Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

「チケットキャンプ」に対抗する「チケトレ」。チケット転売屋問題は解決するか?

   

チケットキャンプ

人気アーティストのファンクラブに家族や友人名義で何十口もの会員となり、ファンへの優先枠でライブチケットをゲット、そして「チケットキャンプ」で定価の何十倍もの値段で売りさばく。。

ネット界のダフ屋ともいえる、転売屋(転売ヤー)が問題になっています。

2016年の広島カープの試合では、チケットが全席完売にも関わらず、一部の区画だけ空席となったケースも。転売屋がチケットを買い占めたものの、捌けなかった弊害がこのような形で表面化しました。

中には専用のプログラムを開発し、販売と同時にネットで多くのチケットを買い占める悪質なケースも。


チケット転売屋問題は解決するか?

市場経済の観点から考えると、「5万円払ってでもチケットを欲しい人」と「5万円でチケット売りたい人」の需要と供給がマッチするため問題ないように思えますが、転売屋が汗を一滴も流さずに右から左にチケットを流すだけで、巨額の利益を得ていることがアーティストや主催団体の不満になっています。

転売屋を排除すべく、業界団体などが「チケトレ」という公式二次流通サービスを立ち上げましたが、高く売ることができず手数料も高いことから出品者にメリットがなく、根本的な解決にならないことが明白です。

転売屋を排除し、チケットを二次マーケットに流出させないためには、アーティスト側や主催団体が会員を募る際に、顔写真付きの本人確認書類を提出を求め、さらにライブや試合の時にチケットの他に本人確認書類を確認する。

さらにチケットが不要になった際には買い取る。といったことを徹底しなければ、この問題は解決しないでしょう。

しかし、問題となっているのは一部の転売屋のみ。

ほとんどの利用者はチケットを売る方も買う方も適正な価格の範囲内で売買が行われています。

私もプロ野球の観戦によく行きますが、急に「明後日東京ドームで友人と野球を観たい」となった時、すでに全席完売となっていることが多く、その際にチケットキャンプで定価の1.5倍でチケットを購入したことがありました。

定価に比べて割高ではありますが、急であったことと納得したうえで支払ったので何の不満もなく、試合を楽しむことができました。

世間的には「チケットキャンプ」が悪者になっているような風潮がありますが、チケットキャンプ側に問題があるのではなく、こうなることが予想されたにも関わらず対応を怠ってきた主催側に原因があります。

今になって「チケトレ」という中途半端なサービスを開始したことで、手遅れ感が否めません。

これからも主催側と転売屋のいたちごっこは続きそうです。2020年には日本でオリンピックが開催。

転売屋はこのビックイベントでも一儲けしようとチャンスをうかがっていることでしょう。

 - ライフ