Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

【書評】Chikirinの日記の育て方〜9年間のブログ運営の舞台裏〜

      2015/08/26

「chikirinの日記」の育て方

社会派ブロガーとして超有名な「ちきりん」さん。Chikirinの日記は私も読んでいて、論理的な物事の捉え方と分かりやすく、説得力のあるメッセージから只者ではないと思っていました。

そんなちきりんさん初の電子書籍「Chikirinの日記」の育て方を読んでみました。今や月間200万PVを超えるブログの育て方とその運営論について、印象に残った文章から振り返りたいと思います。


「Chikirinの日記」の育て方レビュー

ブログネタを探して書くのではなく、考えたことを書く

「ちきりんさんは、ブログネタをどうやって見つけているのですか?」と問われるのですが、私の場合は「日記を書くためにネタを探す」という発想はありません。

自分の場合このブログを書くためにネタに困り、ネットであれこれ探して強制的?に書くことがあります。ちきりんさんのように考えたことだけを書くのが理想ですが、1日に3本更新するとなるとキツイし、そこまでの社会についての知識と経験、それを表現する文章力がないからな。。

とはいえ、自分にとって興味のあること、面白いことを書き続け、読者のためになる内容にするというスタンスは続けていこうと思います。

 

ちきりんさんでも最初は読者は少なかった。

おそらく最初の1年くらいは、毎日50pvくらい、月に1500pv程度だったろうと思います。

今や月間200万pvを超えて芸能人並みのブログとなっているChikirinの日記でもブログを始めた今から10年前は月間1,500pv程度とのこと。

時代が違うとはいえ、pvや収益に固執することなく自分の意見を書くことが楽しくて続けたから今があるんでしょうね。

 

自分のメッセージを伝える

ブログを書くときも、「何を書くか」ではなく、「今日は何を伝えようか」が最初に決まります。

なるほど、こういう考えはありませんでした。私の場合、まず◯◯について書こうと決めて、そのことについて情報収集して、自分の意見を書くというプロセスです。ちきりんさんの場合は

1. 伝えたいメッセージが決まる(浮かぶ)
2. そのメッセージを伝えるための論理構成を決める(考える)
3. 文章に必要な材料(情報)を集める
4. 文章を書く

とのプロセスでブログを書いているとのことで、私もまず伝えたいメッセージを決めることからスタートして書くことを意識してみようと思います。

飲み会で友達に説明しているように書く

イメージしているのは「飲み会で、友達に伝えたいことを一生懸命に話している私の声を書き起こした文章」

このように書いた方が人間味と親しみが出て読者の方も読みやすいですよね。Chikirinの日記は社会的な難しい内容について論じている時でもスラスラとよめてすぅーと頭の中に入ってくるんですよね。その理由がよくわかりました。

 

最後に必ず音読をしよう

気にしているのは、すべらかに発音(発生)できる文章を書くことです。書籍もブログも、最後には必ず音読し、スラスラ読めるよう「てにをは」や語彙を整えます。

私のこのブログの場合、書く内容によって「てにをは」や語尾がまちまちで複数の記事を読む人は違和感を感じる文章になっています。語彙は統一すること、そして音読することで誰でもスラスラ読めるような文章を心がけたいと思います。

 

ゴールを設定しよう

私が目指したいと考えたのも、やたらと読者が多いブログというよりは雑誌やCSの専門チャンネルのような想定読者のプロフィールが、絞り込まれているブログでした。

このブログの想定読者とか全く意識したことなかったです。書く内容がスポーツや政治、ITなど自分の興味があることなので、同世代である30代の男性が多いのかなと思ったことはありましたが。

まずはいまのままで継続して、反応のいい記事などを見極めつつ、想定読者と書く内容をより絞り込んでいきたいと思います。

 

わかりやすい文章を書くことの重要性

自分が難解な文章を理解できないため、私の書く文章は極めて平易です。この「誰が読んでもわかりやすい文章」は、ブログの人気化を大きく助けてくれました。

いわゆる人気ブログを私も複数読んでいますが、どのブログにも共通して言えるのが「分かりやすく、読みやすい」ということ。ブログを書く自分はその内容について分かっていることを書くので、その背景とか関連することを省きがちで、かといって詳細に説明しても長くなるだけ。

この分かりやすく書く能力というのは、意識して文章を読んだり書くことによって向上するはずなので、もっといい文章に触れて、書いて情報発信しなければと改めて思いました。

 

「Chikirinの日記」の育て方 感想・まとめ

ちきりんさんはブログを軸に、その他書籍の執筆や対談・講演などで生計を立てている方です。ブログを書くことで会社を辞めて生活できるだけの収入を得て、自分の好きなことだけを行う、誰もが憧れる生活をされていて、その成功の秘訣はなんだ?と思いamazonで見つけて即ポチリと購入しました。

頭が良く、洞察力の優れたちきりんさんだからこそできる事も多いように思えたものの、ブログでもっと集客を集めたいと考えている私に上記レビューで記載したことを中心に、とてもためになることが多い本でした。

ちきりんさんの他、かん吉さんやイケハヤさんなどブログで成功している方はやはり続けている年数が長いんですよね。どの方も10年くらいは継続しています。

やはり、数日、数ヶ月続けたところでPVが伸びないなどと落ち込むのではなく、楽しみながらも淡々と続けていくことが大事なんだと改めて認識しました。

 - 書評