Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

2015年プロ野球選手が選ぶ凄い投手!スピード、コントロール、変化球部門

   

大谷翔平

日本人選手のメジャー流出が相次ぐ中、日本のプロ野球のレベルと人気低下が懸念されましたが、そんな心配はどこ吹く風で今年もプロ野球は大盛り上がりでした。日本の野球の層の厚さを感じます。

毎年恒例、スポルトでは現役選手100人に調査を行い、各部門のTOP5を発表しています。それでは選手が選ぶスピード、コントロール、変化球に優れたピッチャーを見ていきましょう。


現役プロ野球選手100人が選ぶ凄い投手2015年版

スピードボール部門

順位 名前 チーム 得票数
1位 大谷翔平 日本ハム 54票
2位 サファテ ソフトバンク 12票
3位 藤浪晋太郎 阪神 7票
4位 ポレダ 巨人 6票
5位 バンデンハーク ソフトバンク 4票

1位は半数以上の54人と圧倒的支持を得た大谷翔平。最速は162km、2015年は防御率2.24で15勝を挙げ、最多勝利、最優秀防御率のタイトルを獲得。日本を代表するというよりは、歴代の中でもベストピッチャーといえる逸材です。

同年代のライバルの藤浪も3位にランクイン。二刀流の大谷に負けず、藤浪には大谷に追いつけ追い越せで頑張ってほしいものです。番外編として名前が上がったのが日ハムの谷元。身長166cmと小柄ながら140km台後半の速球を投げ、中継ぎで大活躍。プロで活躍するためには身長が高いのは有利ですが、絶対ではないのがよく分かります。

変化球部門

順位 名前 チーム 球種 得票数
1位 前田健太 広島 スライダー 13票
2位 武田翔太 ソフトバンク カーブ 9票
3位 大谷翔平 日本ハム フォーク 8票
4位 松井裕樹 楽天 チェンジアップ 7票
5位 若松駿太 中日 チェンジアップ 7票

変化球といえばマエケンのスライダー。ベース前で急に曲がってバッターは空振り三振というシーンを何度も見ました。ヤクルトの石川のシンカーとか、藤浪のフォークもランクインすると思ったけど5位には入らず。得票数が1位でも13票と少ないので、票が割れたのかもしれないですね。

番外編として名前が上がったのが広島黒田のツーシーム。メジャー仕込みの球にバッターを「うぉっ。」となったようです。

コントロール部門

順位 名前 チーム 得票数
1位 金子千尋 オリックス 19票
2位 前田健太 広島 18票
3位 西勇輝 オリックス 12票
4位 石川雅規 ヤクルト 7票
4位 岸孝之 西武 7票
4位 菅野智之 巨人 7票

金子、マエケンの1位、2位は鉄板ですね。意外なのがベイスターズの番長三浦が入っていないこと。神宮で三浦が投げた試合を見ましたが、とにかくコントロールがよくて試合のテンポが早かったのを覚えています。

ピッチャーはスピードよりもコントロールとよく言われ、メジャーや日本のプロで活躍している投手は前提としてコントロールがよく、大崩れしたり、序盤で崩れないこと。まずは制球を磨いて、球の速さはそれからですね。

番外編として名前が上がったのが、ソフトバンクの摂津。確かに摂津もTOP5に入ってもいい選手。ここ2年間はそれぞれ10勝と実力からすると物足りないものの、日本一のチームのエースとして来年に期待したいです。

 - スポーツ, 野球