Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

【書評】ブログ運営テクニック100〜月間100万pvを稼ぐ2人のテクニックをすべて公開〜

      2015/08/26

ブログ運営テクニック

amazonのセール中にブログ関連書籍を10冊ほど買ったものの、まだ半分も読めていない。。

という訳で今回はなんと月間100万PV以上のブログを運営するコグレマサトさんとするぷさんが共同で執筆した「ブログ運営テクニック100」を読んでみました。

内容はブログを運営する上で便利なツール、サービス、アプリの紹介が多いのが特徴で、ブログ初心者、特にmacユーザーでこれまでブログを運営したことのない人やSNSを活用しきれていない人にオススメの本です。

発行が3年以上前のため内容が古い部分もありますが、タイトルの通りブログを運営するうえで知っておくと便利なことや、ブロガーとして成功するための心の持ちようなど参考になるテクニックが満載でした。


「ブログ運営テクニック100」レビュー

自分を知らない人をイメージする

「まだ自分を知らない人」に向けて書くことからすべてが始まる。

このブログですが、Google Analyticsのレポートを見ると85%が検索からの流入となっています。つまり、自分のことを全く知らない人ばかり。

有名ブロガーの方であれば自分が運営するSNSやブックマークからの直接アクセスも多いでしょうが、まだこのブログのように始めたばかりのブログはそうもいきません。

記事を書いてSNSに登録してもらうことも大事ですが、まずは記事を書くときに自分の事を知らない人、そして、書く記事のことについての知識がない人を意識して書くようにすることで訪れた人に対して読み応えのある記事にしてたいものです。

 

ブログを書く頻度はもちろん毎日

ブログを書くならば、毎日更新することを目標にしてルールを作りましょう。習慣化して、長く続けられるようになりましょう。

ブログを始めて1ヶ月ちょっとですが、なんとか毎日書くことは達成できています。しかし、忙しい時などは内容が薄くなりがちで、毎日追加するためだけにブログを書くという、本末転倒な事もありました。

毎日書くことを目的とするのではなく、自分が面白いと思ったこと、ブログを見に来てくれる人のためなることを記事に書くという姿勢で毎日更新しなれければいけないと反省しました。

 

楽しんで書いていると伝わることが大切

基本的な心がけとして、ブログは書くことそのものを楽しむのが大切です。

そうですよね、自分が楽しいと思って書かなければ、読んだ人が面白いと思うはずがありません。また楽しくないと毎日継続するのは無理です。

楽しいことだけではなく、インパクトのあること、感動したこと、自分の考えなどを小細工せずにそのまま伝えるようにしていこうと思います。

 

伝えたい要素を1点に絞る

ブログの記事で伝えたい要素は、1本につき1点に絞りましょう。そのほうが読者にも、検索エンジンにも伝わりやすくなります。

記事を書いていると、その記事の内容について調べたことを追加して、あれもこれもとなりがちです。そうなると、記事がダラダラと長くなるだけでなく、論点や話がずれてしまうことも。

せっかく時間をかけて長い記事を書いたのに、これだと読者に伝えたいことが伝わらず敬遠されてしまいます。

記事の内容にもよりますが、書く記事の軸からぶれることなく内容を絞って書くようにしなければと改めて思いました。

関連記事は読者にもブロガーにもSEOにも有益

よく読まれている記事、継続してずっと読まれている記事を発見できることがあります。その記事の関連記事を書いて、リンクを張りましょう。

1ヶ月ちょっと、100本近く記事を書いてきて少しずつ読まれる記事、読まれない記事の違いがわかってくるようになりました。

Yahoo!ニュースのトップに記載していることや、世間を賑わしているトピックなどは私のブログの中ではPVが多いです。逆にそれ以外の記事はほとんど読まれていません。。

私のような弱小ブロガーこそ、まずはブログを毎日書いて、その中から出てくる数少ない読まれる記事に対して、さらに関連記事を書くことで一人でも多くの人に訪れてもらうようにしなければいけませんね。

 

読まれない記事を反省材料に生かす

読まれなかった記事は、次への反省材料にしましょう。そして、あらためて伝えたいことを書き直してみましょう。

これはブログを何年か書き続けている人向けですかね。ブログを始めたばかりの場合、アクセスはほとんどなく、読まれない記事ばかりですから。。

とはいえ、頑張って時間をかけて自分でこれはいいと思った記事で、アクセスがないものはその原因を突き止め、次から記事を書く上での反省材料として生かすべきです。

そもそもニッチすぎるとか、タイトルが悪いとか、長すぎるとか何らかの原因があるはずです。そういった経験を積むことで、より人を惹きつける記事を書けるようになりたいものです。

 

定期的にブログを振り返る

ブログを始めてから1ヶ月後、半年後、1年後、その後1年ごとというように節目になるタイミングで、ブログの成長を振り返りましょう。

他の方のブログを見ていると毎月ブログのアクセスや収益を公開している人もいます。その人はその記事を書くことで、アクセスを集めようとするだけでなく、毎月のデータを公開することで自分へあえてプレッシャーをかけて、ブログを続けるモチベーションにしているのだと思います。

私もデータを公開するかしないかは別として、少なくとも日、週、月毎にブログの内容を振り返るとともにアクセスを分析し、ブログを運営するうえで成長していければと思います。

 

「ブログ運営テクニック100」感想・まとめ

本を読んだあと、著者のコグレマサトさんと、するぷさんが運営しているブログを見てみました。

・コグレマサトさん運営 ネタフル
・するぷさん運営 和洋風KAI

それぞれちょっとだけ見るつもりが、何度もクリックし気づいたら30分くらい見ていました。タイトルのつけ方、デザイン、文章の書き方など参考になるものばかりです。

この本で学んだことだけでなく、頻繁にお二人のブログに訪れ、これからも成功の秘訣を学ばせていただことう思います。

 - 書評