Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

Google2015年検索ランキングで2015年を振り返ろう!

   

google検索ランキング

今年も早いものであと僅か。今年1年を表す漢字には、安全保障関連法案が採決されたこと、テロ事件やマンションデータ偽造事件で安全が揺らいだことから「安」という漢字が選ばれました。

一般の人々の興味や話題を最も正しく測る指標としてはGoogleが発表した検索トレンドが一番だと思います。Googleの検索ランキングで今年を振り返りましょう。


2015年Google検索ランキング

Google検索総合ランキング

順位 ワード
1位 YouTube
2位 Yahoo
3位 天気予報
4位 楽天
5位 amazon
6位 facebook
7位 ニュース
8位 モンスト
9位 パズドラ
10位 ヤフオク

YouTube、Yahoo、天気予報って。。お気に入りに登録しなよ!って感じですよね。注目は8位のモンストと9位のパズドラ。スマホゲームがここまで検索されるとは、すごいブームの1年となりました。

Google検索急上昇ワード

順位 ワード
1位 イスラム国
2位 台風
3位 ラグビー
4位 マイナンバー
5位 後藤健二
6位 川島なお美
7位 北斗晶
8位 スプラトゥーン
9位 windows10
10位 iphone6s

1位は5位の後藤健二さんを誘拐し殺害したイスラム国。中東の混乱の元となるテロ組織が残念ながら世間を賑わせました。3位ラグビーはラグビー好きとしては嬉しいかぎり。南アフリカ戦でのラグビー史上最大の番狂わせとなった勝利では日本を飛び越えて世界中を興奮させました。

Google検索話題の人

順位 ワード
1位 後藤健二
2位 川島なお美
3位 北斗晶
4位 広瀬すず
5位 堀北真希
6位 湯川遥菜
7位 今井雅之
8位 佐野研二郎
9位 窪田正孝
10位 吹石一恵

検索された人物は亡くなった方が多いですね。川島なお美さん、今井雅之さんはまだ若くして癌でなくなりました。8位の佐野研二郎さんはオリンピックのロゴなどの盗作疑惑でメディアに追っかけられた人物。競技場にしろ、ロゴにしろ2020年のオリンピックは大丈夫かと不安になる1年でした。

Google検索急上昇ワード「とは」

順位 ワード
1位 国勢調査 とは
2位 ドローン とは
3位 マイナンバー とは
4位 安保法案 とは
5位 イスラム国 とは
6位 755 とは
7位 RSウイルス とは
8位 インスタグラム とは
9位 リベンジポルノ とは
10位 野球賭博 とは

何かわからない言葉があると◯◯とはで検索して調べますよね。その「とは」のランキングで1位は国内全世帯が対象となった「国勢調査とは」でした。5位の「755」はホリエモンとサイバーエージェントのコラボで作られたアプリで、芸能人に質問したりトークライブを見たりできるもので、使ってみましたが登録している有名人やその内容が乏しく削除しました。SNSはtwitterが一番ですね。

Google検索急上昇ワード「Japan」

順位 ワード
1位 japan rugby
2位 japan expo 2015
3位 isis japan
4位 south africa vs japan
5位 japan flood
6位 japan crate
7位 japan volcano
8位 f1 japan
9位 miss japan 2015
10位 netflix japan

英語圏の人たちが調べたと思われるJapan+◯◯のランキングです。ラグビーが1位と4位に入り、いかに日本のラグビーが世界に衝撃を与えたかがわかります。flood(洪水)やvolcano(火山)は日本は世界で最も地震や噴火が多い国なので、その事について調べた人が多かったということ?でしょうか。

Googleの2015年の検索結果はこちら(Googleトレンド)で見ることができます。興味のある方は是非!

 - Web・IT, ランキング