Live for Today

「今を生きる!」渋谷在住30代男がスポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

【書評】ダルビッシュも絶賛!空気を読んではいけない(青木真也)

   

青木真也

寝技を得意とする個性的な格闘家である青木真也さんの著書「空気を読んではいけない」を読んでみました。人と群れない、他人に媚びない、己の信ずるままを行く。このような生き方を貫き、格闘家として成功を収めているアスリートの人生感には多く共感する部分があり、今の日本人には最も必要とされるものではないかと思いました。


青木真也著書「空気を読んではいけない」

これまでの自分の人生を振り返り、柔道家として格闘家として生きて中での経験を踏まえた人生感、考えが凝縮されている一冊です。

中学時代の柔道部では補欠ながら、高校で尊敬できる先生に出会い才能が開花、推薦で早稲田に入るも昔ながらの柔道を求める部の方針や「空気」に馴染めず、反発して退部、そして自分自身の力のみで生きると決心し修斗やPRIDEへ参戦、得意の寝技で相手を締め上げ、一本で数々の勝利を挙げてきました。

大学時代は先輩との練習でも一切手を抜くことなく、締め上げて気絶させることもあったというから、その空気を読まなさは凄まじいものがあります。

本の各章のタイトルもとんがっていて、「人間関係を始末する」、「凡人は群れてはいけない」、「他人の幸せに乗らない」などと興味を引くものばかり。

意外なことにこの本は獲得好きなファンだけではなく、ビジネスマンからの支持が高いというのもうなずけます。組織の中で一歯車として働き、上司に怒られ、取引先やお客さんにペコペコして精神的に疲れ、仕事の遣り甲斐を見いだせていない人が多いからでしょう。

本を読んだサラリーマンの中には、青木さんから勇気付けられ、転職したり起業したりと実際に行動した人も多いはず。

また、メジャーリーグのレンジャーズに所属するダルビッシュも「共感できることがあった」と絶賛、twitterのフォロワーに勧めています。

値段はkindle版が1,037円、単行本が1,296円〜となっています。自分らしい人生を生きたい方はぜひ読んでみてください!

青木真也vs長島☆自演乙☆雄一郎

 - 書評