Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

ラグビーW杯4強チーム紹介!オーストラリア代表「ワラビーズ」の注目選手

   

オーストラリア代表

ラグビーワールドカップは残すところあと準決勝と3位決定戦、決勝の4試合のみとなりました。ベスト4に進出を決めたのは、南アフリカ、ニュージーランド、オーストラリア、アルゼンチンの南半球の強豪国4チーム。

今回は3度目の優勝を目指すオーストラリア代表をご紹介します。


ラグビーオーストラリア代表「ワラビーズ(Wallabies)」

ラグビーのオーストラリア代表の「ワラビーズ」という愛称は国の象徴的な動物であるカンガルーの一種であるワラビーからとったものです。

世界ランキングは2位で、W杯での優勝回数はNZ、南アと並ぶ2回。常に優勝を狙える強いチームで世界のラグビー界を牽引してきました。

今年はオールブラックスと南アフリカに勝利するなどW杯に向けチームの仕上がりも順調。世界一のFBのイズラエル・フォラウが怪我で準々決勝に出場できず今後も未定なのが懸念材料としてあるものの、リザーブのメンバーのスキルも高く3度目の優勝を目指します。

ラグビーオーストラリア代表の注目選手

マイケル・フーパー(Michael Hooper)

身長182cm、体重97kgと大きい選手の多いワラビーズのFWの選手の中では最も小さい選手。

しかし、タックルとブレイクダウンに優れているだけでなく、トライも獲れるFLとしていまやワラビーズに欠かせない選手となりました。同じFLのポーコックとのコンビはデフェンスだけでなく、相手ボールをターンオーバーする最強のコンビとして有名。

体が小さくても世界トップレベルで活躍できる日本人にとってお手本のような選手です。

スティーブン・ムーア(Stephen Moore)

身長186cm、体重112kgのHOでワラビーズのキャプテン。

キャップ数はW杯中に100に到達。伝統あるワラビーズの中でもこれまでのチームへの貢献度は突出しており、プレーだけでなく強力なリーダーシップでチームを率います。

スコット・ファーディー(Scott Fardy)

身長198cm、体重114kgのFL。

2009年に釜石シーウェイブスに加入し、2011年の東日本大震災の時も釜石で被災。多くの関係者が避難する中、ファーディーは釜石に残りボランティア活動を続け地元を助けました。「いつかは釜石に帰りたい」と述べるファーディー。釜石の人の応援も背に頑張って欲しいです。

イズラエル・フォラウ(Israel Folau)

身長193cm、体重103kgの誰もが認める世界NO.1のFB。

デカくて速くて強く、ハイパントなどの空中戦も得意としており、フォラウがボールをもつと誰もがワクワクするそんな選手です。残念ながら準々決勝は怪我で出場できなかったものの、ワラビーズが優勝するためには彼の力が必要。元気なプレーを見せて欲しいものです。

W杯後は日本のトップリーグ「NTTドコモ」でプレーすることが決まっています。彼のプレーを見るだけでも価値ありです。

 - スポーツ, ラグビー