Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

ラグビーワールドカップ2015予選半分が終了→振り返りと今後の展望

      2015/10/31

ラグビー

ラグビーワールドカップは9月30日で各チーム予選を2試合消化し、ちょうど予選が半分終了しました。これから各チーム予選突破をかけて残りの2試合に挑みます。

日本代表が南アに勝利したり、開催国イングランドがウェールズに負けたりと波乱がありましたが、ここでこれまでの大会を振り返り、予選突破チームを予想したいと思います。


ラグビー2015予選前半戦の振り返り

プールA順位表&星取表

順位 国名 試合数 勝ち 引分 負け 得点 失点 得失点差 BP 勝点
1 オーストラリア 2 2 0 0 93 16 77 1 9
2 ウェールズ 2 2 0 0 82 34 48 1 9
3 イングランド 2 1 0 1 60 39 21 2 6
4 フィジー 2 0 0 2 24 63 -39 0 0
5 ウルグアイ 2 0 0 2 12 119 -107 0 0
オーストラリア ウェールズ イングランド フィジー ウルグアイ
オーストラリア ◯28-13 ◯65-3
ウェールズ ◯28-25 ◯54-9
イングランド ×25-28 ◯35-11
フィジー  ×13-28 ×11-35
ウルグアイ ×3-65 ×9-54

強豪国が集まり「死の組」と称されるプールA。開催国イングランド、オーストラリア、ウェールズの優勝を狙える3チームが入っています。そのイングランドは地元の大声援を受けながらもウェールズに惜敗、オーストラリアに勝たなければ予選突破が難しくなる厳しい状況に陥りました。

このプールで鍵を握るのはオーストラリア。残りは10/4のイングランド戦、10/11のウェールズ戦で特にイングランドとの戦いに勝利すると予選突破は確実でこの試合に世界中から注目が集まります。

プールAはオーストラリア、ウェールズが優勢で、窮地に追い込まれたイングランドは10/4のオーストラリア戦に全てがかかっています。

プールB順位表&星取表

順位 国名 試合数 勝ち 引分 負け 得点 失点 得失点差 BP 勝点
1 スコットランド 2 2 0 0 84 26 58 2 10
2 南アフリカ 2 1 0 1 78 40 38 3 7
3 サモア 2 1 0 1 31 62 -31 0 4
4 日本 2 1 0 1 44 77 -33 0 4
5 アメリカ 2 0 0 2 32 64 -32 0 0
スコットランド 南アフリカ サモア 日本 アメリカ
スコットランド ◯45-10 ◯39-16
南アフリカ ◯46-6 ×32-34
サモア ×6-46 ◯25-16
日本 ×10-45 ◯34-32
アメリカ ×16-39 ×16-25

詳細は別記事に記載(ラグビーワールドカップ日本のプールBは2試合終了。予選突破を予想)しているので、こちらもご参照を。

プールBはなんといっても、ラグビー史上最大の番狂わせとなった日本の南ア戦の勝利。楽勝で南アの勝利だと誰しもが信じて疑わなかった試合でスーパーサプライズが起きました。とはいえ、南アの優位は動かずプールBでの1位突破は南アが最有力。南アはスコットランドとアメリカには勝つでしょう。

あと一つの枠はスコットランドと日本で争うことに。日本はスコットランドに直接対決で負けており、残りの2試合でボーナスポイントも含めた10ptを獲得し、さらにスコットランドが南アとサモアに負けるのが日本としてのベストシナリオ。スコットランドの優位性は動かないものの、日本としては残り2試合に勝利し、かつサモアに頑張ってスコットランドを倒してもらい予選突破といきたい。

