Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

2016年のサミットは伊勢志摩で決定!注目される伊勢神宮について説明できる?

      2015/08/25

伊勢志摩サミット

2016年5月26日(木)と27日(金)に開催される日本でのサミット(主要国首脳会議)の開催地が三重県志摩市で開催されることが決まりました。会場地は伊勢神宮にも近い志摩市賢島(かしこじま)で日本での開催は平成20年の北海道洞爺湖サミット以来8年ぶりとなります。

開催地には仙台市、新潟市、長野県軽井沢町、浜松市、名古屋市、神戸市、広島市も立候補をしていましたが、志摩にした理由として安倍総理は「日本の美しい自然、豊かな文化、伝統を世界のリーダーたちに肌で感じて味わっていただける場所にした」とのこと。

その他志摩市に決定したポイントは以下の項目となります。

・伊勢神宮に近く伝統文化を対外的に発信するメッセージ性を重視
・三重県は伊勢神宮参拝に伴う国内外の要人警護の経験が豊富
・賢島は陸路での進入が2本の道路橋に限定されており警備しやすいこと
・賢島が伊勢志摩国立公園に指定されている景勝地

なお、サミットの前に開催される関係閣僚会合は以下の開催地にて決定しました。

・外相会合 広島市
・財務相会合 仙台市
・農相会合 新潟市
・科学技術相会合 つくば市
・環境相会合 富山市
・交通相会合 軽井沢町
・保健相会合 神戸市
・教育相会合 倉敷市
・情報通信相会合 高松市
・エネルギー相会合 北九州市

2016年のサミットが開催されこれからますます注目を浴びる志摩市賢島と伊勢神宮。ここでは名前は知っているけれど、どういう神社であるかはなかなか説明できない伊勢神宮についてまとめたいと思います。


伊勢神宮とは


日本全国にたくさんある神社の中で、古来から特別な神社として敬われ、全国約8万社の神社の本宗が伊勢神宮です。その理由として伊勢神宮でお祀りしている神様は天照大御神(あまてらすおおのかみ)で、日本にいる多くの神様の中でも最も尊い存在が天照大御神とされているからです。

伊勢神宮の中心は、「内宮(ないくう)」と「外宮(げくう)」のふたつで、通常お伊勢詣りというと、この内宮と外宮の二つを回ることとされています。参拝は外宮から内宮の順番で参拝するのが正しい順序です。

内宮のご祭神は天照大御神(あまてらすおおみかみ)で、日本人の総氏神といわれる存在です。外宮のご祭神は豊受大御神(とようけのおおみかみ)で、天照大御神の食事をつかさどり、産業や食事に関する神様です。伊勢神宮は皇室の氏神である天照大御神をまつるため、皇室との結びつきが強く、多くの皇族の方も参拝されています。

伊勢神宮をYouTubeで学ぶ

この15分の動画を見るだけで伊勢神宮の基礎についてバッチリ理解できます。

 

伊勢神宮をiphone,ipad,macで学ぶ

神主さんが教えたい伊勢神宮

isejingu

第1章 そもそも伊勢神宮とは?
第2章 伊勢神宮の春夏秋冬
第3章 伊勢神宮の神主さん
第4章 正しい参拝マナー
第5章 「内宮」「外宮」のご案内と歩き方
第6章 伊勢神宮の125
第7章 神様のお食事
第8章 「しき・ねん・せん・ぐう」?
第9章 伊勢の豆知識
第10章 伊勢神宮検定クイズ
第11章 神話紙芝居

 

 

伊勢神宮のことだけでなく、参拝のマナーをわかりやすく学ぶことができます。鳥居のくぐり方、手水の作法、参拝(二拝二拍手一拝)の方法知っていますか?

 - 話題のニュース