Live for Today

「今を生きる!」渋谷在住30代男がスポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

ピコ太郎がペンパイナッポーアッポーペン「PPAP」で一気に世界へ!

   

ピコ太郎

一瞬、鼠先輩に間違えてしまうパンチパーマのかつらとちょび髭という独特な風貌の「ピコ太郎」。9,000万人近いフォロワーを持つ、ジャスティン・ビーバーがtwitterで紹介すると一気に人気が拡大、日本でもワイドナショーやとくダネで放送され一躍、時の人となっています。ここで謎の人物「ピコ太郎」について取り上げたいと思います。


ピコ太郎とは誰?

ピコ太郎はかつて「底ぬけAIR-LINE」というお笑いトリオで活動していた「古坂大魔王(こさかだいまおう)」が演じているキャラクターで、古坂は青森県出身の43歳。

底抜け時代はボキャブラ天国や爆笑オンエアバトルで活躍していました。昔からのお笑いファンであれば、「古坂大魔王」の名前を聞いたことがあるかもしれません。

ボキャブラに出演していたので、爆笑問題やくりぃむしちゅー、土田晃之らの芸人と今も仲が良く、売れっ子である彼等のラジオや番組に度々呼ばれ、なんとか食い扶持を稼いでいるようです。

そんな中、8月にYouTubeで「ペンパイナッポーアッポーペン PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen Official)」を公開するとジャスティン・ビーバーが以下のツイート。


9000万人のフォロワーを持つ世界的スターの影響力は凄まじく、PPAPの動画再生回数も急上昇、さらにはBBCなどのメディアも取り上げ、今や動画の再生回数は3,000万回に近くに達しています。

日本では小中学生を中心に真似をする子供が続出、このまま紅白出場も決めてしまうのではないか注目をされています。10月には世界134カ国でPPAPなどをリリース。思わぬ人気沸騰に事務所もホクホクといったところでしょうか。一発のヒットで終わってしまうのか、今後にも注目しましょう。

ピコ太郎/ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)動画

 - 話題のニュース