Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

プレミア12日本対韓国戦を見てきた!侍Jまさかの逆転負けで決勝進出ならず

   

プレミア12

11月19日(木)に東京ドームで開催されたプレミア12の準決勝日本対韓国戦を見てきました!

日本が準決勝進出を決めて、ライバル韓国戦、先発は大谷と決まって即ヤフオクでチケットを購入。試合自体は見応えのある内容だったものの、勝ちムード漂う9回にまさかの逆転負け。。とても悔しい試合となりました。


プレミア12準決勝日本対韓国試合開始!

試合開始

侍ジャパンを応援するファンでほぼ満員となった東京ドーム。両チームの国家斉唱で試合開始です。

 

躍動する大谷翔平

大谷

足が長くて球が速い!外野席からみても分かります。この日は序盤からほぼ完璧な内容で、韓国打線を封じ込めます。

侍ジャパンの4番は筒香

侍ジャパン

横浜ベイスターズの星、筒香が侍の4番に。このシリーズ4番を務めてきた中村剛は怪我で先発せず。

 

4回裏中田翔がフォアボールで出塁

中田翔

侍ジャパンの中で最も歓声が上がる大人気の中田翔。4回裏に先頭でフォアボールで出塁。

 

中村晃がヒットでチャンスを作る!

ソフトバンク中村

松田が倒れたあと、中村晃がレフト前にヒットを打って、1アウト一、三塁。

 

平田の先制タイムリーで侍がリード

平田

このチャンスに平田がレフト前にタイムリーを打って1-0と先制。引き続きランナーは一、二塁とチャンス。

 

韓国のエラーで追加点をあげる

嶋

嶋のショートゴロはダブルプレーかと思ったものの、ここで韓国が悪送球で侍が2点目。そして秋山がフォアボールで出塁し満塁となった後、坂本がライトフライを打って3塁ランナーがタッチアップで生還。3-0とリード。

 

150km後半の速球を連発する大谷

大谷翔平

大谷

大谷は150km後半の速球を連発し、三振の山を築く。全く危なげないピッチング。それにしてもまだ21歳、こんな大舞台でも動じず自分の投球ができる凄いピッチャーだ。メジャーも含めた現役の日本人投手の中で一番ではないだろうか。

 

この日大活躍の平田

平田

先制打を放ち、レフトの守備位置につく時に観客の声援に応える平田。この日は平田、中村の下位打線2人がそれぞれヒットを2本打つ活躍。一方上位打線が全く打てず、再三の追加点のチャンスをものにすることができなかった。

 

大炎上!悲劇となった9回表

9回表

松井裕

ピッチャーは7回まで大谷、8回は則本が引き継ぎこれまで完璧に相手を封じ込めてきた。9回も引き続き則本がマウンドに。この則本がまさかの大乱調。3連打を許しあっという間に1点を返されると4人目の打者にはデットボールで無死満塁。この時点で東京ドームはいや〜な雰囲気に。

 

侍J、勝利まであと僅かで逆転される。。

松井

侍J3-1とリードながら大ピンチ。観客も心臓がバクバクで飛び出しそうに。

そして次の松井もストライクが入らず押し出し。9回無死満塁、打たれたら逆転のマウンドというプレッシャーのかかる中でまだ若い松井では厳しいだろう。増井に交代したものの、李大浩に二塁打を打たれ3-4と逆転。快勝モードだったがのがまさかの展開に東京ドームが大きなため息で溢れる。

 

韓国ベンチは大盛り上がり

韓国

最後の大逆転に韓国の選手はベンチを飛び出して大盛り上がり。

 

2死満塁で秋山がファインプレー

秋山

なおも2死満塁の大ピンチで大きなセンターフライを秋山がフェンスに激突しながらキャッチするファインプレー。これで9回裏の大逆転としたかったが、クリーンナップが見せ所なく三者凡退で負け。日本のファンとしては最悪の試合展開となりました。

 

プレミア12日本の韓国戦の敗因

結果論となってしまうが、敗因は小久保監督の選手起用ミスと上位打線の大ブレーキ。大谷は8回まで投げさせるべきだったし、則本は回またぎで登板させるべきではなかった。そして、則本の次は今大会で不安定なピッチングが続く松井と増井。この時点で東京ドームはダメだろう的なムードになりました。なぜ、中継ぎ抑えで実績と実力が上の牧田や山崎を使わなかったのか大いに疑問。

そして、秋山、坂本、筒香、山田、松田がノーヒットに終わったのが痛かった。韓国の投手陣は制球が定まらずフォアボール連発で毎回のようにチャンスがありながら一本出ず。韓国が出したフォアボールは8個もあって、大量得点も可能なのに3点に終わってしまったのが最大の敗因だ。

そして、ヒットエンドランやバスターなどランナーを活かす積極的な采配もなく、ベンチは後手に回った投手交代のみであとは機能せず。攻撃時はほとんどサインが出ていなかったのではないか。

それにしても韓国の対日本戦で見せる勝負強さと執念は凄まじい。前日エコノミークラスで台湾から日本に来て疲労と不満の残る中での試合。大谷には抑えられたものの、9回は代打で出てきた選手が次から次へとヒットを打ち、最後に3点差をひっくり返す粘りをみせた。日本は今後も大事な試合で韓国には勝てないのではないかと思わせるような試合だった。

 - スポーツ, 野球