Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

ラグビー日本代表vs世界選抜の試合を見てきた!結果は完敗

      2015/08/23

ラグビー日本代表の試合8月15日(土)に秩父宮ラグビー場で行われたラグビー日本代表vs世界選抜の試合を見てきました。

試合は20-45で日本が完敗し、7月のパシフィック・ネーションズカップ(PNC)で課題となった守備は改善されず、特に1対1のタックルで大きな相手を止められないことが目立った結果となりました。


ラグビー日本代表vs世界選抜試合レビュー@秩父宮ラグビー場 8月15日

秩父宮ラグビー場試合前の楽しみは秩父宮ラグビー場内で開催されるイベントやショップ巡り。ワールドカップ仕様のユニフォームが新調されたので、ユニフォームが飛ぶように売れていました。

 

芝の綺麗なラグビー専用の競技場、秩父宮ラグビー場

秩父宮ラグビー場秩父宮ラグビー場はラグビー専用の競技場でフィールドと観客席が近く、選手たちのプレーを間近で見れるのが特徴。

なお、明治神宮外苑地区の再開発に伴い、2020年の東京オリンピック開催後、秩父宮ラグビー場は建て替えらる予定です。

 

ラグビー世界選抜の選手が登場!

ラグビー世界選抜

世界選抜の選手がグランドに登場!でかい!オールブラクスで活躍したロックのアリ・ウィリアムズ、南アフリカのスターでNO8のピエール・スピース、身長194cm体重123kgでウイングの怪物タンゲレ・ナイヤラボロもいますね。

 

試合前のラグビー世界選抜記念撮影

世界選抜

秩父宮ラグビー場の南スタンド自由席前で記念写真用に選手が集まってくれました。すげーいい写真。ジェームズ・オコーナー(前列左から4人目)は超カッコイイです。まだ25歳と若く今後にも期待。

世界選抜は主にオーストラリア、ニュージーランド、南アフリカの代表経験者などのスター選手から構成されています。

 

世界選抜は本気!

ラグビー世界選抜

練習での一コマ。試合への本気度が伝わってきます。

 

2011年のラグビーW杯でも活躍した元オールブラックスのアリ・ウィリアムズ

アリ・ウイリアムズ試合前の練習風景です。まさかあのアリ・ウィリアムズを日本で観れるとは!と興奮。2011年のラグビーW杯でNZの優勝に貢献した選手です。

 

世界選抜のキャプテン、バッキース・ボタとアリ・ウィリアムズ

ボタとアリ2人ともポジションはロック、身長は202cmです。左から元オールブラックスのフッカーのアンドリュー・ホア、元スプリングボクス(南アフリカ代表)で今回世界選抜のキャプテンを務めるバッキース・ボタ、アリ・ウィリアムズ。

 

18時試合開始!日本代表のメンバーは15人中、外国人が5人

ラグビー日本代表vs世界選抜試合開始!ジャパンのスタメンはFW1三上、2堀江、3畠山、4トンプソンルーク、5アイブスジャスティン、6ツイヘンドリック、7リーチマイケル、8ホラニ龍コリニアシ、BK9田中、10立川、11福岡、12マレ・サウ、13松島、14カーン・ヘスケス、15五郎丸。

スタメン15人中、外国人が5人、リーチマイケルとホラニ龍コリニアシは日本国籍を取っているので元外国人を含めると7人が外国人。FWの2列、3列は全員外国人で体の大きな選手のポジションは外国人に頼らざるを得ないのが現状。

 

試合序盤から日本代表はミスが多く劣勢

ラグビー日本代表

世界選抜の選手の圧力が強いためかペナルティを立て続けに取られる。オフサイドとかやってはいけないと頭では分かっているものの、試合中は必死なので体が勝手に動いてしまうんですよね。。私もよくオフサイドを取られていました。

 

日本代表応援キャラクター「鉄腕アトム」も登場!

鉄腕アトム前半は7-19で終了。日本の得点はウイングのカーン・ヘスケスによるトライとコンバージョンの7点に留まる。

ハーフタイムでは日本代表応援キャラクターに鉄腕アトム君の登場。選手より人気かも。
・ラグビー協会のプレスリリース 日本代表応援キャラクターに「鉄腕アトム」決定のお知らせ


 

世界選抜ボールのラインアウト

ラインアウトラインアウトで世界選抜とジャパンのFWの選手が並ぶとその体格差が明らか。でもジャパンのラインアウトは安定していました。

 

タックルにいくマレ・サウ選手

タックルなかなか一人では相手を止めることができないので、2人目の選手の早いサポートが必要。この場面では4番のトンプソンルークも止めに入っています。

 

