Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

【書評】プロ・ブロガーのアクセスアップテクニック100〜ブログ運営の極意

      2015/08/26

ブロガーのアクセスアップテクニック

Amazonのセールの時に意気込んでブログ関連書籍をまとめて買ったものの、長いこと読まずに放置していたので、書評を再開したいと思います。

今回は前回の(ブログ運営テクニック100〜月間100万pvを稼ぐ2人のテクニックをすべて公開〜)と同じ作者である有名ブロガーコグレマサトさんとするぷさんが執筆した「プロ・ブロガーのアクセスアップテクニック100」を読んでみました。


「ブログ運営テクニック100」レビュー

書き続けることが、アクセスアップの大前提

ブログはどこかで「完成」するものではありません。書き続け、新しい記事を公開し続けていることが(中略)ブログの存在価値そのものです。

一番大事なのはこれですよね、継続すること。ブログを書いて毎日PVを確認するとなかなか伸びずにモチベーションが下がってしまうことがありますが、そんなのは気にせずに書き続けることができる強い意志が必要です。

私の場合、ブログを初めてここまで何とか毎日新しい記事を書き続けることができています。

 

未来の自分に向けて書く

「自分のブログの最高の読者は自分だ」とも言います。気になったネタを、あとで読み返して理解できるように書くことを意識しましょう。

自分のサイトに訪れてくれる人を意識したことはありましたが、自分のために書くという意識は全くなかったので、なるほどと思いました。

自分が見て面白いことは他の人が見ても面白いはず。逆に手を抜いたり、自分の興味のないことを書いた場合、その内容は淡白で味気ないものになってしまうと思います。

自分が数ヶ月後振り返って読んだ時に、ためになることや面白い内容にしなければと改めて思いました。

自分の知りたいことを書く

「自分が知りたいことはみんなも知りたいはずだ」と考えるのは、ブロガーとして重要な視点です。

ブログのネタに困った時はこの「自分の知りたいことを書く」という事を念頭にニュースを見て、書くネタがみつかった事が何回かありました。

世の中知らない事だらけで、知っていると思っていても物事のうわべだけしか知らず、本質を理解していない事も。特に話題になっているニュースなどでそのような事に出会った場合は積極的に自分で情報を集め、まとめて発信したいと思います。

 

トラブルや困ったことが解決したら、解決方法をブログに書く

実際に体験したトラブルの解決方法は、これから同じ経験をする人の役に立ちます。

何かわからない事があれば、まずはGoogleで検索するのが現代人の解決方法ですからね。その検索した結果の受け口になるよう、分かりやすく丁寧にトラブルの解決策を書く事で、人のためになりたいものです。

 

ほかのブログと同じネタを、自分なりの切り口で書く

自分は新しい視点から書こう、独自の切り口を見せよう、と考えることは、自分の個性を出すための、いい訓練の機会になります。

これもブログネタに困った時に参考になりますね。

他の方のブログを見て、特に人気の記事で上位になっているネタに関して自分の切り口で書いてみようと思います。また、そのような視点で他の人のブログを読む事で、ブログを読む真剣さが増して自分のためにもなり、まさに一石二鳥です。

 

力を入れすぎた記事は、意外と読まれないことがある

あまり落ち込まないで、早めに気持ちを切り替える方法を身につけましょう。

あ〜これ何度もあります(汗)。記事を書く際にいろいろ調べると熱くなり、さらに調べて自分の意見を書いて、1記事書くのに4時間くらいかけた自分にとっての大作も公開するとほとんどアクセスがなく、がっくり。

集客できない理由を探ることも大事ですが、最終的にはへこたれず次の記事を書く事が重要ですね。

 

「プロ・ブロガーのアクセスアップテクニック100」感想・まとめ

この本はタイトルの通り、いかに自分のブログを他人に読んでもらえるか、アクセスを集めるかについて特化しノウハウを紹介してくれる本です。

そのための具体的な方法として、ブログの書き方、ネタの探し方、htmlタグの適切な付け方、SNSの活用方法、Googleアナリティクス、ウェブマスターツールの使い方などが分かりやすく記載されています。

実際に月間100万pvブログを達成している方が執筆されただけあって、内容に説得力があり、この本を読んでからブログを始めていればと後悔しました。

発行が2013年8月とちょっと古いものの、特にこれから本気でブログをスタートしてアクセスを集め、収益化を目指す方にはオススメです。

 - 書評