Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

東京五輪エンブレムに盗作疑惑!問題続出の東京オリンピック大丈夫?

      2016/09/09

東京オリンピックエンブレム

 

新国立競技場の建設問題ボランティアのダサい制服に続き、今度は東京オリンピックのエンブレムについて、ベルギーのリエージュ劇場ロゴと東日本大震災からの復興のために作った画像に似ていることから、エンブレムの盗作疑惑が報じられています。

もういいかげんにしてくれよ!と怒りが込み上げてきますが、次から次へと出てくる問題に2020年の大会はどうなるの?と今から心配になります。

上の画像は左が東京オリンピック、右がパラリンピックのエンブレムで、これがシンボルマークとなるはずですが、雲行きが怪しくなってきました。


東京オリンピックのエンブレムとベルギーのエージュ劇場のロゴ

東京オリンピックのエンブレムとリエージュ劇場のロゴ左がベルギーのデザイナーのオリビエ・ドビ氏が作成したリエージュ劇場のロゴで、右がアートディレクター佐野研二郎氏が作成した東京オリンピックのエンブレム。

佐野氏によるとこのデザインは「東京」「チーム」「トゥモロー」の頭文字を取った「T」がモチーフで、すべての色を混ぜ合わせるとできる黒で「多様性」を表現し、日の丸の赤を盛り込む和風テイストにしたとのこと。

確かに「T」の部分が似ていますが、ロゴなんてこの世に限りなくあり、探せば類似性の高いものは出てくるので、なんとも言えない気がします。

気がかりなのは東京オリンピックのエンブレムを作った佐野研二郎氏がこの問題について「その件についてお答えすることはできません。詳しいことは東京五輪組織委員会に聞いてほしい。」と回答し、明確に否定していないこと。

やっていないなら、はっきり「やっていない」と言えばいいものの煮え切らない回答から疑念が高まります。

一部でオリビエ・ドビ氏の売名行為との批判もありますが、ドビ氏は法的措置を取ると明言しており、エンブレムも一からやり直し?という可能性も出てきました。なお、劇場のロゴは、リエージュ・シアターの「T」と「L」が白黒の2色で構成されています。

<関連記事>
佐野研二郎氏が会見!東京五輪エンブレム盗作疑惑について
佐野研二郎氏、東京五輪エンブレムに続き盗作疑惑が次から次へと発覚!
東京五輪エンブレムの選考は出来レースだった!審査員と佐野研二郎氏につながり

東京オリンピックのエンブレムと東日本大震災からの復興のために作った画像

東京オリンピックのエンブレムと東日本大震災からの復興のために作った画像

左が東京オリンピックのエンブレムで右がスペインのデザイナー事務所が東日本大震災からの復興のために作った画像です。

配色とフォントが似ていますね。スペインのデザイナー事務所は「たまたま一致したのではないかと思うが、仮に私たちのデザインが何らかの影響を与えていたとするなら光栄なことだ。」と述べており、こちらは問題にはならない見込みですが、ベルギーの疑惑からこちらにも飛び火した印象です。

東京オリンピック組織委員会では、半年以上かけて世界各国で似たようなデザインがすでに登録されていないかどうか、IOCと情報交換しながら確認したうえで、国際商標登録を申請し、今回の発表に至ったとのことです。

日本政府幹部、IOC関係者のコメント

舛添東京都知事

似ていると言われれば似ているが、組織委員会が責任を持って決めたと聞いている。組織委員会からは特段、問題はないと説明を受けた。ベルギーのデザイナーから法的な訴えがあれば対応しなければいけないが、経過を見て行きたい。

菅官房長官

大会の組織委員会からは、発表前に国内外における商標調査をへており、問題ないと報告を受けている。

東京オリンピック組織委員会

各国の商標をクリアしており、問題になるとは考えていない。

IOC副会長

その話は今初めて聞いたが、なかなか信じがたい。東京の組織委員会は、デザインを決める過程の中で、ロゴマークを守るために正しい手続きをしているはずだ。

IOC広報部長

ロゴのデザインで同じことはしばしば起きる。リオデジャネイロオリンピックのロゴマークも、多くの人がほかのロゴとデザインが似ていると言っていた。東京の組織委員会とはこの件で連絡を取っている。重要なのは、東京オリンピックとパラリンピックのロゴマークは、若い日本人のデザイナーによるすばらしいものだということだ。

商標権などに詳しい福井健策弁護士

人々が見たときに混同するほど似ているときに商標権侵害が成立する。例えば、デザインの特徴がそっくりである場合は、混同しやすいので商標権侵害になりやすいが、何となく似ているなという程度では侵害にはならない。

大規模なイベントや世界的にヒットした作品は多くの人が注目するので、著作権や商標権を巡るクレームを受けることは全く珍しくない。法律的にはセーフだとしても、指摘に対しては丁寧に説明することが大規模イベントの宿命だと思う。

なお、来年開かれるリオデジャネイロ大会のエンブレムも、アメリカの非営利団体のロゴとよく似ていると指摘されています。

<新国立競技場建設問題の関連記事>
安倍首相「新国立競技場」の白紙を表明!
新国立競技場の建設について私の提言「白紙で一からやり直し」
新国立競技場問題。渡辺謙、橋下市長、森永卓郎も反対!
問題だらけの新国立競技場の建設。デザイン決定後の経緯
ボランティアの制服ってマジこれ?問題だらけで心配な東京五輪
佐野研二郎氏、東京五輪エンブレムに続き盗作疑惑が次から次へと発覚!
東京五輪エンブレムの選考は出来レースだった!審査員と佐野研二郎氏につながり

 - 話題のニュース