Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

5月で貯金10!今年は強い横浜ベイスターズ

      2015/08/25

ベイスターズベイスターズは5月15日(金)の広島戦に勝って、優勝した1998年以来の貯金10!大洋ホエールズ時代の横浜ファンの私。毎日、ベイスターズの結果をスポナビで確認するのが楽しくてしょうがないです。

 


横浜ベイスターズの強さは好調な打線と接戦に強いから

横浜が強いことを裏付ける面白いデータを見つけたのでご紹介します。以下は5月15日(金)終了時点のセリーグ順位表です。

 試合数 勝ち 負け 得点 失点 HR 打率 防御率
横浜  40 25 15 158 149  30  264 3.34
巨人  40 22 18 125 123 19  239 2.80 3
阪神 38 18 20 118 164 16 232 3.93 3
中日 41 19 22 139 133 18 269 2.82 0.5
広島 38 17 21 138 103 18 256 2.39 0.5
ヤクルト 39 17 22 113 119 21 233 2.73 0.5

ここで得失点差の順位表にしてみると。。。↓

得点 失点 得失点差
広島 138 103 +35
横浜 158 149 +9
中日 139 133 +6
巨人 125 123 +2
ヤクルト 113 119 -6
阪神 118 164 -46

なんと実際の順位が5位の広島が得失点差では圧倒的1位、2位の横浜から5位のヤクルトまでは僅差で、最下位の阪神だけ一人負け。

得失点+35の広島が順位は5位で借金4、得失点+9の横浜は順位1位で貯金10、得失点-46の阪神は順位3で借金2と、なんとも不思議なことになっています。ちなみにパリーグの順位はほぼ得失点差通り。

広島はそこそこ得点力があって、失点が少ない(失点・防御率はNo.1)にもかかわらず5位に低迷しているのは僅差に弱いということ。確かにマエケンや大瀬良がいいピッチングをしているのに、あと1本がでなかった。。。というニュースを何度も目にしています。

阪神は得失点差 -46で圧倒的最下位にもかかわらず貯金が-2の3位につけているということは勝負強く健闘しているといえると思います。

横浜が強いのは僅差に強いから!5月の横浜の試合のスコアをみると以下の通り。

5月1日(金)  ● 1 – 3 中日
5月2日(土)  ○ 5 – 3 中日
5月3日(日)  ○ 4 – 3 中日
5月4日(月)  ○ 6 – 1 ヤクルト
5月5日(火)  ○ 5 – 4 ヤクルト
5月6日(水)  ○ 4 – 2 ヤクルト
5月8日(金)  ○ 6 – 5 巨人
5月9日(土)  ● 1 – 2 巨人
5月10日(日) ○ 4 – 2 巨人
5月13日(水) ○ 6 – 3 中日
5月14日(木) ○ 4 – 3 中日
5月15日(金) ○ 6 – 5 広島

5月に入り10勝2敗、10勝のうち8試合が得点差2点以内と接戦で驚異的な強さを発揮しています。4月はチームの調子に波があり、7連敗をしたこともあったものの、GWに入り絶好調に。一方的な試合で負けることはなくなりました。

 

ベイスターズが優勝するための課題

打撃陣は梶谷が怪我をして一時離脱しているものの、筒香、ロペス、バルディリス、石川が好調をキープしており心配していませんが、ここ数年苦しんでいる投手陣に若干の不安が。

ベイスターズの防御率は3.34の5位、失点も149の5位となっています。抑えはルーキー山崎が素晴らしい働きをしているものの、三嶋、山口、久保、モスコーソ、井納のローテ陣にもう少し頑張って欲しいところ。

若さと勢いでここまできているが、これから交流戦、夏の勝負時には必ずベテランの力が必要となります。先日三浦が今季初勝利を挙げたものの、巨人→オリックスから移籍した東野、メジャーから復帰した高橋あたりのベテランにも一軍で活躍してどっしりとチームを支えて欲しい。

そして去年までのように先発ピッチャーが立ち上がりに大量失点をして試合が早くも決着してしまうような試合をなくすように、ローテ陣には責任を果たしてほしいです。

 

ベイスターズのここまでののMVPは中畑監督?

ここまで好調のベイスターズを支えているMVPを選ぶとすれば、選手では抑えの山崎、チーム三冠王の筒香のどちらかになるでしょう。

ここは選手ではなく中畑監督を推したい思います。抑えの山崎や勝負強い関根を抜擢した選手を見る眼は素晴らしいと思います。開幕前に抑えという重要なポジションをルーキーに託すと知った時、正直厳しいと思ったがまさかここまで活躍するとは。

中畑監督は今年でベイスターズの監督に就任して4年目。チームが低迷している時も常に明るく前向きでとにかく諦めない!という執念がようやくチームに浸透してきたと思います。これからもぜひ優勝目指して頑張ってほしいです。

 - スポーツ, 野球