Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

【書評】人気ブログの作り方 〜5ヶ月で月45万PVを突破したブログ運営術〜

      2015/08/25

人気ブログの作り方

このブログも初めてもう少しで1ヶ月。

書くネタも無くなりつつあり、さらに1日のPVが10とかで、モチベーションが続かなくなってきました。時間を割いて記事を作っても、当初思ったよりもアクセスが集まらず現実は非常に厳しいと実感しています。しかもアクセスがないとわかっているのに、GoogleAnalyticsのリアルタイムで今何人見ているか、ちょくちょく確認してしまうんですよね。もちろん表示は常に「0」ですが。。

よく量より質、質より量といわれますが、どちらにしろ、ただブログを書いていても集客はできないだろう、自分から仕掛けなければ!と思いgoogleでブログのアクセスアップに繋がる施策を調べたところ、たどり着いたのがこの「人気ブログの作り方」

kankichi

よく見るとこの本を書いているのは「カエレバ」でお世話になっているかん吉さん。値段もkindleで280円と激安だったので、即購入。そしてkindleデビューを果たしました。

kindleって専用の端末を持ってないと見れないと思っていたんですが、imacでも見れるんですね。

食い入るように読むこと約40分。あっという間に読み終わりました。余韻が冷めぬ内に書評を書きたいと思います。

 


かん吉さんとは

かん吉さんはわかったブログというブログ界では有名なブログを運営されていて、そのブログの中でアクセスを集めるブログの書き方やノウハウを惜しみなく提供し、多くのブロガーのメンター的存在といってもいい方です。

プロブロガーとしてだけでなく、ウェブマーケター、ウェブ開発の分野でも活躍されており、さらにすごいのはマラソンを趣味とされており、そのベストタイムはなんと3:10と驚きの速さ。

ブログやWeb関連の仕事で独立され、さらにマラソンでも結果を出されていてまさに私が理想とするようなライフスタイルを実現されています。

「人気ブログの作り方」はかん吉さんがそのブログの人気ブログの作り方カテゴリーから記事を厳選して、感想などを付け加えたもの。最初の「はじめに」から惹きつけられ、あっという間に読み終えました。

 

「人気ブログの作り方」レビュー

ブログタイトルのつけ方

私は商品を紹介する記事で、商品名をタイトルにするのではなく、「商品を買った後に待っている快適で素晴らしい生活」をイメージできるようなタイトルを心がけました。

なるほど!と納得しました。ブログを書く上でタイトルはSEO上で重要で、検索サイトでも太文字で表示されクリックするかしないかの大きな判断材料となるので、自分でも工夫してつけていたつもりでしたが、今思うとその内容はシンプルで、インパクトのあるタイトルであればよいと思っていました。

商品名やキーワードをタイトルに無理やり入れ込むのではなく、この記事を読むとあなたにとって役に立ちますよ、ライフスタイルが向上しますよということをイメージできるようなタイトルにすることが大切ですね。

またかん吉さんは「自分に関係がありそうだと思ってくれるようなタイトル」を意識しているそうです。意識することでツイッターからのアクセスが増えたとのこと。言われてみるとその通りなんですが、ここに気づく人と気づかない人がブログで集客できるかの違いなんでしょうね。

ブログは毎日更新、あれこれいう前にとりあえず三ヶ月続ける

これからブログを頑張ろうと思う人へ。まずは三ヶ月毎日書く。話はそれからだ。

この本の中で一番心に残っているメッセージです。ブログを一ヶ月も続けていないのに、モチベーションが下がり、自信を無くしつつあった自分が恥ずかしいです。

まだまだブログを始めたばかりで、人間でいうとよちよち歩きの赤ちゃんのような状態にもかかわらず、一日のアクセス数だの、アドセンスの収益を気にするのはまだ早いですね。アクセス数が◯人とかゴチャゴチャ言わずに、今はとにかく書け!ということ。

まずは3ヶ月毎日更新することは最低限のノルマで、かつ1日3回記事を更新することを目標にして、そのノルマを達成してから、悩み考えたいと思います。

記事の内容は誠実に書いて信用を積み上げる

10人中9人に好かれなくても、残りの一人から熱狂的な支持を受けるほうが、結果として大きな信用を積み上げることができます。

ブログの集客だけを意識して記事を書くと、読み手の受けがいいように、ついつい大げさになったりしてしまいます。適当なことや嘘を書くのは言語道断、書く内容についてはしっかりと責任を持って、その中に自分の意見や個性を主張するのが重要です。

