Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

(ラグビーW杯)日本代表vsスコットランド戦のポイント&見どころ

      2015/10/31

ラグビー日本代表

ラグビーワールドカップ2015で日本代表は初戦の南アフリカ戦で「ラグビー史上最大の番狂わせ」を演じ、世界のラグビーファンにサプライズを与えました。

予選プールBの次の戦いは南アフリカに次ぐ強敵のスコットランド。この試合(9月23日22時30分〜)に勝利すると予選突破へと大きく前進する重要な試合となります。なおテレビ中継は日テレで22時15分からの放送となります。


ラグビー日本代表vsスコットランド代表の試合の見どころ

日本代表先発メンバー 初戦の南ア戦から6人が入れ替え

NO ポジション 名前 身長/体重
1 PR 稲垣 啓太 183/115
2 HO 堀江 翔太 180/105
3 PR 山下 裕史 183/122
4 LO トンプソン ルーク 196/108
5 LO アイブス ジャスティン 196/105
6 FL リーチ マイケル 190/105
7 FL マイケル・ブロードハースト 196/111
8 NO.8 アマナキ・レレイ・マフィ 189/112
9 SH 田中 史朗 166/71
10 SO 立川 理道 181/94
11 WTB 福岡 堅樹 175/83
12 CTB 田村 優 181/92
13 CTB マレ・サウ 183/97
14 WTB 松島 幸太朗 175/88
15 FB 五郎丸 歩 185/99

スコットランド戦スタメン

先発メンバーは初戦の南アフリカ戦での消耗等を考慮し6人が入れ替わりました。今回のW杯では31人の選手が登録メンバーとして選出されていますが、先発と控えに大きな差はなく31人全員の力で予選突破を目指します。

とはいえ、HO堀江、FLリーチ、SH田中、WTB松島、FB五郎丸の5選手は日本の核となるプレイヤーでよほどのことがない限り今後も先発での出場となるはずです。

今回の注目はPR稲垣、NO.8のマフィ、WTBの福岡。稲垣は183cm115kgの体格ながらスクラムだけでなく走れるPR(プロップ)で、年も25歳とまだ若く、これから日本のFWを背負っていく選手です。今大会でより成長して世界的な選手になってほしいです。

マフィは大怪我から復帰し、なんとかW杯に間に合いました。体も大きくフィットネスに優れたNo.8の選手です。前回の南アフリカ戦では途中から出場し相手を吹っ飛ばす強さを見せつけ、最後にはハンドで相手選手のタックルを抑えながら味方にパスを出し、逆転トライに結びつく素晴らしいプレーをしました。

そして日本代表NO.1の快足プレーヤーのWTB福岡です。現役の大学生で将来は医師を目指している選手ですが、ボールを持って走るその姿はチーターに例えられるほどの速さを誇ります。最後のフィニッシャーとしてトライを決めてもらいたいものです。

スコットランド代表について

スコットランドは世界ランキング12位で、南アフリカに勝利し順位が上がった日本は11位で、世界ランキングでは日本より下ですが、ヨーロッパの強豪チームで力は日本より上です。

なお、イギリスのブックメーカーによると日本の勝利の掛け率が6.5倍、スコットランドの勝利は1.1倍で、南アフリカに勝利したことにより日本の掛け率が大きく下がった(日本の優勝予想も1,001倍から251倍に下がった)とはいえ、ラグビーファンの評価は冷静でスコットランドの勝利を予想する人が圧倒的です。

日本の対スコットランドの対戦成績はこれまで1勝7敗で、直近の2013年での試合は17-42で敗れている相手です。スコットランドはプールBのチーム(南ア、スコットランド、サモア、日本、アメリカ)では南アの次に強いチームとの評価が多く、予選突破をサモアと争うであろうとの見方が大勢です。

FWは身長が2mを超す選手もおり強くて大きく、BKはCTBやWTBに世界的選手を擁し、個々の選手のレベルは日本よりも上。日本は南ア戦のように気合の入った低く鋭いタックルと組織的なディフェンスで相手を怯ませ、五郎丸のPKで得点をコツコツ重ねる戦いとなりそうです。

スコットランドは南アフリカに勝利した日本をかなり詳細に研究&準備をしており、日本に対して格下で楽勝だと思っていた南アとは異なり、心の隙がなく厳しい試合になることは間違いなしです。ましてや日本は南ア戦から中3日とタイトなスケジュールで、試合の序盤でつまづくようだとワンサイドゲームになることもありえます。

日本としてはこの試合に勝ち、さらに残りの試合(サモア、アメリカ)のどちらかに勝てば予選突破はほぼ確実となるので、この試合に全てをかけて1勝をもぎ取りたいところ。南ア戦に勝利したことで世界の注目を集めており、あの勝利がマグレでないことを示してほしいものです。

 - スポーツ, ラグビー