Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

Canonのデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X7」を購入!早速開封してみた!

      2015/10/30

EOS Kiss X7

今までコンパクトデジタルカメラで写真を撮っていましたが、ついに念願のデジタル一眼レフを購入しました!迷いに迷った挙句、買ったのは値段も安く初心者に大人気のCanonのEOS Kiss X7のダブルズームキットです。

ここではEOS Kiss X7ダブルズームキットについてご案内します。


CanonのEOS Kiss X7は初心者に最適!購入した理由など

eos kiss x7

初心者はCanonかNikonのどちらかで!

デジタル一眼レフを購入するにあたり重視したのは値段(10万円以下)と初心者でも操作しやすいカメラであることの2点。散々ネットで調べたり、量販店の店員さんに聞いた結果、

交換できるレンズが多く、使っている人が多いので情報が多いため、2大メーカーのCanonかNikonのどちらかにすべきとのことで、メーカーはこの2つに絞りました。

wifi機能の有無しにはこだわるな!

そしてスマホやPCにすぐに転送するため、wifi機能が搭載されていることも重視していましたが、wifi機能が搭載されているカメラでもPCには転送できず、アプリをインストールしたスマホにしか転送できないカメラがほとんどで、wifi機能が搭載されていないカメラでも数千円の無線LAN内蔵SDカードを使えばPCやスマホに転送できると知り、wifi機能の搭載の有無は考えないことにしました。

動画や写真で自撮りしない場合はバリアングル液晶も不要!

バリアングル液晶とは液晶画面の角度を縦や横、表裏に自由に変えることができる液晶のことで、撮影時に便利かと思いこのバリアングル液晶のカメラがいいかと思っていましたが、よく考えると自分のカメラの用途は風景やスポーツシーンを撮影することで、自撮りや、低い位置から撮ることはほぼなく、バリアングル液晶の機能を活かすことはないと分かり、これもなくてOKになりました。

こうして比較検討した結果、「NikonのD3300」と「CanonのOS Kiss X7」が最終候補に。どちらもダブルズームキット(レンズが標準とズームの2つ付き)で値段は5万円台と大差なし。ヤマダ電機で実際に両機を触ってみた感触やデザインからCanonのOS Kiss X7にしました。カメラのボディにレンズが2個ついて、税込で5.6万円ほど。思ったよりも安く済んでラッキーでした。

CanonのEOS Kiss X7のダブルズームキットはこんな感じ

EOS Kiss X7

箱を開けるとこんな感じで梱包されています。この瞬間が一番ワクワクします。

 

フィルター

カメラ購入時にSDカードとレンズ保護フィルターを2つ買いました。それぞれ1000円ほど。液晶画面の保護フィルターを買うのを忘れてしまった。。SDカードは必須で、レンズと液晶画面のフィルターも購入したほうがよいです。

 

CanonのOS Kiss X7

CanonのEOS Kiss X7のボディです。本当に軽くて印象としてはiphone6plusよりちょっと重い程度。

 

CanonのOS Kiss X7

後ろの液晶部分です。コンデジよりかはボタンがたくさんあって、覚えることも多そう。。

 

CanonのOS Kiss X7

CanonのOS Kiss X7

EOS Kiss X7 ダブルズームキットはこのように左から「EF-S18-55mm」レンズ、「EF-S55-250mm」レンズとボディの3点セットです。レンズ単体で買うと3〜4万円はするので、新規購入の際はセットで購入するのがポイント。ズーム機能を使う場合は「EF-S55-250mm」のような望遠レンズも必須です。ちなみにこのレンズの倍率は14倍ほど。

CanonのOS Kiss X7

箱に入っていたのを全部並べてみました。Canonのストラップや充電器、USBや説明書も入っています。まずは基本的な操作を覚えないと。

この後早速充電して使ってみようと思います。これで外出する機会がさらに増えそう!

 - 写真