Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

ラグビー日本代表vsウルグアイの試合を見てきた!@秩父宮ラグビー場

      2015/09/28

ラグビー日本代表ラグビー日本代表は現在、史上最強と言われていますが、その仕上がりぶりを見るために8月29日(土)に行われたウルグアイ代表戦を見てきました。

結果はお見事ジャパンの快勝でワールドカップに期待ができる強さを見せつけてくれました!


ラグビー日本代表vsウルグアイ代表レビュー@秩父宮ラグビー場 8月29日

秩父宮ラグビー場東スタンド裏の売店コーナーです。日本代表のユニフォームや飲食品などが売られています。秩父宮ラグビー場は持ち込みOKなので、ビールや食べ物を事前に買って観戦するのがオススメです。

 

日本代表試合前の練習風景

HO堀江翔太選手

堀江選手怪我もほぼ完治し、この日もラインアウトのスローワーとして、スクラムの要として大活躍。スーパーラグビー経験者としてキャプテンのリーチと共にFWを引っ張てくれる存在です。

LO大野均選手

大野均選手

日本代表キャップは93で歴代トップ、37歳とベテランながら激しく泥臭いプレーで観客を魅了する大野選手。愛称キンちゃん。今回のW杯は最後となりそうですが、有終の美を飾ってもらいたいですね。

LO真壁伸弥選手

真壁伸弥選手

身長192cm、体重125kgと素晴らしい体格の持ち主。2月末に右太腿裏の断裂という大怪我をして以来、この日後半7分から試合に出場し復帰を果たしました。W杯にはなんとか間に合いそうです。

FLリーチマイケル選手、マイケル・ブロードハースト選手

マイケルリーチ

ニュージーランド出身のフランカーコンビです。6番がキャプテンのリーチマイケル、7番がマイケル・ブロードハースト。体も大きく、走力もあり強いタックルを持っているこの2人は今のジャパンには欠かすことができません。

FWスクラム練習

スクラム練習スクラムの練習です。ジャパンはスクラムが弱いことが弱点でしたが、今回はむしろ強みとなってW杯に望むことができます。ここ数年でホントにスクラムが強くなりました。

HCエディー・ジョーンズ

エディージョーンズ厳しい表情で練習を見守ります。ジャパンのヘッドコーチはW杯で終わりとなります。W杯前にヘッドコーチを退任すると発表したことに批判がありますが、ヘッドコーチはW杯周期の4年単位で交代すべきだと思うので個人的にはそれで良いと思います。

次の監督は早実清宮幸太郎君の父であるトップリーグヤマハの清宮監督か、選手時代はオールブラックスでも活躍し、NZのクラブチームの名門クルセーダースやオーストラリア代表のヘッドコーチとして手腕を発揮した現パナソニック監督のロビー・ディーンズが最有力です。

話題性なら清宮監督、実績ならロビー・ディーンズ監督か。

ぶつかり稽古?

FW練習試合前に同じ体格の選手と体をぶつけ合います。高校の時、容赦ない先輩とこの練習をやるのが痛くてイヤだったのをこの光景を見た時思い出しました。

日テレのラグビー放送時に使う?

ラグビーテレビ今回のラグビーW杯は日本テレビ系列で放送されます。その一コマとして子供達を撮影していたのでしょうか。

試合前に集中し、気合を入れます

ラグビー日本代表練習が終わり、最後に円陣を組んでのミーティングです。日本語が分からない選手はどうしているんだろう?

 

ラグビー日本代表vsウルグアイ代表試合開始

国家斉唱アトム君もジャパンの列に並んで国家斉唱します。

スタメンは現時点での最強メンバー

スタメンエディー曰く、スタメンは現時点での最強メンバーとのこと。このメンバーが主体となってW杯にも臨みます。

前半12分に五郎丸選手のトライで先制!

