Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

清宮君以上か?最速145kmのスーパー中学生根尾昂君が凄まじい!

      2015/11/11

根尾昂投手清宮幸太郎君の甲子園フィーバーに続き、弟の福太郎君も世界選手権で活躍し日本中から注目を集めている清宮兄弟。そんな彼らを凌ぐかもしれないほどの実力を持っている中学生がいます。

それは岐阜県飛騨高山ボーイズの投手根尾昂(ねおあきら)君。まだ中三にもかかわらず最速145kmの豪速球を投げ込みます。


注目!飛騨高山ボーイズの投手根尾昂君

私も中学時代野球をやっていたのでよく分かるんですが、中学で120km投げればかなりの速球派としてその地域で有名になり、130kmを投げると怪物とされ全国の強豪高校からスカウトされるレベルです。

甲子園に出るレベルのピッチャーでもストレートは平均で130km前半くらい。140kmを超えるのは稀で高校で140kmを投げるとプロからも注目されます。

中学時、私の周りには130kmを投げるピッチャーはいませんでしたが、根尾君はなんと中三で最速145kmと高校野球のトップレベルのピッチャー並みのボールを投げることができます。動画でも彼が投げる度、観客のどよめきが起こっていますね。

中三の現在は間違いなくトップレベルの選手ですが、将来プロで活躍するためにはこれから高校時代でいかに伸びるかが重要です。中学、高校時代に完成された凄い選手でも大学やプロでは全然ダメだったというのはよくあるケース。

あまり投げすぎず、高校の3年間は走り込んだり、体を大きくして鍛え、スケールの大きな選手になって欲しいです。年は清宮君の1つ下なので、甲子園で早実清宮君との戦いもあるかも!これからも根尾昂君に注目したいと思います。

 - スポーツ, 野球