Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

組織委が使用中止を決定!佐野研二郎氏東京五輪エンブレム

      2015/10/02

佐野研二郎

東京オリンピック大会組織委員会は佐野研二郎氏がデザインした東京五輪エンブレムの使用を取りやめる決定をしました。

ここ数日で新たに佐野氏が作成したエンブレムの原案が展覧会のポスターに似ていることやエンブレムの展示例のイメージ図も盗用の疑いが濃くなったことにより、組織委員会も観念したようです。


佐野氏制作の東京五輪エンブレム「原案」とヤン・チヒョルト展のロゴがそっくり

佐野研二郎左が8月28日に組織委員会が盗作疑惑を晴らすために会見した際に公開した、佐野氏制作の五輪エンブレムの原案。

そして、右が2013年に開かれたドイツのデザイナーであるヤン・チヒョルト氏の展覧会のロゴ。これをデザインしたのが、グラフィックデザイナーの白井敬尚氏で白石氏は「佐野さんの原案については、いまの段階で申し上げることはない。」と述べています。

2つを比べてみると確かにそっくり。ここまでの偶然があるのだろうか?と疑問に思います。それにしても、組織委員会が佐野氏の盗用疑惑を晴らすために開いた会見で公開した原案がさらなる盗用疑惑を生むという皮肉な結果に。もうここまでくると、笑えてしまいます。

佐野氏制作の五輪エンブレム展示例は個人ブログから盗作か

五輪エンブレムの展示例(空港版)

エンブレム展示例

これが佐野氏が五輪エンブレムの展示例として空港内での使用を想定して作成したものです。空港内に五輪エンブレムがぶら下がっています。

 

五輪エンブレム展示例そしてこの写真は外国の方の旅行ブログSLEEPWALKING IN TOKYOの写真です。見えにくいですが、写真の右下に著作権を意味するコピーライトが薄く記載されています。

この2つを見比べると「E」や「D」のマークだけでなく、映っている人まで同一。左下の警察官を見比べると良く分かります。佐野氏の展示例の方は右下のコピーライトもしっかり消えています。これは完全に盗作でアウト!でしょうね。

五輪エンブレムの展示例(渋谷版)

五輪エンブレム

次にこれは佐野氏が五輪エンブレムの展示例として作成した渋谷の画像です。

 

五輪エンブレムこの写真は外国の音楽フェスティバルtomorrowlandのサイトに掲載された写真です。ここに映っている人達と佐野氏の展示例の人を比べてみると・・なんと映っている人が同じ!ちょっとズレていますが、左下のドイツの国旗らしき旗を中心に見比べると同じものと分かります。

東京五輪エンブレム

そしてこれはイギリスのデイビッドさんがrandomwire.comで公開している渋谷の写真です。パッと見良くありがちですが、雲を比較すると雲の形が完全に一致します。つまり佐野氏が作成した五輪エンブレムの展示例はこの2つの写真を組み合わせたもの!ここまで一致すると逃れようがありません。

東京五輪エンブレムは官・民の出来レースにて決定し、組織委員会が会見を開いてまで盗作を否定したものの、ようやくここにきて使用中止へ。

これまでの混乱ぶりと遅い対応は新国立競技場の建設問題とまさにそっくり。このままで2020年のオリンピック本番はどうなる?と非常に心配です。

しかし、エンブレムと競技場の建設が白紙となったのも国民が東京オリンピックに大きな関心を寄せ、より良いオリンピックにしたいとの思いが強く、ネットなどで個人が声を上げたからだと思います。

少なくとも混乱はあったものの一旦白紙になって良かった。これからも2020年の東京オリンピックを成功させるべく、オリンピック関連のニュースに注目し、おかしいことはおかしい!と声をあげていきたいと思います。

<関連記事>
東京五輪エンブレムに盗作疑惑!問題続出の東京オリンピック大丈夫?
佐野研二郎氏、東京五輪エンブレムに続き、盗作が次から次へと発覚し謝罪
東京五輪エンブレムの選考は出来レースだった!審査員と佐野研二郎氏につながり
セブンイレブンの「おでんPOP」が東京五輪エンブレム仕様と話題に!
佐野氏の盗作疑惑続出!東山動植物園、Tシャツの他太田市美術館も?
佐野研二郎氏が会見!東京五輪エンブレム盗作疑惑について
佐野研二郎作五輪エンブレムについて組織委が原案を公表→疑惑は晴れず

 - 話題のニュース