Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

東京喜多マラソンで初マラソンを走ってきた!結果はハーフでリタイア・・

      2016/02/01

東京喜多マラソン

1月17日(日)に初のフルマラソンに挑戦してきました。申し込んだのは東京喜多マラソンで、足立区の荒川沿いの河川敷を走るコースです。

ランニングを始めて10ヶ月、これまでの努力の結果が完走という形で証明できるか頑張ったものの、結果は。。


東京喜多マラソンでの初マラソンの記録(2016年1月17日)

この喜多マラソン、ランネットで見ると評価は最悪で、運営者の熱意がない、ハーフの折り返し案内がなかった、給水がしょぼすぎ等々・・プチ炎上しています。確かにHPがないのもちょっと怪しい。。

しかし、スケジュール的に1月はこのマラソンしか申し込める日がないので、なんとかなるだろうと喜多マラソンに申し込みしました。

値段はフルマラソンは5200円、集合が8時50分、スタートが9時30分です。

 

喜多マラソンは足立区荒川沿いがコース

荒川

場所は足立区で最寄りの駅は日暮里・舎人ライナーの足立小台駅。山手線の日暮里駅から足立小台駅は10分ほど。駅を降りると他にも参加者が多数いて、その方達の後をついていきました。

 

喜多マラソン会場

駅から徒歩15分ほどで、喜多マラソンの集合場所に着きました。河川敷の広場に仮設のテントやらトイレが並んでいます。トイレには30人ほどの列ができていました。

 

ラジオ体操

主催が北区ラジオ体操連盟健走会という団体が行っているためか、スタート前にみんなでラジオ体操を行いました。久しぶりのラジオ体操。気持ちいいものです。天気はこの通り快晴で風もなく絶好のマラソン日和。

喜多マラソン

いよいよスタート。特にタイム順に整列することもなかったので前の方に並びました。

 

12km地点

距離は2km毎に表示されています。始めて走るコースのためか、普段練習で走っているよりも疲れます。

 

18km

申し込んだ11月の時点では1月にフルマラソンは完走できるだろうと思っていたものの、現実は厳しかった。。15kmを過ぎた時点で足に痛みを感じ、18km時点ではなかなか足が前に進まず、フルマラソン完走はほぼ不可能に。

 

ゴール

喜多マラソンではスタート&ゴール地点が同じで、何度かこの場所の前を行き来するのですが、フルマラソンは2周するところ、ハーフの1週終了時点でリタイア。。係りの人がゴールテープを持っていましたが、そこはさすがに遠慮しました。

この後、バナナとリンゴとポカリ、牛乳を貰って痛い足を引きずりながら歩いてションボリ帰ることに。

 

喜多マラソンの結果的にハーフになった記録

喜多マラソン

距離は21.4km、時間は2時間32分でした。あのペースでフルを走ると5時間もかかるのかとリタイアした上に自信がなくなる結果に。

 

初マラソン挑戦の感想

練習では20kmを走ることが出来ていたので、ゆっくりペースなら42kmも走れると思ったら足に疲労と負荷がかかって痛くなり、途中リアイア。結果的にハーフを走ったことになったのですが、最後にフルマラソンの1位の人に追い抜かれそうになりました。。練習でできなことが本番ではできるはずがないということを改めて認識。

喜多マラソンですが、走ってみて特に不満はありませんでした。コースはずっと平らで走りやすく、給水所も水のみでしたが5kmほどの間隔であり冬ということもあって喉も乾かず。ただ、参加賞のトートバックに「喜多マラソン。北区ラジオ体操連盟健走会」とプリントされてあるのはどうかと。このデザインのバックでは外では使えません。

他のマラソン大会で走った経験がないので比較はできませんが、費用の5,200円に見合っているかと言われたら?となってしまいますが、こんなもんかという印象です。

次は3月20日の板橋Cityマラソンに申し込んでいます。今度こそはなんとか完走しなければ。後残り2ヶ月でなんとか完走できる体に仕上げてリベンジしたと思います。

 - スポーツ, ランニング