 キャップ
アイブス ジャスティン FL キヤノン 日本(NZ出身) 196 105 31 30
伊藤 鐘史 LO 神戸製鋼 日本 191 100 34 35
稲垣 啓太 PR パナソニック 日本 183 115 25 6
大野 均 LO 東芝 日本 192 106 37 92
木津 武士 HO 神戸製鋼 日本 183 114 27 35
ツイ ヘンドリック NO8/FL サントリー 日本(NZ出身) 189 107 27 30
トンプソン ルーク LO 近鉄 日本(NZ出身) 196 108 34 57
畠山 健介 PR サントリー 日本 178 115 30 66
マイケル・ブロードハースト FL リコー NZ 196 111 28 20
ホラニ 龍コリニアシ NO8 パナソニック 日本(トンガ出身) 188 112 33 41
堀江 翔太 HO パナソニック 日本 180 105 29 36
真壁 伸弥 LO サントリー 日本 192 118 28 29
アマナキ・レレイ・マフィ NO8 NTTコミュ トンガ 189 112 25 2
三上 正貴 PR 東芝 日本 178 115 27 27
山下 裕史 PR 神戸製鋼 日本 183 122 29 43
湯原 祐希 HO 東芝 日本 173 102 31 22
リーチ マイケル FL 東芝 日本(NZ出身) 190 105 26 41
クレイグ・ウィング CTB/SO 神戸製鋼 フィリピン 180 90 35 8
小野 晃征 SO サントリー 日本 171 83 28 27
五郎丸 歩 FB ヤマハ発動機 日本 185 99 29 52
マレ・サウ CTB ヤマハ発動機 NZ 183 97 27 21
立川 理道 SO/CTB クボタ 日本 181 94 25 37
田中 史朗 SH パナソニック 日本 166 71 30 47
田村 優 CTB NEC 日本 181 92 26 33
廣瀬 俊朗 SO 東芝 日本 173 82 33 28
日和佐 篤 SH サントリー 日本 166 72 28 45
福岡 堅樹 WTB 筑波大学 日本 175 83 23 15
藤田 慶和 WTB/FB 早稲田大学 日本 184 90 22 27
カーン・ヘスケス WTB/CTB 宗像サニックス NZ 178 98 30 9
松島 幸太朗 WTB/CTB サントリー 日本 175 88 22 10
山田 章仁 WTB パナソニック 日本 181 90 30 13

今回のラグビーワールドカップに出場するために登録された日本代表の31名の選手です。31人のうち試合毎に15人の先発メンバーと8人のリザーブメンバーの計23名が登録されます。残りの8人はスタンドからの観戦となります。

選手は全員日本の社会人ラグビーリーグである「トップリーグ」に所属している選手です。ラグビーの場合、所定の条件を満たせば外国籍でも他国の代表の選手になることができ、日本の場合、31人のうち外国出身の選手は10人。各国の代表選手になる条件と詳細についてはこちらをご参照ください。

なおトップリーグは11月から開催されるので、桜の戦士達を生で見たい場合はトップリーグのHPより確認のうえ観戦してみてください。迫力があって興奮しますよ!

ラグビー日本代表ワールドカップでの試合結果

日本は南アフリカ、スコットランド、サモア、アメリカと同じ予選グループのプールBに属し、総当たりで上位2チームが決勝トーナメントに進出することができます。

初戦の南アフリカ戦で34-32の大金星を挙げる!

ご存知の通り、初戦の相手は南アフリカ。過去優勝2回、今回も優勝候補で強くて大きく、スピードがあり日本の勝利を予想する人はほぼ皆無の中、日本が4年間のハードワークの結果を発揮し最後の大逆転で勝利をもぎ取りました。この試合で勝ち点4を取り目標のベスト8達成へ最高の立ち上がりとなりました。南ア戦の詳細は以下をご参照。

日本代表が南アフリカに歴史的大勝利!最後に大逆転!!
ラグビー日本代表が南アに勝ったことが、どれだけ凄いか分かりやすく解説&まとめてみた!

2戦目のスコットランド戦は10-45と完敗

南アフリカに勝ったんだからスコットランドにも勝てるでしょと思った人も多い中、世界は甘くはありませんでした。日本は南ア戦から中3のハードスケジュール、一方スコットランドはW杯初戦で体調バッチリでした。試合は前半はなんとかスコットランドに肉薄したものの、後半に疲れからミスがでて完敗。この時点で決勝リーグへの突破はほぼ南ア、スコットランド、日本の3チームの争いとなりました。スコットランド戦の詳細は以下をご参照。

日本代表はスコットランドに大敗。2連勝ならず

3戦目のサモア戦は26-5で完勝!

十分に休養を取ったサモア戦では日本の攻守が勝りサモアを1トライに抑える完勝。日本が南アに勝ったことがまぐれではないことを世界に証明しました。サモアは体が大きく、身体能力が優れた選手が多く、日本はこれまでなかなか勝てなかった相手。そのサモア相手に素晴らし試合をしたことで日本は大きな自信を得ることができました。サモア戦の詳細は以下をご参照。

ラグビーW杯日本代表サモアに勝利し予選突破に望みを繋ぐ!!

