Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

「五郎丸歩」日本ラグビー界待望のスーパースターの誕生!

      2016/09/12

五郎丸歩

日本ラグビーのリーダー的存在であり、ラグビーワールドカップでも南アフリカ戦でトライを決め、スコットランド戦でも前半終了間際に素晴らしいタックルで相手を止めるなど大活躍中の五郎丸歩選手。

ラグビー選手にしては珍しく?イケメンでゴールキック前の独特のポーズ、そして「五郎丸」というインパクトのある名前から今や時の人に。そんな五郎丸歩選手のことを紹介します。


五郎丸歩選手のプロフィール

名前 五郎丸歩
出身 福岡県福岡市
生年月日 1986年3月1日(29歳)
所属 ヤマハ発動機ジュビロ(トップリーグ)
ラグビー日本代表
身長/体重 185cm/99kg
経歴 佐賀工業→早稲田大学→ヤマハ発動機
ポジション FB(フルバック、バックスの最後尾のポジション)
趣味 釣り、マリンスポーツ
家族 妻、息子2人
尊敬する人 中竹竜二(元早大監督)、清宮克幸(現ヤマハ監督)、小城博(佐賀工業監督)
著書 不動の魂 桜の15番 ラグビーと歩む
SNS twitter
facebook

五郎丸歩選手は高校時代から有名な選手で高校日本代表に選出され、進学した早大時代には学生一になり、さらに日本代表にも選ばれ、若くして将来を期待された選手でした。

しかし、前回のW杯ではメンバー入りせず、ヤマハでもラグビー部のプロ契約が廃止され正規社員選手のみでのチーム編成となり部の存続が一時危ぶまれるなどして、決してずっと花道を歩んできたわけではありません。

しかし、ヤマハの監督に早稲田時代の恩師である清宮監督が就任するとチームも強化され、2015年2月のラグビー選手権では決勝でサントリーを倒し初優勝。初のビックタイトルを手に入れました。

また日本代表でもエディー・ジョーンズが2011年にHC(ヘッドコーチ)に就任すると、一貫してバックスの要であるFBを任され、さらにチームの副将、バックスリーダーとしてチームを引っ張ってきました。今やFBのレギュラーとしてだけではなく、キッカーとしても欠かすことのできない選手です。

五郎丸歩選手のラガーマンとしての特徴

ラグビー好きの親や兄の影響で3歳からラグビーを始め、高校では強豪の佐賀工業で3年連続花園出場、早大では日本一に輝きました。ちなみに1歳上の兄の亮さんはトップリーグのチームであるコカコーラの選手です。

身長185cm、体重99kgと日本のバックスの選手にしては大柄で、強いフィットネスとキッカーとして正確なゴールキックが評価されている選手です。

バックスの選手としては足は速くはないものの、バックスの最後尾で要のポジションであるFBとしてポジショニングや強いタックル、ボールを持った時の対人プレーでの強さが特徴でここ数年はほぼすべての日本代表の試合に出場しています。

そして今は日本代表のテストマッチ通算得点記録を更新しており、これからどこまで伸ばすか注目です。

年齢的には29歳とベテランの域に入ってきましたが、今後2019年の日本でのワールドカップに向けチームの中心選手としてさらなる活躍が期待され、さらにラグビー人気UPのためにグランド上だけでなくメディアなどでもラグビーの広報マンとしてPRしてほしいものです。

 

五郎丸歩選手のゴールキックを蹴る前のあのポーズについて

五郎丸歩

ラグビーではトライ後のゴールキックをコンバージョンゴール(CK)、ペナルティ後のゴールキックをペナルティーキックと言いますが、これらを総称してプレースキックと言います。

五郎丸選手はこのプレースキックを任されており、キックを蹴る前の一連のルーティンのあの両手を合わせて拝むようなポーズが注目されています。これはどんな試合状況においても集中して同じ動作で蹴ることでゴールを決める精度を高めるために取り入れている作法で、ラグビー界の伝説的なイングランドの選手であるジョニー・ウィルキンソンを参考にしているようです。

ジョニー・ウィルキンソンはラグビーファンであれば誰でも知っている超有名選手で2003年のラグビーW杯では司令塔としてイングランドを優勝に導き、ワールドカップでの歴代最多得点の記録も未だに保持しています。

ウィルキンソンのポーズと見比べるとよく似ていますよね。

 

五郎丸歩選手はゲイに大人気!?

ラグビーW杯イングランド大会1次リーグ初戦で強豪・南アフリカ撃破の立役者となった日本代表・五郎丸歩(ヤマハ発動機)の出現に、二丁目界隈が歓喜の涙で濡れているという。

身長185センチ、体重100キロのマッチョ体形に、あごヒゲを蓄えたイケメンなのだから鬼に金棒。案の定、南アフリカ戦直後から“ゲイの聖地”では「いい男!」「ファンになったわ」と、ラブコールが続出している。 日刊サイゾーより

確かに体がマッチョで大きく、短髪にヒゲとゲイに好かれそうな要素は揃っていますが。。どうなんでしょ?ラグビー選手はゲイに好かれそうなタイプの選手が多く、日本代表ではHOの堀江翔太選手、同じくHOの木津武士選手、WTBの山田章仁選手あたりも二丁目界隈では人気が出そうです(笑)

五郎丸歩選手の著書「不動の魂 桜の15番 ラグビーと歩む」

 

 - スポーツ, ラグビー