ブレイクダウンの弱さが日本の課題

スクラム

ラグビー

タックルの後など、地面のボールを奪い合うシーンを「ブレイクダウン」といいますが、日本はこのブレイクダウンが弱いのが課題。ジャパンがブレイクダウンでボールを奪うシーンはあまり見られません。ちなみにオールブラックスはブレイクダウンが強くてうまいです。

 

ゴールを決めるベリック・バーンズ

ベリック・バーンズ

ベリック・バーンズは日本のトップリーグ、パナソニックワイルドナイツに所属する選手。元ワラビーズ(オーストラリア代表)の選手でこの日はキッカーを務めました。

 

後半はトライを4本取られる

ラグビー日本代表トライを取られた後のジャパンの選手。スクラムハーフのアンドリュー・エリスとウイングのタンゲレ・ナイヤラボロにそれぞれ2本のトライを取られる。

 

日本代表のスクラムはホントに強くなった

スクラム世界選抜の強くて大きいFW相手のスクラムでも安定。押し込まれるシーンはほとんどありませんでした。FWのスクラム、ラインアウトのセットプレーは問題なしです。

 

秩父宮ラグビー場バックスタンド

秩父宮ラグビー場秩父宮ラグビー上のバックスタンドの席です。日本代表の試合はだいたいこの席も自由席で値段は2,500円なのに、今回の試合は指定席で5,500円と高い!

 

秩父宮ラグビー場メインスタンド

秩父宮ラグビー場メインスタンド

メインスタンドのプレミアム席は15,500円、SS指定席は8,500円とプロ野球並みの高さで席はガラガラ。日本ラグビー協会は日本代表と世界選抜の試合で秩父宮を満員にできないなんて、値段設定とマーケティングを反省すべき。

秩父宮ラグビー場の収容人数は2.5万人でこの試合の観客は1万2,740人と約半分。ちなみにお隣の神宮球場では同じ時間帯でヤクルトvs阪神戦の試合がありこちらはチケットは完売、3.2万人の観客で満員です。

 

試合は日本代表が20-45で完敗

試合終了

南アフリカは世界選抜よりは強いので、仮想南アフリカとの位置づけであった試合にしては物足りない内容でした。

日本代表はパシフィック・ネーションズカップ(PNC)から4連敗でラグビーW杯開幕まで残すところ1ヶ月。次は8月22日(土)に福岡レベスタでvsウルグアイ代表、29日(土)に秩父宮でvsウルグアイ代表と試合が続きます。

日本代表の世界ランキングは15位で、ウルグアイ代表は19位と格下の相手。W杯前の総仕上げとしていい試合を見せて欲しいですね。

 

試合終了後に神宮の空に花火が舞い上がる

花火ヤクルトが得点をとったから?ラグビー日本代表の試合が終わったから?なのか神宮の空に花火が打ち上がりました。

 

試合後エディー・ジョーンズHC、リーチ マイケル主将、ロビー・ディーンズHCのコメント

日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズ

ワールドカップの準備と考えれば素晴らしい機会だった。パシフィック・ネーションズカップ(PNC)でデイフェンスの問題が出たが、それがまた出た。また、ボールキャリアが簡単に倒れるシーンもあった。そうなるとどういう結果になるか、リアム・ギル(世界選抜7番)に学んだと思う。その修正をこの4週間でやらなければいけない。前向きに考え、できると信じている。世界選抜は力強く、いいチームだった。ジャパンの選手たちは頑張った。(22日と29日の)ウルグアイ戦で改善を見たい。

日本代表キャプテン リーチ・マイケル

世界のトップ選手の恐ろしさを肌で感じた。これから何をやらないといけないかはっきりわかった。試合後選手たちで、ブレイクダウンが甘かった、1対1が甘かったと確認し、もっとやらないといけないと話し合った。ひとつずつクリアして、もっといいチームにならないと。(世界選抜は)スーパーラグビーに比べて重かった。どかすのが大変。まさに南アフリカを想定した相手だった。持ち上げようとするタックルをしてきた。そういうことをやってくると意識して練習するしかない。

世界選抜ヘッドコーチ ロビー・ディーンズ

まさにテストマッチだった。バッキース(ボタ主将)がよくチームをコントロールしてくれた。相手をリスペクトして、(ジャパンが)ワールドカップの準備をしているということを理解して戦ってくれた。去年のPNCと今年のPNCは別物。今年はどこも準備している。スピードという部分についても適応して臨むだろう。ターンオーバーからのトライもあった。南アフリカとはすべてを完璧にやらないと難しい。南アと言っているが、その後の試合にターゲットを絞ってやっているだろう。

 - スポーツ, ラグビー