Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

LINEが「LINEモバイル」の先行受付開始!LINEフリー、コミュニケーションフリープランについて

      2016/09/13

 

lineモバイル

LINEが9月5日〜「LINEモバイル(MOBILE)」の先行受付(先着2万受付限定)を開始しました。先行受付にて使用状況を確認しながらモニタリングを行い、本サービスの開始は10月1日〜となります。ここではLINEモバイルのサービス内容をわかりやすくまとめました。


LINEモバイル(MOBILE)の特徴は?

LINEモバイルの最大の特徴とメリットは「安さ」。最も安いプランだと500円〜利用することができます。安かろう悪かろうでは?と思うかもしれませんが、通話に関してはdocomoのネットワークを利用しているため、電話がつながらないということもなさそうです。

使用できる端末は新たにLINEモバイルで購入した端末か、LINEにてSIM動作を確認済み端末で、iphoneの場合は5s、SE、6、6sなどここ数年内に販売されたものであれば使用することが可能。ドコモ、au、ソフトバンクから電話番号を変更することなく乗り換えることができます。

また、LINEでのチャットや通話、タイムラインの閲覧はどのプランにおいても使い放題で、データとしてはカウントされません。ただし、音楽や動画、ゲームは別料金となるので注意が必要です。

サポートも充実しており、電話やチャットで専用のオペレーターに問い合わせすることができ、初心者でも安心といえそうです。

LINEモバイルの料金プランは?

LINEフリープラン(通信用容量は1GB

プラン 料金
データ通信のみ 500円
SMS対応 620円
音声通話対応 1200円
(通話料:20円/30秒)

もっとも安いのがLINEフリープラン。スマホをLINEでのチャットや通話でしか使わないけど、それだけで十分という人にとってはオススメ。080や090の電話も必要の場合は音声通話対応のオプションをつけることになりますが、それでも1,200円+通話料のみとなり、3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で契約している人にとっては、かなり安くなるでしょう。

コミュニケーションフリープラン

プラン 通信料 料金
データ通信+SMS 3GB 1110円
5GB 1640円
7GB 2300円
10GB 2640円
データ通信+音声通話 3GB 1690円
5GB 2220円
7GB 2880円
10GB 3220円

コミュニケーションフリープランではLINEでのチャットや通話の他、TwitterやFacebookの利用も無料となります。このプランはスマホでブラウザを閲覧したり、動画を見たり、ゲームをする人向けのプランで、使用するデータ量に応じて3GB、5GB、7GB、10GBから選択します。

通信量を使いきった場合、通信速度が200kbpsに制限されるものの、引き続きLINEやTwitterは使用可能で、通信量を追加(チャージ)で購入することもでき、その場合価格は0.5GBで500円、1GBで1000円、3GBで3000円、逆に使い切らなかった分は翌月末まで持ち越し可能。

自分がどのくらいのデータを使ったかは、LINEモバイルのマイページで確認することができます。

LINEモバイル(MOBILE)はこんな人に向いている

・スマホで080、090の電話はほとんど使わず、LINEでの通話やチャットを主に利用。

・ドコモ、au、ソフトバンクの費用が高く、スマホ代を抑えたい。

・スマホで動画を見たり、ゲームをすることが少ない。

・子供に初めて持たせるスマホ用として。

LINEのMVNO、格安SIMへの参入で、これらの業者のサービス競争がさらに激しくなり、結果として私たち消費者が安く高品質なサービスを受けることができそうです。スマホで一月に5,000円以上支払っている方はぜひLINEモバイルを検討してみるとよいでしょう。

 - 話題のニュース