Live for Today

スポーツ、時事問題、IT、芸能等のホットな話題について綴ります。

*

Amazonアソシエイトに再度申請→6時間後に承認される

      2015/08/25

amazon

5月18日(月)にAmazonアソシエイトに申し込んだものの、不承認(詳細は前回記事のAmazonアソシエイトに申し込み→10時間後に不承認メールで通らずにて)となり1週間、5月25日(月)に再度申請したところ今度は承認されました!

2回目の申込にしてのAmazonアソシエイトの承認。不承認となった前回と承認となった今回、何が違ったのか紹介したいと思います。

 


Amazonアソシエイト審査不承認の理由(前回の申込時の振り返り)

前回不承認となった際にAmazonから送られてきた審査不承認の理由は以下の1〜8のいずれかに該当するからというものでした。

1.Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合

2.お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合

3.Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合

4.お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合

5.Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合

6.知的財産権を侵害している場合

7.露骨な性描写がある場合

8.未成年の方のお申し込み

この中で当ブログで該当する可能性のあるものは1の「サイトを作成したばかり」か6の「知的財産権を侵害している」のどちらかと予想。

Amazonアソシエイト審査再申請までに行ったこと。

まず不承認の理由1の「サイトを作成したばかり」に関しては5月18日(月)時点では記事が30個だったところ、1週間で10増やし5月25日(月)の時点では40個までポストしコンテンツを拡充。30個→40個に増やしたところでサイトが完成したのかは?ですが。。

そして2の「知的財産権を侵害している」に関しては、5月18日(月)の1回目の申込の際は浅田真央ちゃんや本田圭佑の写真(出典あり表記)を掲載し、これがAmazonとしてはNGだった可能性があったので、再申込時に2つの記事を一旦非表示にしました。

さらに、Amazonで1,500円程度の商品を購入。なお、これはAmazonアソシエイト審査のためではなく、普段からAmazonを利用しており、欲しいものがあったからです。1回目の審査で落ちていることからAmazonのユーザーであるか否かは審査に関係ないと思われます。

 

コンテンツ拡充と知的財産の対応の結果、ようやくAmazonアソシエイト承認へ

5月25日(月)午前7時に再度申請を行い、7時間後の午後2時に承認を知らせる以下のメールが届きました。

今回も申込から返信のメールが届くまでわずか7時間とAmazonの対応のスピード感は素晴らしいです。

amazon

 

Amazonアソシエイト承認のポイントは?

申込1回目(不承認) 申込2回目(承認)
ブログを開始してから申込までの時期 1週間 2週間
申込時のブログ投稿数 30記事 40記事
有名人・芸能人の写真 出典ありで記載 非表示にて申込

私の場合、再申請の時に行ったことは、①再申込まで1週間期間を空け、②10記事を作成し、③有名人の写真があるコンテンツは非表示にしたのみです。

正直どれが不承認、承認のポイントかは不明ですが、審査不承認の理由に該当する8つの項目を再度点検し、日にちを空けてコンテンツを拡充すればおそらく再申請時には承認されると思います。

審査の申請は何度でも行うことが可能なため、頑張ってください!

 - Web・IT