Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

【書評】本音で生きる〜一秒も後悔しない強い生き方〜 堀江貴文

   

堀江貴文

ホリエモンは思ったことをズバズバ話し、そのストレートな発言と生き樣には気持ち良ささえ感じられます。たまたま本屋で見つけたイケハヤさんの書籍「まだ東京で消耗してるの?」の隣に陳列されていたので、手に取って見てみたところ面白そうだったので購入してみました。


本音で生きる〜一秒も後悔しない強い生き方〜レビュー

「本音を言えない」と考えている人って「キモッ」て思うところもある。言いたいことは言えばいいし、やりたかったらやればいい。本当にやりたかったり切羽詰まっていたりしたら、もう動いているはずなので、こんな本を読んでいる場合ではないだろう。

冒頭から堀江節炸裂である(笑)。やりたいことをやっている奴は忙しいので、こんな本は読んでいない。つまり、この本を読んでいる奴はバカな奴だということ。

冒頭のこの文面を読んで面白そうだと思って購入したものの、いままで多くの本を出しているホリエモンの書籍を読んだことのある人であれば、予想できる内容が以後つらつらと並び、目新しさはなかった。

 

どうしたら本音で生きられるようになるのか。僕は次のことが大事だと思っている。1.言い訳しないこと2.バランスをとろうとしないこと3.自意識とプライドを捨てること。

本の内容はこの3つのポイントがあって、あとは細かな事例などで説明しています。自己啓発系の本によく書いていることが多いです。

「1.言い訳しないこと」ですが、分かっていても心の中で言い訳したり、変なプライドが邪魔してしまうんですよね。分かっているけど止められない、変えることができないというのが一番厄介で、そこはあえて自分を追い込んだりして意識的に変えていかなければと反省。

 

暇な人ほど、「できない理由」ばかり挙げて、何もしないままでいる。しかし、うまくいく人は、「やるか」「やらないか」。それだけなのだ。

ビジネスで成功するためには、思いつく限りの事を次々とやってみるしかない。僕もビジネスとして小さなアイデアを次々に試し、うまくいくものだけを残すようにしていた。

結局これですよね。数打てば当たるというわけでなないかもしれないけど、まずは行動、次に行動、そしてダメだったら軌道修正でうまくいきそうなことを続ける。結局は全てにおいてこの繰り返しかもしれません。

しかし凡人には次々とやってみるというのが難しい。私の場合はやる前に調査とかいってそれに時間を費やして結局やらずじまいとなってしまうことも多く、行動に移るスピードが圧倒的に遅いです。まずは行動!やってみる!これを意識しなければ。

 

この世の中で最も貴重な資源は、時間だ。時間さえ有効に使うことができれば、自分のやりたいことはどんなことでも叶えられる。

前にホリエモンに密着する番組があって見てみると、テレビ収録や雑誌の取材対応、ロケット事業などで多忙な日々を過ごしているうえにトライアスロンにも挑戦、車の中などの隙間時間にはスマホで情報収集するなど、常に何かをしていてボッーとしていることはなかった。それでいて睡眠時間は7時間はとっているというから凄い。

人には誰しも平等に1日24時間が与えられているものの、その時間をどのように有効に使うかは人によりけり。ホリエモンはこの時間の使い方、マネジメントが凄いと思う。同じ時間で普通の人の何倍もレバレッジを効かせて生きているように思えます。

1分1秒をもっと大事にして今やるべきことを後回しにしたり、◯時になったらこれをやろうといったことがないように頑張ろう!

 

本音で生きる〜一秒も後悔しない強い生き方〜感想

他人のことはほうっておけ、本当にやりたいならリスクは考えるな、プライドのないバカが一番強い、最適化を繰り返せ、時間を大事にしろ!とホリエモンから叱咤激励を受けました。

これまでホリエモンの本を読んだことがなく、軽く1時間半程度で気合とやる気の出る本が読みたいという人にはオススメの本です。この本を読んで、他人の目や意見に左右されることなく、自分の人生を生きるようになりましょう!

 - 書評