Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

ラグビーワールドカップ日本のプールBは2試合終了。予選突破を予想

      2015/10/31

ジャパンラグビー

ラグビーワールドカップ2015は開幕してから10日が経ち、我ら日本代表は初戦の南アフリカ戦で勝利し大金星を挙げたものの、2戦目のスコットランド戦で惨敗。

日本の予選プールBは全チームが半分の2試合を終えました。そこでこれまでの結果と今後を予想してみたいと思います。


ラグビーワールドカップ2015プールBはスコットランドが1位

プールB順位表

順位 国名 試合数 勝ち 引分 負け 得点 失点 得失点差 BP 勝点
1 スコットランド 2 2 0 0 84 26 58 2 10
2 南アフリカ 2 1 0 1 78 40 38 3 7
3 サモア 2 1 0 1 31 62 -31 0 4
4 日本 2 1 0 1 44 77 -33 0 4
5 アメリカ 2 0 0 2 32 64 -32 0 0

※勝点は勝利が4点、引き分けが2点。BP(ボーナスポイント)は、4トライ以上で+1p、7点差以内の敗戦でも+1pが勝点として得られる仕組み。

プールB星取表

スコットランド 南アフリカ サモア 日本 アメリカ
スコットランド ◯45-10 ◯39-16
南アフリカ ◯46-6 ×32-34
サモア ×6-46 ◯25-16
日本 ×10-45 ◯34-32
アメリカ ×16-39 ×16-25

各チーム2試合を終えて、1位は2連勝のスコットランド。そして1勝1敗で南ア、サモア、日本と続きますが、BPと得失点差で2位が南ア、3位がサモア、4位が日本で未勝利のアメリカが5位となっています。

ここまで振り返ると、日本が南アフリカに勝利した以外は事前の予想通りの結果。日本とするとプールBの強豪国である南アとスコットランド戦の2試合を終えた時点で1勝1敗なのでここまでは、上出来といえます。

ラグビーワールドカップ2015プールB今後のスケジュールと予想

ラグビーワールドカップ プールBのスケジュール

試合日 試合開始(日本時間) プール 組み合わせ
10月3日(土) 22:30 B サモア×日本
10月4日(日) 0:45 B 南アフリカ×スコットランド
10月8日(木) 0:45 B 南アフリカ×アメリカ
10月10日(土) 22:30 B サモア×スコットランド
10月12日(月) 04:00 B アメリカ×日本

予選プールを突破できるのは勝点上位2チームのみ。アメリカ以外の4チームには予選突破の可能性が残されています。

プールBの1位は力を取り戻した南アが優位

最も優位なのは南アフリカ。初戦の日本には敗れたものの、2試合目のサモア戦ではチームを立て直し、46対6と圧勝、迫力ある攻撃と隙のない守備は圧巻で完全に本来の力を取り戻したようです。

主将デヴィリアスが顎を骨折し、残りの試合は出場できなくなりましたが、スコットランドとアメリカには勝利して勝ち点はスコットランド戦の4点とアメリカ戦の5点で最終的には16点となり、プールBの1位は南アになると思います。

プールBの2位はスコットランド優位 日本がプールBの予選を突破するには?

2連勝で最高のスタートを切ったスコットランド。残りは南アとサモアの2試合で南ア戦では負けるものの、サモア戦で勝ち点4を獲得する見込み。となると最終的には勝点14。

日本としては厳しい状況にあるものの、予選突破するにはサモア戦とアメリカ戦の勝利は必須でかつ、4トライ以上で勝利し、+1ptのボーナスポイントも獲得したい。仮にこのようになったとしても勝点は14でスコットランドとは勝点で並び、勝点が同じ場合は直接対決の結果となるので、日本は予選敗退となります。

日本が予選を突破するには残り2試合で連勝してかつ、サモアvsスコットランド戦でサモアが勝利すること。そうなると日本も念願の初の予選突破となります。まずは3日のサモア戦で4トライ以上取って勝利しなければなりません。

なお、10月3日の日本vsサモア戦は秩父宮ラグビー場でパブリックビューイング(入場料無料)が開催されます。東京近郊にお住まいの方はぜひ秩父宮へ!

 - スポーツ, ラグビー