五郎丸幸先の良いスタートです。前半12分にFB五郎丸選手のトライにて先制、その後のコンバージョンも自ら決めて7-0とリードして始まりました。

五郎丸選手のコンバージョンゴール

五郎丸歩

今やジャパンの顔となった五郎丸選手。キッカーとしての安定感も抜群です。

ジャパンのスクラムはこの日も強かった

スクラムスクラムは心配する必要がないですね。ただW杯初戦の南アフリカは強さ、デカさともに世界トップクラスなので、苦労する場面もあると思います。

この日もアトム君が目立ってます

アトム君アトム君のような誰でも知っているキャラクターが応援してくれると会場も盛り上がっていいですね。

ジャパンは前半FB五郎丸歩選手、SO小野晃征選手、FLマイケル・ブロードハースト選手による計3トライを取り21-0で折り返し。非常にいい試合内容です。

秩父宮ラグビー場の観客の入り

秩父宮ラグビー場

秩父宮ラグビー場

2週間前のvs世界選抜よりかはだいぶお客さんも入って、7割ほどの入りだと思います。とはいえW杯前の最後の試合で夏休み&土曜日で東京のど真ん中の会場を満員にできないのは、まだまだ課題が多いということでしょうね。

ジャパンのラインアウト

ラインアウト

ジャパンのラインアウト。この日も安定していて、マイボールは多分全部キープしたと思います。

ジャパンのFW

スクラム後半のキツイ時間帯になってもそんなに息が上がっておらず余裕すら感じさせます。

ボールをキャッチするマイケル・ブロードハースト選手

ラインアウトラインアウトでボールをキャッチするマイケル・ブロードハースト選手。高いですね〜

後半26分WTB福岡堅樹選手のトライ!

福岡堅樹試合中は常にカメラを構えている訳でなく基本的にプレーを見ているので、なかなかいいショットが撮れないんですが、ちょっとブレたもののWTB福岡堅樹選手のトライの瞬間を撮ることができました。ナイストライ!

この日のMVPはWTB松島幸太朗選手か福岡堅樹選手

松島幸太郎2人ともトライを取っただけでなく、ボールを持って大きくゲインするシーンが何度もあり、会場を沸かせてくれました。WTBのレギュラー争いは山田選手や藤田選手も争っていましたが、この2人が大きくリードしたこと間違いなしです。個人的にはこの2人がこの日のMVPだと思います。

ラグビー日本代表とウルグアイ代表の試合は40-0で日本代表の勝利!

ラグビー日本代表素晴らしい試合でした。6トライ取って相手を完封しての勝利。今季一番の試合で気持ち良く日本を出発することができます。

観客もスタンディングオベーションで日本代表を称えました

試合後の挨拶試合後の光景です。選手はこの瞬間が一番幸せでしょうね。観客も総立ちでよくやった!感謝の気持ちを伝えました。

W杯では目標ベスト8!

リーチマイケル試合後のキャプテンリーチマイケル選手の決意表明です。W杯では目標であるベスト8を達成します!と力強く宣言していました。

ラグビー日本代表の今後の予定について

国内最後の試合を終え、今後は8月31日にW杯の最終登録メンバー31人が発表され、翌9月1日にW杯開催国イギリスへ出発します。

そして9月5日にW杯前最後の試合となるジョージアとテストマッチを行い、9月19日の南アフリカ戦に臨みます。いよいよW杯本番までカウントダウンが始まりました。

日本代表がW杯で目標の予選突破&ベスト8を目指すためにはまずは、初戦の優勝候補南アフリカ戦でいい試合をするのが必須です。この試合で大敗を喫するようではズルズルと4連敗となりかねません。本番まで残り僅かですが選ばれたメンバーには、なんとしても日本のラグビー界を背負っている誇りと自信を胸に気合の入ったいい試合をして欲しいです。

ラグビー関連の記事はこちら
ラグビーW杯の見所を10分で理解するにはこちら
ラグビーワールドカップ2015〜予選の展望と優勝予想〜

 - スポーツ, ラグビー