最後のアメリカ戦も28-18で勝利し有終の美を飾る!

最後は日本の長年のライバルであるアメリカ戦。この試合の前に日本の予選突破が断たれ、モチベーション的に難しい試合となったものの、桜の戦士達は最後まで集中力を落とすことなく激しいタックルで相手を防ぎ、速く強いランでトライを重ね勝利しました。

日本は最終戦でアメリカに勝利!3勝1敗で終える

終わってみれば3勝1敗で世界中のラグビーファンの予想を覆す素晴らしい戦いぶりでした。残念ながら「最強の敗者」となり予選突破はならなかったものの、世界各国で日本の勝利がニュースやネットで取り上げられるなど、日本ラグビーここにあり!を世界に強く印象づけました。

プールBは3チームが3勝1敗で並んだものの、地力に勝る南アフリカが1位通過、2位は日本に勝利したスコットランドとなりました。

ラグビーワールドカップ 予選プールB順位表

順位 国名 試合数 勝ち 引分 負け 得点 失点 得失点差 BP 勝点
1 南アフリカ 4 3 0 1 176 56 120 4 16
2 スコットランド 4 3 0 1 136 93 43 2 14
3 日本 4 3 0 1 98 100 -2 0 12
4 サモア 4 1 0 3 69 124 -55 2 6
5 アメリカ 4 0 0 4 50 1156 -106 0 0

 

日本がワールドカップで大躍進した理由は?

これまでラグビーファンには辛く悲しい負の歴史が続いたワールドカップ。毎回毎回最強と言われながらも日本は惨敗してきました。今回もワールドカップ前の試合ではアメリカやフィジーに負けるなど、決して万全だとは思えなかったものの、W杯本番では3勝1敗と素晴らしい成績を残すことができました。その理由は主に以下にあると考えます。

1.エディー・ジョーンズHCの強烈なリーダーシップと指導体制の確立
エディー・ジョーンズは完璧主義者と言われるほど厳しく一切の妥協を許さない指揮官で、その練習は世界で一番ハードと言われる内容でした。その指揮官の方針に反発することなく、選手も指揮官を信じ、厳しい練習に耐えたことでフィットネスが大幅に上昇し戦える集団となりました。
またエディーがこれまで豪や南アでの指導経験から得た豊富な人脈を活用し、FW、BKコーチのほかフィットネスコーチ等も世界中から優秀な人を集め、セットプレーに安定感が増し、戦術が増えたのも大きな要因です。

2.世界最高峰のリーグ「スーパーリーグ」経験者がチームを引っ張った
NZ、豪、南アのラグビープロリーグである「スーパーリーグ」に日本からは主将のリーチ・マイケル、HO堀江、SH田中、 FLツイ等が参加し、試合に出場することで世界最高峰のチームで得た経験を日本代表に還元することができました。実際彼らはチームの中心選手としてプレーだけでなく精神的な支柱となり、代表を引っ張ってきました。

3.2019年ラグビーW杯日本開催に向け「歴史を変える」ために一つになった
「歴史を変える」。それがエディーJAPANのスローガンであり、選手のベクトルを同じ方向に向かせた合言葉になりました。歴史を変えるためにはベスト8を達成する。そのためには厳しい練習にも耐え、怖がらずに低いタックルで相手を倒し、最後まで走り切らなければなりません。どんな辛い時もこの言葉で選手達は頑張れたんだと思います。
さらに、2019年にラグビーW杯が日本で開催されると決まった事も大きかった。選手はこれまでのW杯での惨敗続きの成績では開催国としては相応しくなく、その力を証明する最後の機会が今回のW杯で、次回のW杯開催国としてのプライドを賭けた戦いでもありました。

 

ラグビー日本代表の戦いは人生観が変わるほど素晴らしかった!

私も小さい頃から野球とラグビーをやっていた事もあって、スポーツが大好きで見る事も多いですが、今回のラグビー日本代表の戦いぶりはスポーツという枠を超えて、人生観が変わるような大きなものでした。

特に、まさか勝てるとは思っていなかった南アフリカでのあの勝利。そしてその勝利に結びついた日本が今回のW杯のために行ってきた日々のハードワーク、エディーHCとリーチマイケルが証明したリーダーとしての資質の大切さモチベーションが下がった中でもしっかり戦い抜いたアメリカ戦。

今回のラグビー日本代表の戦いぶりは映画になってもおかしくないほど、人間味に溢れた選手とスタッフ達により作られた壮大な物語のようでした。勇気と感動という言葉だけでは表す事ができない大きな何かを選手から学び、感じることができました。ラグビー日本代表の関係者の皆さまには心からの感謝を言いたいと思います。そしてこれからも全力で応援していきます!

<ラグビー関連記事はこちら

 - スポーツ, ラグビー