この部分を読んでいて思い出したのが、携帯やwifiの広告。「期間中は使い放題、制限なし!」「キャンペーン期間中は○%オフ!」などと、チラシやHPの上にデカデカと書いているものの、よーくみると下のほうの注釈で但し書きが多数あって、詐欺のような広告が多いです。もちろんそういう会社で契約することはありません。

当たり前のことですが、読者の方を思って誠実に書くことが最も重要ですね。それがいつかは信用につながり、固定ファンの増加につながると思います。

ブログの主役はサイトから自分へ

自分の視点を意識して、自分の言葉で語るブログを目指すべきです。商品レビューなどは、どうしても「商品」が主役になってしまいます。そこを無理やり自分を主役に持っていくのです。自分の経験や知見を補助線として、「商品」を語るのです。

ブログで自分が使っている商品を紹介してもただその商品のレビューをするだけでなく、あくまでその商品を使っている自分を主役としてその商品を語る。確かにただ単に記事の内容が商品だけの紹介になってしまったら、楽天やamazonなどのネット販売サイトと同じですからね。

ブログの主役は自分なので、記事の内容に関わらず、自分の意見や考え、経験を盛り込んで個性をPRすることが重要です。

ブログ名は自分の人生のスローガン的なものを

ブログ名は、インスピレーションで決めればよいと思います。個人的には世界観やイメージが湧くようなブログ名がベストだと思っています。

ここの箇所を参考に当ブログのタイトルを「Live for Today」に変更しました。それまでは名前をブログ名にしていたのですが、それだと個性がないので、脱サラをしWebサービスを自分で作り楽しく生活するという目標がわかるようなブログ名にしようと考え、今の名前にしました。

自分で言うのもなんですが、英語を使ってかっこをつけたのですが、そこそこいいブログ名になったと思います。

自分の活動のすべてをブログに落とし込む

「わかったブログ」を毎日更新をしながら考えていたのは、「自分の活動のすべてをブログに落とし込む」ということです。

ブログを書くネタがない、ブログを毎日書くのが難しいと思っても、よく考えてみると毎日朝起きて、新聞を読み、ご飯を食べ、本をよんだりどこかに出かけたり、人と会ったりして毎日活動をしているわけで、その中の一つでもブログとして記事に書き起こせばネタに困ることもありません。

日常にブログのネタは溢れているので、ブログを書くということを頭の片隅にいつも入れておいて、ブログを書くときにそれを引っ張り出してくれば、ネタに悩むことも少なくなりますね。

また、いつも家の中に籠っているようでは面白いことや刺激的なことに出会うこともなかなかありません。外に出かけてイベントに参加するなり、人に会うなりして積極的に行動するもの重要だと改めて思いました。

すべては読者のために

ブログも、他人を喜ばせるために、他人を強く意識して記事をポストすることで、自分の喜びとなり「信用・信頼」という、社会において一番大切な価値を得ることができます。

ブログで成功している方のブログに共通する点は、いかに読者に役立つ情報、面白い情報を提供しているか、つまり「読者のため」のブログになっているかということだと思います。例えば、便利なWebツールはWebでの作業を減らして快適に、ブログを書いている人の面白い経験談は一時の娯楽を、生きる上での知恵はライフスタイルの向上をもたらします。

人がブログに求める内容は様々ですが、この「読者のために」ということを意識することで記事の内容も向上し、ブックマーク、アクセスアップにつながるので、この一番重要なことを忘れずにしたいものです。

 

「人気ブログの作り方」目次

1 これからブログを頑張ろうと思う人へ。まずは三ヶ月毎日書く。話はそれからだ
2 ツイッター時代に注目される、ブログ記事タイトル9つのルール
3 人気ブログになるためにただ一つ考えるべきこと
4 ソーシャル時代において「ブログ」の重要性がさらに増す理由
5 SEO終了のお知らせ
6 ブログでアフィリエイトをやってはいけない理由
7 ソーシャル時代を勝ち抜く「ブログタイトル」の決め方
8 文章力が無くても、面白いブログ記事を書く秘訣
9 ブログのアクセス数を半年で12倍にした私の戦略
10 ブログはすべて「レビューブログ」に帰結する
11 自分の活動の実績はしっかり残す。ブログを人生の母艦にする考え方
12 面白いネタは日々の生活の中にこそある
13 ブログを成長させるには、成長レベルに合わせた施策が必要だという話
14 良い記事を書いていればブログは成長するとは限らない
15 ブログ成功の本当の理由
16 すべては読者のために
17 半年続けても上手く回らないと感じるブログは、方向修正した方が良いかもしれない
18 同じことを何度も書く重要性

 - 書評