プールC順位表&星取表

順位 国名 試合数 勝ち 引分 負け 得点 失点 得失点差 BP 勝点
1 NZ 2 2 0 0 84 30 54 1 9
2 トンガ 2 1 0 1 45 38 7 2 6
3 アルゼンチン 2 1 0 1 70 35 35 1 5
4 ジョージア 2 1 0 1 26 64 -38 0 4
5 ナミビア 2 0 0 2 35 93 -58 0 0
 NZ トンガ アルゼンチン ジョージア ナミビア
NZ ◯ 26-16 ◯58-14
トンガ ×10-17 ◯35-21
アルゼンチン ×16-26 ◯54-9
ジョージア ◯17-10  ×9-54
ナミビア ×14-58 ×21-35

事前の予想通りの展開となっているプールC。NZとアルゼンチンの予選突破で決まりそう。しかし、トンガとアルゼンチンの直接対決が残っており、トンガとしてはここで勝つと予選突破が見えてくるので、何とか番狂わせといきたいところ。

ナミビアはここまで2敗しているものの、NZ戦、トンガ戦ともに気合の入ったいい試合をしており観客を魅了しています。ナミビアとジョージアの試合はとても盛り上がりそう。

プールD順位表&星取表

順位 国名 試合数 勝ち 引分 負け 得点 失点 得失点差 BP 勝点
1 アイルランド 2 2 0 0 94 17 77 2 10
2 フランス 2 2 0 0 70 21 49 1 9
3 イタリア 2 1 0 1 33 50 -17 0 4
4 カナダ 2 0 0 2 25 73 -48 1 1
5 ルーマニア 2 0 0 2 21 82 -61 0 0
アイルランド フランス イタリア カナダ ルーマニア
アイルランド  ◯50-7 ◯44-10
フランス ◯32-10 ◯38-11
イタリア  ×10-32 ◯23-18
カナダ  ×7-50 ×18-23
ルーマニア ×10-44 ×11-38

アイルランドの強さが目立つプールD。初めての優勝を目指してチーム状態の良さが伺えます。プールDも波乱等なく事前予想通りの展開に。アイルランドとフランスの予選突破でほぼ決まり。

ここのところ力をつけてきてこのプールでひょっとしたら!と期待させたイタリアは2連敗で厳しいスタート、カナダも強豪との力の差は縮まらず予選敗退が決定的。

ラグビー2015予選後半戦の見どころ

プールAと日本のプールBは予選突破をかけて熾烈な戦いとなり見どころ満載です。後半戦は10月2日(金)から始まりますが、まずは10月3日(土)の日本vsサモア戦。日本は予選突破のためにはこの試合は絶対に落とすことはできません。みんなで日本代表を応援しましょう。

次に10月4日(日)南アフリカvsスコットランド戦。南アの優位は動かないものの、日本としてはスコットランドに勝ってもらいたいところ。

そして予選最大の見どころとなるのが、10月4日(日)のイングランドvsオーストラリア。優勝候補同士の対決が予選で実現、さらに開催国イングランドとしてはこの試合で負けると予選敗退が決まります。

10月10日(土)に行われるNZvsトンガも注目したい。圧倒的なNZ相手に対し、トンガがどこまで食らいつくか。なんとかオールブラックス相手に一泡吹かせたいところ。

10月10日(土)のサモアvsスコットランド戦も日本としては見逃せません。両リームの力はスコットランド優位とはいえ拮抗しており接戦でいい試合が期待されます。

そして10月11日(日)の死の組プールAのオーストラリアvsウェールズも見逃せない対決です。オーストラリが優位なものの、イングランドを撃破したウェールズがどういうラグビーを見せるか。ここでオーストラリアに勝つと、勢いがついて決勝トーナメントでの活躍も期待できそうです。

ラストは10月12日(月)の日本vsアメリカ戦。この試合で予選の試合は全て終了します。長年ライバル同士だった日本とアメリカ。日本としてはこの試合が予選突破を掛けた試合となり、勝利して決勝トーナメント進出を決めたいところです。

ラグビーワールドカップはこれからも見どころ満載でワクワクしますね。なんとか日本の決勝トーナメント進出を願って応援しましょう!

※予選後半及び、決勝トーナメントの試合日程&試合時間、テレビ放送予定などはこちらでご確認ください。

 - スポーツ, ラグビー