Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

なでしこ1-0でオーストラリア撃破で4強!岩渕が決めた!次は決勝をかけイングランド戦

      2015/08/26

なでしこ

サッカー女子W杯決勝トーナメント準々決勝でなでしこジャパンはオーストラリアと対戦し、後半終了間際に岩渕がゴールを決め1-0で勝利しました!

グループCで3連勝、決勝トーナメント1回戦ではオランダを2-1で破ってFIFA世界ランキング4位の実力を見せつけたなでしこは、この日も主導権を握る展開となりました。

前半からボールをキープし積極的にオーストラリアゴールに襲い掛かるものの、なかなか得点は奪えず、前半は0-0で折り返し。

後半に入ると30度近い暑さの中、体力が消耗するものの運動量は衰えず、延長戦も見えてきた後半42分、途中出場の岩渕がコーナーキックからのこぼれ球を決めてゴール!

その1点を守り切り、1-0でオーストラリアに勝利しました。

次は決勝進出を懸けて7月1日午後5時(日本時間2日午前8時)からイングランドと対戦します。

 


試合後の監督、選手のコメント

佐々木監督

選手も頑張って、ボールを動かしながら、粘り強く、最後は仕留めていただいて。日本の皆さんの朝早くから応援していただいたパワーが届いたんだと思います。根気強い、なでしこジャパンのサッカーが実を結んだんだと思います。よく頑張りました。継続して、次のステップを目指して頑張るだけですね。なんとかファイナルに皆さんとともに行きたいです。

キャプテン宮間選手

途中から気持ちが強い方が勝つという確信があった。そこは絶対負けない自信があった。本当にたくましいチームメートたちです。ここまで来たら今日のような試合になると思うので、気持ちの強い方が勝つ。W杯を取りに来ているので、もう一度気を引き締めなおしてやっていきたい。

岩渕選手

素直にうれしいです。前半から暑い中、全員が頑張ってプレーしていたと思うし、最後までみんなで点を取りにいっていたので、本当に勝ててよかったです。まだ、なでしこでゴールが少ないんですけど、こうやってまた、大事なところで決められる選手になりたいな、と思います。

MVP宇津木選手

最後は気持ちしかなかった。最後はそれに尽きる。自分からしたらみんながMVP。日本の持っている技術が世界に通用することを発揮できたのが良かった。準決勝? 気持ちは切らさないけど、(間隔が)3日間あるのでリフレッシュして、体と心をクリアにして、もう一度集中しなおせるようにしたい。

大野選手

みんなが最後まで信じて戦ったので、その結果だと思います。課題はホントにフィニッシュのところ。最後まで、みんなで1つになって戦っていきたいと思います。

女子W杯2015決勝トーナメント

soccerking

出典:soccerking

 - スポーツ