Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

「アリさんマークの引越社」のブラックぶりが半端ない!ワタミもびっくり?

   

アリさんマークの引越社

残業代は支払われず、事故を起こすと弁償金が天引きされ、労働組合に入ると左遷され。。。引越大手のアリさんマークの引越社のブラックぶりがひどいです。

自分が学生の時に少しだけ経験した小さな引越屋でのバイトを思い出しました。


ブラック企業?アリさんマークの引越社に対する裁判に注目

弁護士ドットコムによると、営業職として働いていた男性社員が労働組合に加入したことをきっかけに左遷されたとして命令の無効などを求めてアリさんマークの引越社を提訴しました。

提訴した男性社員によると、

・長時間労働だったにもかかわらず、残業代は支払われなかった。

私も学生時代に小さい引越屋で短期のバイトをやったことがありますが、残業代は全くもらえませんでした。契約上は18時に終わるはずが、引越の荷物が多くて長引くと21時頃まで働かされるにもかかわらず残業代は貰えずでバイトはみんな不満タラタラ。納得いかず直ぐに辞める人も多かったです。私は1週間ほどの短期だったので、続けましたが。。

・運転中に車両事故を起こすと、会社から48万円の弁償金を求められ、毎月1万円を給与から天引きされるようになった。
・労働組合すると、本社の「アポイント部」に配置転換になった。

引越のバイト中にお客さんの本棚を壊してしまったことがあり、社員に相談したところ、「コンビニでアロンアロファ買ってきて直せ!」と言われ、直したことがありましたが、48万円の天引きはキツイですね。

そして、今でもたまに聞く、労働組合に加入→左遷という流れ。ブラック企業の典型ですね。

・さらに「遅刻した」という理由で、一日中立ちっぱなしの「シュレッダー係」への異動を命じられた。

引越のバイトは超キツイのでこのシュレッダー係の方がバイトとしてはよさそう。ただ、社員として異動となると精神的に辛いかも。会社的には精神的に追い詰め、辞めさせようという手口ですね。

・命令を無効とする地位確認訴訟を起こすと、一方的に懲戒解雇された。その際、80人くらいの従業員がいる前で、懲戒解雇の通知書を読み上げられたという。
・男性の氏名と顔写真入りで、解雇理由を「罪状」と題した紙を、「引越社」グループ全店に貼りだされ、社内報にも掲載された。

アリさんマークの引越社

「罪状」という単語、リアルな世界では見聞きすることがありませんが、アリさんマークの中では普通?のことの様です。北朝鮮の恐怖政治、または江戸時代のさらし首を思い出させるやり口。ここまでのさらしの刑に処されるとは、ブラック企業として名高い?ワタミもびっくりでは?

「懲戒解雇になった場合、再就職先があると思いますか?家族を誰が養うのですか?一生を棒にふるうことになりますよ。」こんな脅し文句で社員を貶める会社なんてロクな会社ではないですね。

働いている従業員はこれを見てどう思うのか聞いてみたいものです。

 

引越業界は過当競争で全てが疲弊している

前にイケダハヤトさんが引越しの一括見積もりをすると「電話地獄に陥る」と書いていましたが、引越業社の熾烈な営業の戦いは凄まじいものがあります。

私が働いていた所も、所長と副所長は元高校球児の超体育会系な人で誰にも物を言わせないタイプの人でした。社員さんは気が弱く、小さな子供がいる人が多く、会社も辞められず可哀想な人ばかり。

営業の人は電話をかけまくって、アポを取り、粗品をもって見積もりに行き、所長にドヤされないように必死で契約を取ってきます。3月、4月の忙しい時期になると社員はほとんど休めず朝から夜まで働きづめ。人間らしい生活はできません。

こんな所で社員として働くのは絶対に無理だと思いながらも、そこで何年も働いている人がいることに驚きでした。

バイト時代の社員さんによると、引越業社により社員の待遇はだいぶ異なるようで、「アートはしっかりしている会社で、アリさんはアリ地獄のように働かされる」と言っていた記憶があります。実際のところは?ですが。

このような非常識が常識としてまかり通っている会社で働く人はそれが当たり前で世間の感覚からすると麻痺している人が多いのが実情です。そして、経済的な理由や他に職がないことから辞めたくても辞めれないケースも多々あるはずです。

理不尽に会社や経営者から搾取されている人たちは支援団体やNPOに協力を要請し声を上げ行動すべきで、行政もこのような企業に対しては厳しく罰し、企業のあり方を根底から変えていかないと。まずはこの裁判でどのような判決が出るか、そしてアリさんマークがどう変わるか注目したいと思います。

 - 話題のニュース