Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

【講演】堀江貴文「未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。」

      2015/08/25

元ライブドア社長で今から約10年前に大阪近鉄バッファローズ買収、日本放送買収、衆院選立候補と立て続けに世間の注目を浴びる行動で時の人となった堀江貴文氏。

2つの買収は叶わず、立候補も亀井静香氏に負けて落選、そして証券取引法違反で逮捕とジェットコースターのような人生を歩んできています。

約1年9ヶ月の間、刑務所に収監され今は宇宙開発事業やネットサービスなどを展開しているようです。

憎たらしく、ストレートな発言に嫌気が差すこともありますが、彼のいうことは利にかなっていることも多く、何かを変えることができる人だと注目しています。

彼の書籍は何冊も読んでいますが、この前の近畿大学の卒業式での講演を見て、共感する部分も多く、内容も素晴らしいのでぜひ多くの方に見て欲しいと思います。

 


これからは情報を自分で仕入れて、自分で考え、発信することが重要

自分でできるだけ多くの情報に接し、その情報を自分で考え、毎日考えを発信していく。そうすることにより自分なりの判断ができるようになる。

大事なのは、自分で考えるということ。新聞、ニュース、雑誌で触れる情報というのは、誰かの手で編集され事実から曲がってしまったり、間違っていることも。

今回の大阪都構想についても、新聞社によって書いていることがバラバラ、専門家でも賛成・反対派に分かれ、何が正しいのか全く分からない状況となっています。

いろんな情報に触れ、その情報を鵜呑みにせず、自分で考えて行動する。これからはより意識していこうと思います。

 

日本はもはや裕福な国ではなくなった。

ネットの普及により誰でも世界最高峰の知にアクセスできる。アジアの国の中にも裕福な人が多くいる時代となった。我々はその人たちと同じ土俵で生きていかなければならに。努力しなければ生きていけない。厳しい社会が待ち受けている。

今の常識は10年後、20年後には全く通用しない。周りの顔を見ながらレールの上の生きていく時代ではない。

私は旅好きで毎年海外に行っていますが、感じることは、アジアなどの発展途上国において、貧しい人は多数いるが、中間層、富裕層が非常に増えているということ。タイや中国の街中ではベンツやレクサスなどの外国の高級車が走っています。

中国やタイ、インドなどの富裕層は日本の富裕層よりも資産を持っていて、さらにお金を増やそうと投資に旺盛でアグレッシブ。富める人はさらに資産を増やすでしょう。

日本は中間層が多く、平均的に生活水準は高いですが高齢化社会に突入するにあたり、2,30年後は社会の構造が変わり貧富の差が今よりも拡大する懸念が。そこで生き残るために自分で考え、行動しなければ。

 

未来は心がけ次第。今を一生懸命に生きる。

僕は悪いことは忘れるようにしている。過去を悔やんでもいいことはなにもない。チャレンジをするということは失敗する。チャレンジしなければ失敗することはない、でも成功することもない。自分がチャレンジする時にはは必ずうまくいくと思い込むことが大事。

会社を辞めたばかりで給料もなく、貯金を食いつぶし、ずっと自宅のバソコンの前で座っている毎日。とても勇気付けられる言葉です。

今、自分の生きる原動力は、自分の楽しい未来を想像して成功する姿を夢見ること。前向きに今を生きたいと思います。

最後に堀江さんが学生に送る言葉です。

最後に皆さんにへ贈る言葉とします。

未来を恐れず、過去に執着せず、今を生きろ。

 - 動画