Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

アスリートイメージランキングNo.1は「イチロー!」

      2015/08/26

アスリートイメージランキング

毎日のテレビや新聞で大々的に報道され、多くの人に娯楽と夢と希望を与えてくれるスポーツ選手。私も小さいころはプロ野球選手を夢見る野球少年でしたが、その夢は残念ながら叶えることはできませんでした。

そんな夢を実現し、富と名声を手にしたスポーツ選手達。その中でも日本中で圧倒的に支持され、イメージの高い選手のランキングが博報堂メディアパートナーズにて調査され発表されました。


アスリートイメージ総合ランキングNo.1はイチロー

1位:イチロー(野球)
2位:錦織圭(テニス)
3位:浅田真央(フィギュアスケート)
4位:澤穂希(サッカー)
5位:吉田沙保里(レスリング)
6位:本田圭佑(サッカー)
7位:内村航平(体操)
8位:田中将大(野球)
9位:高梨沙羅(スキー・ジャンプ)
10位:長谷部誠(サッカー)

小さいころから遊ぶ時間を惜しんで野球の練習で努力し、甲子園出場、プロ野球では7年連続首位打者、メジャーリーグでも首位打者獲得、オールスターにも出場するなど圧倒的な知名度と実力を兼ね備えたイチロー選手。No.1は誰しもが納得の結果ですね。

※イチローの名言についてもぜひ!
【名言】しっかりと準備もしていないのに、目標を語る資格はない。by イチロー

「リーダーシップがある」アスリートNo.1は佐々木監督

1位:佐々木則夫(サッカー)
2位:長谷部誠(サッカー)
3位:澤穂希(サッカー)
4位:古田敦也(野球)
5位:ヴァヒド・ハリルホジッチ(サッカー)

女子W杯で日本代表を優勝と準優勝、オリンピックでも準優勝に導いた名将の佐々木監督が選ばれました。個人的には男子のチームを率いたらどうなるか、見てみたいものです。

意外なのが4位の古田元監督。監督をだいぶ前に辞めても評価が高いのは、その知的な外見と野球ニュースやプロ野球解説でのわかりやすいトークが評価されているんでしょうね。

 

「明るい」アスリートNo.1は中畑監督

1位:中畑清(野球)
2位:吉田沙保里(レスリング)
3位:宮間あや(サッカー)
4位:浅田真央(フィギュアスケート)
5位:川澄奈穂美(サッカー)

これは絶好調の中畑監督で納得!です。スポーツ選手は明るい人が多いですよね。サッカー女子日本代表の選手が多いのは調査時期がW杯前で、メディアの露出が多いためだと思います。

 

「パワフルな」アスリートNo.1は吉田沙保里選手

1位:吉田沙保里(レスリング)
2位:白鵬(大相撲)
3位:照ノ富士(大相撲)
4位:筒香嘉智(野球)
5位:森友哉(野球)

吉田選手はオリンピック3連覇ですからね。実際の体はそんなに大きくないですが、確かにパワーがある印象です。

残念なのは、日本のお家芸である柔道の重量級の選手がランクインしていないこと。昔は山下泰裕や斉藤仁、篠原信一、井上康生など圧倒的な選手がいましたが、最近はさっぱりですね。

 

「純粋な」アスリートNo.1は平野美宇選手

1 位:平野美宇(卓球)
2 位:高梨沙羅(スキー・ジャンプ)
3 位:浅田真央(フィギュアスケート)
4 位:桐生祥秀(陸上)
5 位:大谷翔平(野球)

まだ中学生の卓球の平野美宇選手がNo.1。ドイツの大会で優勝した時に優勝賞金額が50万円と聞いた時の驚きようが可愛らしくて、話題になりました。

 

「テクニックがある」アスリートNo.1はイチロー

1 位:イチロー(野球)
2 位:錦織圭(テニス)
3 位:内村航平(体操)
4 位:浅田真央(フィギュアスケート)
5 位:宇佐美貴史(サッカー)

テクニックときたらイチローですよね。意外だったのはサッカーの香川がランクインしていないこと。彼の絶好調の時のプレーは世界レベルだと思います。

 

「勢いを感じる」アスリートNo.1は錦織

1 位:錦織圭(テニス)
2 位:桐生祥秀(陸上)
3 位:大谷翔平(野球)
4 位:筒香嘉智(野球)
5 位:平野美宇(卓球)

今や世界で最も有名な日本人スポーツ選手といってもいい錦織選手。世界ランキングは2015年7月現在で世界5位です。年俸は約24億円で世界アスリートランキングで92位。まだ25歳なので今後も期待大です。

※こちらもオススメです!
2015年世界アスリート長者番付TOP100に田中マー君と錦織がランクイン!

 

「常にチャレンジ精神を持ち続けている」アスリートNo.1はイチロー

1 位:イチロー(野球)
2 位:錦織圭(テニス)
3 位:浅田真央(フィギュアスケート)
4 位:桐生祥秀(陸上)
5 位:澤穂希(サッカー)

海外志向の強い(=チャレンジ精神旺盛)選手がランクイン。陸上の桐生選手はまだ19歳。100mで10秒を切るのは時間の問題だと思います。オリンピックでなんとかファイナルに残って欲しい!

 

「生き方や発言に共感できる」アスリートNo.1はイチロー

1 位:イチロー(野球)
2 位:錦織圭(テニス)
3 位:澤穂希(サッカー)
4 位:古田敦也(野球)
5 位:浅田真央(フィギュアスケート)

またまた、イチローが1位。イチローは名言集のサイトがあるほど、多くの人にその発言や考え方が評価され、尊敬されています。イチローは40歳を過ぎて野球選手としてのキャリアは終わりが近づいてきました。個人的には彼が現役を引退した後何をするのかがとても興味があります。

※調査対象者:15~69 歳の男女
有効回収サンプル数:600 サンプル
調査期間:2015 年 6 月 18 日~25 日

 - スポーツ, ランキング